TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
常に勝者たれ、またはゲーミフィケーション子育ての勧め。
娘が4歳になる日も迫ってまいりました。正確に言うとまだ1ヶ月ありますが。

これぐらいの年になると、色々と生活習慣的なものも身に付けていただかなければいけません。

思えば3年と11ヶ月近く前、ホカホカの赤子として世に出てきた娘ですが、もうすっかり社会的動物としての存在感を増しております。

飲んだミルクを吐くんじゃないかとか、背中までウンコが漏れてんじゃないかとか心配していたはずが、いつの間にか友達とどうすれば上手く遊べるか/喧嘩できるかとか、そんなことに気を使ってる自分に気がつき、感慨深くなることもしばしばです。

とはいえ、そうは言ってもまだ3歳。外から帰ってきて手を洗うようにするとか、脱いだコートをきちんと掛けるとか、歯を磨くとか、そんな基本的なことを教えるのにもまだ苦労をしております。

そんな私達が最近使ってる方法というのは、ゲーミフィケーション的アプローチ。

・・・すみません。流行りの言葉を使いたかっただけで、実際は単純になんでも「ゲーム仕立て」にしてるだけです。

デイケアから家の敷地まで帰ってきたとき、階段を上るのを渋る娘。「ねぇーだっこー」などとごねてます。

そんな娘に一言、「よーし負けないぞー!」と言おうものなら、グズグズしていたのはどこへやら、

”I'm gonna be a winner!"

と掛け声も勇ましく、ダッシュで階段を駆け上がる娘。

遊びに夢中で、お風呂に入るのを嫌がる娘に一言、「よーし、今度こそ負けないぞ!」

”No I'll win! I'll win!"

オモチャを放り投げて、浴室へ向かう私の後ろを追いかけてきます。

ちょろいのう。

ただ唯一の問題は、娘が常に勝者でいたがるということ。

いやね、そりゃー誰でも勝ちたい。ただ教育上の観点から言うと、負けてこそ学べる教訓というものもございます。

No pain, No gainなんてもとはフィットネス器具のキャッチコピーが今じゃ企業研修なんかでも使われるフレーズになってるように、たまにはPainを感じて頂きたいものです。そしてGainして欲しい。

ということで、たまには私が勝とうとするのですが、勝ってしまったときの娘の狼狽の度合いが半端なものではありません。

崩れ落ちて号泣。

いまどきオリンピックでもここまで悔しがる人は見たことがないくらいに泣き喚きます。一体どこの将軍様が死んだのかと思うほど。

本来はしつけの一環+親の都合として始めてるはずが、ゲーム開始前よりも手に負えない状況になり、落ち着かせるのに時余計な時間がかかることもしばしば。面倒くせえ。

これが親のしてのPainであり、優れた親としての役割を全うするためにはここが頑張りどころな訳です。

と、そんなことは分かっていても、ついこちらの思うように娘を誘導したことで満足してしまい、勝ちを譲ってばかりするというのが現実。情けないですね。

日々の本当に細々したところで娘と「勝負」しているので、一体これまでどんな戦歴になってるのかは分かりませんが、多分勝負の99%くらいは私が負けております。

そんなある日のこと、娘が妻にこう言い放つのを聞いてしまいました。

Daddy is always loser...

いや、その表現はなんかひっかかるぞ。

そしてデイケアでも、迎えに行った私を見つけると、横にいた友達に笑顔で一言。

Hey Emily, my daddy is a loser!

娘の生活習慣のためと思っていたのに、いつの間にか娘の世界観に父親=負け犬という定義を埋め込んでしまったことに気づきました。

私の社会的動物としての地位が危うい。

ではまた。
【2012/03/05 19:10】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム | アメリカの高校に日本マンガの主人公が入学!?・・・「MANGAMAN」の感想>>
コメント
ありますあります
ゲーミフィケーションですか~。
言葉は初めて聞きましたが、我が家でも良くやってます。パジャマ着替え競争なんかが記憶に新しいですね。
ただ、私はとっても大人気ないのガチで勝ちに行きます(^^ゞ
そのためか、子供達が負け慣れしたり、勝負そのものを避けるようになってしまったような気がして・・・大失敗かな?
人生の勝負所では勝負の場に立てる人間になって欲しいのですが、危うい感じがビンビンします。

因みに最近のマイブームは色々なハンデ戦。駆けっこでは私が勝つ度に子供らの走る距離を縮めていくと、最終的にはガチで走っても負けるレベルのハンデに行き着きます(スタミナも切れます)ので、自分自身のトレーニングにもなってます。
ウルトラマン将棋というおもちゃを勝ったのですが、それも勝つ毎にコマを減らしていくので最終的にはいい勝負になります。

ゲーミフィケーションでのしつけや子育てではなく、4歳児3歳児とガチで勝負したがる変な親ですね、私は。
【2012/03/06 00:59】 URL | ミコタマのパパ #-[ 編集] | page top↑
Re: ありますあります
>ミコタマのパパさん

コメントありがとうございます。返信が遅くなりまして申し訳ありません。
競争でハンデ戦を導入する、というのは考えもしませんでした!それは名案ですね。
私のところはミコタマのパパさんのお子さん達とは逆に、「勝ち慣れ」しすぎてるので、
そろそろガツンとやってやりたいのですが、こないだも家の玄関まで競争で
勝ったところ、娘の敗戦処理が大変で難儀な思いをしました。

> 人生の勝負所では勝負の場に立てる人間になって欲しいの

これはとても大事な考えだと思います。自分の都合よりも子供の成長ですよね。

> ゲーミフィケーションでのしつけや子育てではなく、4歳児3歳児とガチで勝負したがる変な親ですね、私は。

私も基本的に全力で遊びたいタイプなのですが、そうすると妻に「全力で遊ぶもんじゃない」と怒られます。ありゃーなにか父親特有の傾向なんでしょうかね。

ではまた。
【2012/03/19 12:45】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
おもしろ、おかしく
おもしろ、おかしく(堀場製作所の社是ですね、これって!)読みました。子を持つ親とは、子どもが何歳になっても、常にloser(できない、知らない)のふりをしながら、こどもの成長を考えているもの。ドイツにいる孫娘もたった9ヶ月。まだ歩けもしないのに、遠くにあるおもちゃが欲しいと、かんしゃくを起こして泣いている。ママはまるで召使のようにおもちゃを取ってあげている。いまだけよっといいながら。知ったかぶりをするよりも、知らないふりをするほうが、教えるには、ずっと効果的(笑)。これからも楽しませてください。
【2012/03/20 01:05】 URL | toshiko ise #-[ 編集] | page top↑
勝負事。
こんにちは、お久しぶりです。

私も子供相手のときは、いつもゲーム仕立てです。私の家には7歳児がいて、私は彼に漢字を教えているのですが、時々やりたがらない。なので彼の父を巻き込み、「じゃ、papiに教えるから、XXはやらなくていいよ。」と言います。papiの方も「よーし、XXに追いついて追い越すぞ」と言って漢字練習を始めると、負けずに漢字練習を始めます。子供って本当に負けず嫌いなので、こういうときは助かります。

しかし実は私も負けず嫌いで、本当にゲームをしているときは、全く負けてあげません。例えばば抜きやオセロでも。(笑)
7歳児と同じレベルに立ってどうする、という感じですが、私は世の中はそれほど甘くない、ということを私との経験から学んでほしいと思っています。(と言っておきます。)
【2012/03/24 11:45】 URL | kbt #OaBoOaWY[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/04/22 21:12】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/640-a4fbf83f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。