TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ピッカピッカの♪一年生♪
あぁ...眠い...

先ほど妻がウィスコンンシンへと旅立ちました。
朝4時起き。5時15分の始発に乗って、シカゴGSBに向かいました。
6時集合ってなんだよ。小学校の遠足でもそんなに早くないっての。

まぁ2泊3日、頑張って来て欲しいものです。何を頑張るのか今ひとつわかりませんが。

さてさて、昨日は入学式だったわけですが。
17時から配偶者も参加してのパーティーがあったので、メトラに乗って学校まで向かいました。
何気に学校まで一人で行くのは初めて。乗り過ごしてはいけないとちょっと緊張。
路線図を手元に置いて、車内のアナウンスを聞き逃すまじと緊張して待ちます。

「もにゃもにゃネクストステーションイズもにゃもにゃもにゃプリーズもにゃサンキュー」

やべ、全然聞き取れねぇ。

仕方ないので止まる駅の数を数えてカウントダウン方式で行く事に。
あと駅4つくらいかなぁ、と思っていると、

「もにゃnext station is 55th-56th-57th station」というアナウンスが耳に飛び込んできました。

え!? 次じゃん!

危うく乗り過ごすとことでした。リスニングの神様ありがとう。こういう時、日本は多神教で本当に良かったなぁと思います。どんな神様だっていますからね。キリスト教だと神様が一人で色々やらなければいけないから、こういう気配りは期待出来ないでしょう。

ということで、慌てて降りると、他の日本人留学生の配偶者の方々と合流できました。広大なキャンパスの中、GSB校舎へと向かいます。




こんな素敵な建物の向かいに、シカゴGSBがございます。

会場に到着すると、ロビーと玄関のテラスに立食パーティー形式で準備が整っていました。

しばらくすると、学生達がぞろぞろとやつれた顔をして登場。なんだか狭い会場で、三時間半ぶっ通しのオリエンテーションを受けさせられていたそうです。

その代わりと言ってはなんですが、シカゴGSBのロゴの入ったTシャツといったグッズや、シカゴホワイソソックスの観戦チケットなど、色々なものを貰ったそうで、この立派なパーティー会場を見回しつつ、高額な授業料が一体どんな使われ方をしているのだろうと、私は一瞬不安になりました。 妻は良い学校に入ったものだね、と喜びました。

妻と合流。やはりげっそりしてました。今日一日は、なるべく沢山の国の人と話すというミッションを自分に課していたそうで、英語の話し過ぎで脳がオーバーヒート気味とのこと。お疲れ様。いまからパーティーだけどな。

そのままパーティーが開始。改めて挨拶なんて言うものは無く、皆会場に着くなりムシャムシャやり始めます。乾杯もないのかよ。獣か。




学生達は"cohort"というグループに分けられ、明日からの小旅行に備えます。自分の所属するcohortのバッジをつけて、早速友達作りに励むわけで。
私も妻の後ろにくっついて、会場をウロウロ。




「ハーイ! マイネームイズ ××! ナイストゥミーチュー!」
「ハーイ!ナイストゥミーチュートゥー!」

互いに目が合うと、もの凄い笑顔で寄って来て、握手とともに自己紹介を始めます。

「え?そんな!誰ですかあなた。やめてください! お友達になりたいなら、手順てものがあるでしょう! 最初は文通から始めましょうよ。そのあと交換日記。」そんな戯言は通じません。

いや本当になんかスゲーアメリカっぽい。アメリカですが。
ハリウッド映画で見るパーティー場面そのままです。

学生の皆さんは流石にこういったソーショルスキルに長けてる方が多くて、異常にフレンドリーでした。日本だったら「あいつちょっとキショイ!」とか嫌われそうなくらいで丁度良いみたいですね。

(とはいえアメリカ人でも誰とも話さず、会場の隅でポツンと食事をしている人もいたりするんですがね。多くはいませんが。)

おかげさまで今回、随分いろんな国の方々とお話することが出来ました。まぁ正確に言うと、いろんな国の方々とお話をする妻を見る事が出来ました、ってくらいな感じですが。

現地の言葉が喋れない外交官の妻みたいな感じでしたね。私は。横でもの凄いニコニコしてました。私の笑顔に込められたメッセージはこんな感じ。「えへへ。私に悪意はありません。あんたの言ってる事それなりに分かってるつもりだけど、難しい話題は振らないで頂戴ね」

乏しい英語力のお陰で、話の大筋は分かるもののディテールが聞き取れず、またふっと話を振られたときに気の利いた返答をすることが出来ず、更に気の聞いた答えを頭の中で英作文している内に、その話題は終了してしまう、という会話のデフレスパイラルを何度も味わいました。よくわかんない例えで恐縮。ユーアンダスタン?

しばらくすると、妻の目がぼんやりとし始め、「あーもうダメだ。眠い。眠すぎる」と言い始めたので、30分程早く会場を後にしました。英語脳のオーバーヒートに加え、なんだか英語の喋り過ぎで頬の筋肉まで痛くなって来たとのこと。そんなことあるんだねぇ。

会場を出ると、結構少なくない人数が勝手に帰ってます。ここら辺もとてもアメリカンな感じでしょうか。え?三本締めとかやらないの?とか思ったりして。いやいや。

明日からの小旅行に水着が必要かも、ということだったので、急いでダウンタウンへ。閉店間際のNordstromに駆け込んで水着を探します。閉店まで10分。うひー。

LとかXLとかXXLとか、そんなサイズばかりの水着から妻のサイズを探します。ちょうど良いサイズがあったと思いきや、「姫様がご乱心なされました!」みたいなデザインしかなく、探索は困難を極めます。私ゃこんなに女性ものの水着をあさりまくったの生まれて初めてですよ。

いっそ子供服売り場に行った方が良かったかも、と思い始めた時に、ようやく無難かつサイズが合う水着を発見。閉店時間は過ぎてましたが、これで一安心です。

家に着いたのが21時頃、少し休んでから明日の支度をして、23時頃にに就寝しました。
んで、今日のエントリーの最初に戻ると。

昨日はこんな感じでした。
【2005/09/07 20:55】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まぁ通じませんよ。ほんと。 | ホーム | 【お買い得情報】Chicago Premium Outlets>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/73-329d822c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。