TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メガヨナキ
2歳と6ヶ月を過ぎた娘ですが、ここ最近1週間に1度くらいのペースで凄まじい夜泣きをするようになりました。

もうそれは夜泣きなんて言う言葉が似合わないほどパワフル。名づけてメガヨナキ。

一番最初にそいつがやってきた時のことは忘れられません。

その晩、娘を寝かしつけ、私たち夫婦はTVを観ながら静かな夜を過ごしていました。

午前12時ごろ、突然寝室から「ギャーーー!」という叫び声。ドスンドスンと言う音まで聞こえてきます。

慌てて寝室に見に行けば、そこにはベッドが揺れるほどの勢いで跳ね回り、泣き叫ぶ娘の姿が。

ベビーベッドの柵から足を突き出したかと思うと、今度は軽く柵をたわませるほどの力で蹴り飛ばし、その反動は娘の体を浮かせるほど。

なんじゃこりゃ!

親がどんなに優しく声をかけようが、ポンポンと叩いてあやそうとしても無駄。全身の細胞が逆鱗と化したのかのように、外界からの干渉全てに猛烈な駄目出しで回答する。

時折、「ふぅ・・・」みたいな吐息とともに、5秒近く静かになるので、ああ、やっと落ち着いたかと思ったとたんに再び「ギャーーーー!」

いやもう、怖い怖い。

横になった状態で柵を蹴り続ける娘は、その勢いがあまりにも強いせいか頭を軸にしてグルグルと狭いベビーベッドの中を回転。その様子はMatrixのトリニティかのよう。狂乱状態のハムスターみたい。いや、そんなの見たことないけど。

これはまた中耳炎が始まったのかと心配したのですが、昼間に耳を触ったり、「耳、痛い」と自己申告をしていた覚えもなし。

どうやら単純に夜泣きってことらしい。でもこの勢いは尋常じゃない。

メガヨナキの権化となった娘に戦々恐々としながらも、慌ててネットで解決策を検索すると、どうやら2歳くらいでも夜泣きはあるようで、こういう時は一回きちんと目を覚まさせるのが良いらしい。

いやでもこんな興奮状態の娘を起こしたら、もうその夜、親は睡眠をあきらめなきゃいけないんじゃないかと恐怖がつのる。

とはいえ、このまま放置するわけにもいかない。

しかも娘は、柵ををガツンガツンと蹴りまくりながら、「ギャー!」だけではなく、「ノォォォーー!マミィィイィィ!ノォォォォダディィィィーーーー!」と言った何だか人聞きの悪い寝言、というが「寝絶叫」までする。

このままだと、虐待を疑われて通報とかされそうだ。

いやそれよりなにより、こんなにパニクってる娘に何らかの助けの手をさしのべなければ。

えいやってんで、覚悟を決め、昔ローカルTVで流れていたホテルのCMを思いだしながら、バインバイン跳ね回る娘を抱きかかえて明るいリビングへ娘を連行。

ところが、そこに誤算が。

私たちの住むアパートは、アメリカの基準からすると狭いものの、天井だけは偉いこと高い。一番高いところはざっと4m以上。

そこに声帯が爆発してんじゃないかって娘を連れて行くのは、今考えれば自殺行為でした。

ギャー!と泣く娘の声は、我が家の高い天井に反響して、「ギャーーーーーーーー!」の後に(ウワアアアアアン!)という耳鳴りを両親の鼓膜に残します。

「さー!ケメ(←娘の名前)!!ちょっと起きよう!一回、落ち着いて話し合おう!」

そんな悲鳴にも近い親の声も、音響兵器と化した娘の耳にはあまり届いてない様子。そりゃそうだ。私も自分で叫んでる声が遠くに聞こえるくらい。


ギャーーーーーーー!(ウワンウワン)

ノゥマミィィィィィー!(インインイン)

ギャーーーーーーー!(ウワンウワン)

ノゥダアディィィィィー!(インインイン)

あっと言う間に、私も妻もなにやら耳に綿が詰まったみたいな状態になり、三半規管までやられたような気がして足元がグラグラしてきた。

跳ね回る娘を抱えつつ、慌てて床に座り込む大人2名。

やっぱりこれは中耳炎かも知れない、と思い痛み止め用の薬を準備したりするものの、実際に飲ませることなど夢のまた夢。

これはもうどうして良いか分からない。

いつの間にか、妻の目の下には何故かクマが出来てきて、顔色まで悪くなってきました。てか、視線が合ってないぞ妻。

仕方がない、最後の手段と思い、匍匐前進しながら、私は自分のカバンのもとにたどり着き、iPodを取り出すと、中に入ってる""Dora the Explorer"という子供向けTV番組を再生。娘に近づけます。

娘の絶叫越しに、か細く聞こえるテーマソング。画面の中でDoraが踊り始めました。

「・・・・・・ウフフ」

残響が満たされた我が家のリビングに、さっきまでとは全く異なった娘の声が。

目尻に溜まった涙を拭きもせず、ニヤニヤしながら画面を注視する娘。耳鳴りで頭がグラグラしてる親はその様子を呆然として見ています。

あっと言う間に目を覚ました娘は「ドーラ!ブーツ!」などと登場人物の名前を叫ぶと、不意に自分の足で立ち上がるとテーブルに近づき、さっきまでいくら勧めても飲もうとしなかった水と薬をキュキュッと飲み干すと、iPodを私の手から奪って、鼻歌交じりに番組を楽しみ始めました。

その後、小一時間もすると娘はウトウトし始め、ベビーベッドに運ばれるのにも抵抗せず、おとなしく夢の世界に帰って行きました。

残されたのは、一体今のが何だったのか理解できずに憔悴した私たち。

子育てってのは本当に何が起こるか油断ができません。

ではまた。
【2010/10/12 11:27】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<英語で笑おう。 | ホーム | キリスト教原理主義者の大学に普通の学生が入学してみたら・・・(後編)>>
コメント
壮絶ですね
流石アメリカ、夜泣きのすけーるも大きいようで。

我が家もたまにですが2人とも壮絶な寝言を言いながら夜泣きというか寝ボケと言うか騒ぎ出すことがあります。

「もう嫌い!」

とか

「もう嫌!」

とか、色々です。

安眠を祈ります
【2010/10/14 02:14】 URL | ミコタマのパパ #-[ 編集] | page top↑
Re: 壮絶ですね
>ミコタマのパパさん

コメント有難うございます。
ここ最近静かに朝まで寝ていることが多かったので、多分そのギャップに親がヤラレタってのもあるかと。

> 我が家もたまにですが2人とも壮絶な寝言を言いながら夜泣きというか寝ボケと言うか騒ぎ出すことがあります。

ミコタマのパパさんのところは2人お子さんがいらっしゃるんですよねぇ。一人だけでこんなにてんやわんやになってる我が家が恥ずかしいです(笑)

> 「もう嫌い!」
>
> とか
>
> 「もう嫌!」

子供の寝言はなんでネガティブなのが多いのでしょうかね?「大好き!」とか「素晴らしい!」とか言えば良いのに、とか思います。

ではでは。
【2010/10/14 10:30】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/627-4fb7fa43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。