TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Sit! 嫉妬!執刀!!
もうすぐ2歳になろうかという娘。日々元気にデイケアで遊んでおります。

言葉も段々と喋るようにはなってきてますが、どうも同年代の子供と比べるとちょっと遅い気がしてなりません。

いまのところ、ようやく2語文がポツポツ、と言ったところです。

現在娘は、朝晩は私達の日本語を浴び、日中のほとんどはデイケアで英語に包囲されて過ごしています。

これが問題。

娘のボキャブラリーは日本語と英語が渾然一体となって増えてきてるようです。

ですが、日本と英語を(多分)一遍に喋ろうとしているであろう娘に対して、デイケアの先生方には日本語が認識できず、わたし達には娘の英語が認識しにくい。

言葉の発達には対話が欠かせないそうなのですが、そこらへん娘の場合ではどこまで上手く行ってるのか良く分かりません。なんか無駄に娘に負担をかけてないと良いのですが。

ちなみに、昨年末に日本に帰ったときに気づいて愕然とした言葉としては、こういうのがありました。

「ファオィー!」

中国語?

娘はしばしばこの単語を言うと、一目散に走って行きます。

んで、立ち止まるとこちらを振り向き、再度

「フォァイー!」

なんかさっきと微妙に言葉が違う気もしますが、こんな発音の言葉を残して娘はダッシュ。

この言葉の意味に最初に気づいたのは妻でした。

「・・・ひょっとして、ケメ、"Follow me"って言ってんじゃない??」

おう。

言われてみればその通り、そう分かって聞くと確かに言ってる気が。いや一旦そう分かれば、そうとしか聞こえません。

なんだか子供の頃に初めて受けたリスニングのテストを思い出します。

娘よ。出来ない生徒みたいな親でごめん。

一方で、娘の発する英単語のうち、一発で理解できたのがこちら。

1歳半くらいから、娘はそこらへんに腰掛けると、自分の隣のスペースをベチベチと叩いてはこう叫んでました。

「Sit! Sit!」

これくらいなら私にも分かります。お前ちょっと座れと。そういうことですね。

上は便宜上英語で書きましたが、娘の発音は限りなく

「スィッ!スィッ!」という感じ。

文字からではなく、耳で覚えてるからなのでしょうが、娘のSの発音は見事なものでした。分かりますか、この彼女が海岸で貝殻を売ってる感じ(She sells seashells by the seashore)。

日本でもちょくちょくこれを披露しては、周囲の歓声と喝采を浴びておりました。

「ケメちゃん、シット!シット!」

リクエストに応えては、床をペチペチ。「スィッ!スィッ!」

「あら可愛いー!」

うへへ。どうもどうも。

異変に気がついたのは、しばらくあとのことでした。

娘の"Sit"の発音が、明らかに変化しています。

スィッ!だったものが、「サシスセソ」の「シ」で始まるようになり、以前までなかった「ットゥ!」という余計な発音まで付いています。

いまじゃ”Sit"どころか、明らかに「執刀!」もしくは「嫉妬!」と聞こえます。

なぜこんなことに。

多分。

多分ですが、日本滞在中、私達も含め、周囲の100%ジャパニーズ達が発する日本語発音の

「ほーらケメちゃん!シット!シット!」を、娘が貪欲に取り入れた結果だと思います。

周りの大人がそう言ってんだから、ってことで。

今日も娘は、デイケアで、はたまた家で、周囲の大人に向かって叫んでいます。

「嫉妬!」「嫉妬!」

娘よ。すまん。

「執刀!!」


ではまた。
【2010/03/01 01:54】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<MBA According to My Wife | ホーム | 多分桜。>>
コメント
可愛い~
ケメちゃん可愛いですね♪

そう言えば私も2~4歳はアメリカにいたそうなのですが、その時は何と日本語が喋られなくなってしまったそうです・・・

帰国して幼稚園に行ったら行ったで今度は英語が全く駄目に・・・

子供の適応能力の高さは凄いですね。

ケメちゃんの成長が楽しみです♪

ちなみに我が家のチビ達は完全に日本語発音の英単語になってます(~_~;)
【2010/03/02 18:53】 URL | ミコタマのパパ #-[ 編集] | page top↑
がんばれkemeちゃん☆
うちも息子が一生懸命話しかけてくれて
いるのに、よくわからなくてどう反応した
もんやらということがあります~。

kemeちゃんも頑張っているのですね。
英語と日本語のちゃんぽんワールドだと、
益々混乱しちゃいますもんね。我が家は、
「まだ英語なんて要らん。」という旦那に
かくれて、英語のDVDとか観せてます~。
【2010/03/03 06:25】 URL | makiko3 #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
もう言葉を喋るようになったんですね。
こんにちはー。

「嫉妬」の発音では、おっしゃるとおり先生たちが学校で驚いていそうですね。

私がときどき一緒にいる5歳児(になったばかり)は3ヶ国語+私の影響で日本語が少しで、多少それぞれの言葉は英語ネイティブのほかの子供と比べると遅れています。

しかし彼の頭の中は一体どうなっているんだろう?と時々話をしていて不思議になります。と言うのも、私と英語で話をしていたかと思うと、振り返って次の瞬間にスペイン語で別の人と会話を始めたりするからです。
子供の適応力は無限です。KEMEちゃんも今後も着々と英語と日本語ワールドが広がっていくことでしょう。
【2010/03/03 22:55】 URL | kbt #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
Re: 可愛い~
>ミコタマのパパさん

> そう言えば私も2~4歳はアメリカにいたそうなのですが、その時は何と日本語が喋られなくなってしまったそうです・・・
>

おお。帰国子女だったのですね?!それは初耳。

> 帰国して幼稚園に行ったら行ったで今度は英語が全く駄目に・・・

私の友人でも幼少期ドイツで育ったのに、大学でドイツ語の単位を落とした奴がいます。そういうものみたいですね(笑)
【2010/03/06 03:25】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
Re: がんばれkemeちゃん☆
>makiko3さん

コメントありがとうございます。

> うちも息子が一生懸命話しかけてくれているのに、よくわからなくてどう反応した もんやらということがあります~。

あーありますねぇ!(笑) 今日も娘に両手で顔をガッと掴まれて、

「あぬにゅらむにゃむにゃにゃの!な?あぬにゅらむにゃむにゃにゃの!」

と力説されましたが、上手く切り返すことが出来ませんでした。

> kemeちゃんも頑張っているのですね。 英語と日本語のちゃんぽんワールドだと、
> 益々混乱しちゃいますもんね。我が家は、「まだ英語なんて要らん。」という旦那に
> かくれて、英語のDVDとか観せてます~。

幼少期から複数の言語に触れさせることについては、賛成、反対諸説あるみたいですが、とりあえず私は最近読んだ本に書いてあった、
「幼児の脳味噌は、4ヶ国語くらいまでは簡単に処理できる」(大意)
という教えにすがって生きようと思ってます。当面は。
【2010/03/06 03:31】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
Re: もう言葉を喋るようになったんですね。
>kbtさん

コメント有難う御座いました。ご無沙汰しております。

新居整備のエントリ、まるでドキュメンタリー番組を見るようだ、と楽しませて頂いております。(なんかアメリカってそういう番組多いですよね?TLCあたりで)

> 「嫉妬」の発音では、おっしゃるとおり先生たちが学校で驚いていそうですね。

そうなんですよね。微妙にfour-letter wordに聞こえんじゃないかと内心ドキドキしてます。

> しかし彼の頭の中は一体どうなっているんだろう?と時々話をしていて不思議になります。と言うのも、私と英語で話をしていたかと思うと、振り返って次の瞬間にスペイン語で別の人と会話を始めたりするからです。

おー!それは凄い。やっぱり相手を見て切り替えるんでしょうかね?関西人が人を見て関西弁に切り替えるみたいに??

> 子供の適応力は無限です。KEMEちゃんも今後も着々と英語と日本語ワールドが広がっていくことでしょう。

だと良いんですが・・・。とりあえずどんな感じで「きちんと」喋り出すのか、記録してみたいと思ってます。

ではまた。
【2010/03/06 03:36】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/606-bb6c818b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。