TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新年
明けましておめでとうございます。

近年は、Xmasカードどころか、年賀状すら書かないという不義理ブッチギリな私ですが、ブログくらいは新年のご挨拶をば。

昨年中は色々な方にお世話になったり、ならなかったり致しましたが、本年も様々な方にお世話になったりならなかったりすると思いますので、何卒宜しくご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いしたりしなかったり致します。

挨拶終了。

ちなみに近況ですが、ブログを見返すと、いつもこの時期に風邪を引いている気が致しますが、今年も例年通り、風邪を引きました。

そんな中、明日からは妻の友人の結婚披露宴に出席するため、ちょっくら台湾まで行って参ります。

あと、久々に日本に帰ってきたら、周囲の方からやくみつるに似てるとか江原啓之に似てるとか言われ、ちょっとしたアイデンティティクライシスを迎えております。

なんかもう、これについては深く考えると、ちょっとだけ死にたくなるので、できるだけ目を背けて生きて行こうと思います。

ちなみに、年が明けて初めて観た夢は、小学校に忍び込んで、揚げパンを食べるというものでした。

それもこれもひっくるめて、すべて幸先の良い出来事だと思うことにしました。

新年ですからね。

ではまた。

kagamimochi
【2008/01/03 07:12】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
里帰り終了。
三週間の里帰りもあっという間に過ぎ、明日はシアトルの妻の元へ戻ります。

日本に帰る前は、「あの人に会おう、あれを食べよう、これをしなきゃ」などと膨大なTo Do Listを作っていましたが、終わってみればその半分も出来ておらず、我ながら情けない気が致します。

美味しいラーメンも食べて無いし、延長しようかしら。

ってそんな訳にもいかない。

それでも今回、一部の方ではございますが、久闊を叙すことが出来たのは幸いでした。お時間を頂いた方々、お忙しいところ、本当に有難うございました。

一方またまた不義理を重ねてしまった方々。この場を借りてお詫び致します。本当に申し訳ありません。どうか見捨てないで下さい。

また、毎晩のように飲み歩いた為に、実家の両親にも妻の両親にも全く親孝行ができず、これまた反省することしきりです。なんともかんとも。コールミー放蕩息子。

いつの日か皆さんにまとめて恩返しが出来れば良いと思ってます。ただ、果たしていつになることやら。

ちなみに、昔から夏休みの宿題は30日に始めるタイプでした。いえ、だからなんだってことはありませんが。大丈夫か俺。

何にせよ、お陰さまで大変居心地の良い里帰りになりました。湿気だけは堪りませんが、やっぱりご飯は美味しいし、言葉は分るし。素敵。

一歩間違えると里心がつきそうですが、私にはシアトルで首を長くして待ってい妻がいます。

実際、さっき窓の外に首を伸ばして太平洋を越えてきた妻の頭が見えたので間違いありません。あれは妻でした。

怖くて、もうそちらを見ることが出来ません。

いや、そうじゃない。

私にはまだあちらの国でやり残した事が沢山あります。

というか、まだ何も成し遂げちゃおりません。

脳内で書き続けてるTo Do Listは膨大な長さになってます。

そしてそのTo Doには妻の存在が不可欠なわけで。

というか、妻がいなければそもそも渡米しちゃいません。

こっちのTo DO List、果たしてどこまできちんとこなせるかという問題はありますが、少なくともまだしばらく日本には帰れそうにありません。

引き続き夫婦で七転八倒したいと思います。

皆様におかれましては、今後とも変わらぬお付き合いの程を。

どうかお元気で。

ではまた。
【2006/08/15 11:27】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミッション終了。
大使館面接が終了後3日、無事VISAが届きました。早いっ。

早速F-1ビザを確認。

意外だったのがひとつ。

既に私のパスポートにはF-2ビザの書類が貼り付けられており、てっきりそれを剥がすか、切り離してからF-1ビザを貼るもんだと思ってました。

ところが、F-2ビザはそのままに、あとのページにF-1ビザが貼られてました。履歴を残すためなのか、単なる横着なのかは分りませんが。

結果、私のパスポートには、いま三枚の顔写真が貼られており、私の歴史の変遷を余すところ無くさらけ出しております。

思わずしげしげと見比べてしまいました。

このパスポートを取得したのがざっと7年前、会社に入って2年目だったと思います。多分このころは外回りの営業として、日々飛び込みをしながら悪夢の種をすくすくと育てていた頃でしょう。顔写真をみても今より随分すっきりした顔立ち。いやほんと。髪なんかも整髪料でしっかり整えたりしていて、いかにもセールスマンという感じです。

次に、6年後のF-2ビザの写真。モノクロの写真からはなんだか眠そうな目をした男がこちらをぼぅっと見つめ返しています。「青春時代のどこかになにかを置き忘れてしまったけど、それが何なのかは分らないし、そもそもどうでも良いのよ。僕はもう。」そんなつぶやきが聞こえてきそう。
見ているほうが「しっかりしろっ」と言ってあげたくなる感じです。覇気が無いなぁ。

髪型は単なる角刈りが伸びたような状態で、あんまり人の目を気にしない生活をしている様子が伺えます。

それよりなにより、7年前と比べて、驚異的に顔の幅が広がってるような気が・・・。

一応ビザの写真には、顔の頭から顎までが何cm以上、何cm未満という規定があり、その規定を満たしている以上、別にカメラに顔を近づけすぎている訳でもありません。
ということは、顔の長さは変わっていないものの、横にグイグイグイと引っ張ったような按配になっています。何があったんでしょうか。

そして、今回届いたF-1ビザの写真。「アメリカ帰り」の胡散臭さを演出しようと急遽伸ばしたヒゲはともかく、そもそもポロシャツの襟が片方だけヨレているのが気になります。なぜ撮る前に気付かなかったのでしょうか。

しかも1年前の写真と比べてもなお顔の横幅が広がっています。随分と左右の余白が頼りなくなってきており、顔と横枠の間の狭さは、見ているこっちまで息苦しくなってきそう。

どういうことなのでしょうか?考えられる原因は三つ。

1.画像データが横に伸びて印刷された。
2.私の頭蓋骨が横に成長した。
3.気のせい。

私の推測では、原因は1。多分アメリカ大使館で使用しているプリンタの耐久期限が切れそうなのだと思われます。そう考えると昨年、今年と時系列に沿って画像の歪みがひどくなったことにも論理的に説明が可能ですしね。

誰か営業をかけてみては如何でしょうか。

ではまた。
【2006/08/06 23:07】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ジャンケンで山田
学生時代、集団の中から誰か一人を選ばなければいけない時に良く行われたやりとりがありました。

A「あ。酒切れたね。誰が酒買ってくる?」

B「んー。じゃあジャンケンで山田に行ってもらうことしよう。じゃーんけーん、ぽん。あー渡辺の負けか。・・・ほら、早く行ってこいよ山田」

山田「なんで俺なんだよ!」

B「ジャンケンで決めてるんだから良いじゃないか。文句言うなよ」

と言った感じで。

最初から誰にするかは決まってるんですが、一応ジャンケンというプロセスを踏むという、そういう馬鹿々々しさが気に入ってました。学生って暇ですね。

なんかそんなことを、昨日のボクシングの試合を観ながら想いだしたりして。

ではまた。
【2006/08/03 10:53】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KAETTEKITA!
といことで、日本に帰ってきました。

26日に帰ると一部の人にお伝えしてましたが、26日にシアトルを発つということは、27日に着くということで。
はい。日付変更線のことを忘れてました。混乱を招きまして申し訳ありません。

シアトルにてインターン生活を続ける妻を残し、今回は一人での帰国です。

ちなみに、帰国目的はビザを配偶者ビザ(F-2)から学生ビザ(F-1)に変えるのが目的なのですが、必要書類がまだ整っておりません。

帰国前日まで学校側とごたごたした挙句、今日も早朝からメールと電話で色々やりとりが続いています。

今のところ、大使館の面接は8月3日で、必要な書類が届くのは8月1日か2日の予定。

なんでこんなにギリギリなのだ。

ひとつの理由としては、「2週間で届くよ!」と学校側から言われたI-20という書類が、結局3週間も来なかったため。アメリカンクオリティには慣れたつもりでしたが、まだまだ修行が足りませんね。

というわけで、折角帰国しても、結構バタバタしております。お世話になった方々へのご挨拶もしたいのですが、不義理を致しましたらお許し下さい。

あと日本に帰ってきた印象は以下の通り。

蒸し暑い。陽射しはシアトルのほうがキツイんですが、この湿気がたまりません(←凄く良い、という意味の「たまらん」ではない)。おまけに「暑いねぇ」と親に言ったら「今日は涼しいほうだ」と言われました。うーむ。

人にぶつかりそうになると、つい「ィクスキューズミー」と言いそうになる自分がいる。こっ恥ずかしい。いっそもう一人称を「ミー」にして、ドロンパと呼ばれることを目指したいと思います。

街で見るポスター等にに見慣れない芸能人が多い。彼、彼女らが凄い親しみやすい笑顔で商品をアピールしてたりするのを見るたびに、「誰だお前は。」と思ってしまう。

そんなところでしょうか。

ではまた。
【2006/07/28 07:21】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
新しい記事 | ホーム | 過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。