TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
The Lost Symbolについてブツブツ言う。
諸事情により進んでなかったダン・ブラウンの最新作”The Lost Symbol"(邦題:ザ・ ロストシンボル)をようやく読了。

The Lost Symbol

トム・ハンクス主演で映画にもなった「天使と悪魔」、「ダ・ヴィンチ・コード」に続くシリーズ第3作です。

出版初日に100万部、その週だけで200万部売れたという歴史的売れ方をしています。

早くも映画化が決まってるそうで、2012年に公開予定。

ダン・ブラウンのロバート・ラングドンシリーズの説明は要りますかね?

今回もハーバードの象徴学者、ロバート・ラングドンが歴史の陰に隠されてきた秘密をごく短時間で解き明かしていきます。(←説明になってない)

まずはあらすじ。



ある朝、ロバート・ラングドンは、長年の友人でもある大富豪、ピーター・ソロモンから突然呼び出され、講演を行うためにワシントンにあるキャピトルヒル(合衆国議会議事堂)に向かいます。

ピーター・ソロモンはスミソニアン博物館の館長でもある一方で、フリーメーソンの最高位の司祭としても知られている人物です。

議事堂に到着したラングドンは、講演というのはラングドンを呼び出すための罠であり、ピーター・ソロモンは何者かによって誘拐されていることを知ります。

時を同じくして、キャピトルヒルのロタンダ(円形大広間)では、切断され、指に星と王冠の刺青が施されたピーター・ソロモンの右手が発見されます。

ピーター・ソロモンを誘拐した犯人は、人質の命と引き換えに、午前0時までにロバート・ラングドンにフリーメイソンが長年秘めていた古代の暗号を解読するよう要求します。

すると、どこから情報を得たのか、突然CIAが現われ、この事件の背景には国家の安全をを脅かす重大な秘密が潜んでいるといい、犯人の要求どおり、ラングドンに暗号の解読を迫ります。

ラングドンは、果たして時間までにフリーメイソンの究極の謎を解き明かし、ピーターを救うことが出来るのでしょうか?




というわけで、なんだか軽い既視感を覚えるプロットで始まるこのThe Lost Symbolですが・・・。

以前、ダ・ヴィンチ・コードを読んだときに、こんな感想を書きました。

「次々と明かされるトリヴィアと、息をもつかせぬスピーディーな展開が凄く良く出来ている。」

・・・まぁ、今回も同じような感じです。はい。

いやいや、これじゃ何も言ってないのと一緒か。

もう少し頑張ってみよう。

良い点を書くと、ページターナーとしてのダンブラウンは本当に上手いと思います。

読み始めるとなかなか止められない。暗号もよく出来ていて、好奇心を引っ張る手腕は流石だと思います。

一見解けたかと思われた暗号には、さらに暗号が隠されていて、その暗号も実は・・・みたいな感じで、自分で解くことは絶対無理な暗号なのに、ついつい答えが気になってしまうのは確か。

サスペンスの盛り上げ方もお手の物。特に中盤過ぎたあたり、ラングドンが決定的なピンチに陥るシーンなんかは本当にドキドキしました。

あと、CIAが使うガジェット類なんかも面白かったです。熱感知ゴーグルってのは聞いた事がありましたが、今回CIAが使うその発展型アイテムってのは本当に凄い。実在するかどうかは知りませんが。

そんなこんなで、全体の3分の2くらいまでは、大変楽しめました。

ただねぇ・・・不満が色々あります。

まず、上で既視感と書きましたが、それは別に文句じゃありません。

「時間制限のある暗号解読と観光名所巡り(追手付き)」

これは「天使と悪魔」以来のラングドンシリーズの基本フォーマットなんで、そこに文句を言うのは野暮ってもんかもしれません。

ジェフリー・ディーバーの作品を読んで「どんでん返しが多くて疲れる」とか言うのと一緒。もしくは立川談志師匠の表現を借りるなら、「北海道に言ってシャケを食わされて文句を言う」ようなものです。

それ以外のところで、今回は前作、前々作に及ばない点が多々。

こっから先は文句ばかりになると思うので、このシリーズのファンの方は読まないで下さい。

それでは、思いつくまま文句を書いていきます。

(1)変な日本人がいる。

この作品では、日本の読者には嬉しいことに、日系アメリカ人がかなりの重要人物として出てきます。

CIAの安全保障局の局長、小柄な黒髪の女性で、その性格は冷酷かつ強引。首には喉頭癌の手術痕が残るチェーンスモーカー。名前が出てきただけで関係者を震え上がらせるというかなり強烈なキャラクターです。

個人的には、この作品では彼女の造形が一番良かったと思いました。悪役なのか味方なのか、さっぱり分からない上に、他人からは情報を吸い上げ、顎で使う一方、自分の情報は一切与えない。なかなかカッコいいキャラクターです。

ただし、問題がひとつ。

彼女の名前はイノウエ・サトー。

売り出し中の漫才コンビ? いえ、一人の姓名です。

あー、近藤サトみたいな感じ? いえ、姓がサトーで、名がイノウエです。

なんだそりゃ。

というわけで、ダン・ブラウン、またやらかしました。

また、というのは、この人の作品に出てくる日本人はまともな名前が付いたためしがありません。

ここらへんについては、cyberbabeさんが昔にエントリを書いてらっしゃるので興味がある方はご覧ください。

最初この名前を目にしたとき、「このあからさまに怪しい名前、日本人を騙ってて、実は・・・?」というオチかと思いましたが、全然そんなことはなくて二度びっくり。

「イノウエ・サトー」って名前が変なことくらい、ネイティブチェックどころか、日本に少しでも住んでる人が聞いたら「おかしくね?それおかしくね?」と気づくもんだと思うんですが、そういうことはしないのでしょうか。

実際、日本に1年住んでいたというアメリカ人に聞いてみたら、「・・・それ、両方とも苗字だよね」と一発で気づいてたくらいです。

ダン・ブラウン、フリーメイソンの儀式とか議事堂の秘密とか調べるのに一生懸命で、こういうのはチェックは忘れてしまったんでしょうか。

このイノウエ・サトーがよく出来たキャラクターだけに、もったいないったらありゃしません。

つまんないこと気にすんな、と言われるかもしれませんが、実は、こういうなんというか「詰めの甘さ」というのがこの作品全体には散見されます。ある意味で、イノウエ・サトーという名付けのガッカリ感がこの作品全体を象徴してると言っても良いかもしれません。

(2)ミスディレクションが卑怯。

詳しく書くとネタバレになりますし、まぁなんだ、ミステリーの穴ってのは結構人によって許容できる範囲が違うので、あまりどうこう言いたくないのですが、個人的にはどうしても気になることがありました。

この事件の犯人というか、首謀者の正体について、ダンブラウンは不細工なミスディレクションをやらかしています。

いや、ミスディレクションにもなってない。なんというか「いやいや、お前が○○なら、じゃああの時の××は誰よ」的な矛盾です。

理屈は想像できるんですが・・・でもやっぱり許せない。

なぜならこんな「卑怯な」手を使わずに処理できる伏線のはずなので。

「信頼できない語り手」ってそういう意味じゃないだろう、って感じで。

しかもミスディレクションが卑怯な割に、あんまり通用していないという二重の悲劇。正体が分かっても全然驚けないのですよ。

ああもう、ここらへんは他に読んだ人と是非話し合いたいです。

(3)ラストが冗長。

今回、アメリカ建国時の歴史、フリーメイソンが隠す究極の秘密とNoetic Science、その他色々なネタをごった煮にしてますが、今回は前作、前々作より上手くまとまってない印象が強いです。その証拠ってわけじゃないんですが、ラストが冗長。事件が終わってからの登場人物同士の語り(=説明)が長すぎます。

一応、色々面白いネタは出てくるのですが、「そういうことは本筋の中に絡めては如何でしょうか?」と言いたくなることがしばしば。

しかもその語り手ってのが、数時間前に○○を失ったり、○○を亡くしたばかりか、○○の正体が○○だったりしてて、本当だったら凄まじい精神的/肉体的ショックを受けて一週間くらい寝込んでるべきなのに、なんだか元気にゆったりと楽しくお喋りしたりしてて、読んでいて異様な感じがします。

この部分、例えば「1年後」とか、それで長いってんなら「半年後」にしても全然構わないはずなのに、なんでそうしなかったんでしょうか。

あまりにも異常な感じがしたので、ひょっとしたら残り数ページでどんでん返しがくるかと思ってハラハラしました。(←ディーバーシンドロームと名付けたい)

結局、最後に至っても本当に何にも無いので、「いろいろ言い残したから、ここでまとめて言っといたからね!」という印象だけが残ってます。

(4)国家を揺るがす秘密?

「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」過去の2作品ではそれなりに大きな秘密が存在して、どちらも、防げなかったら世界的な事件になること間違いなし、という設定でした。

が、今回の「The Lost Symbol」では何と言うか、その秘密の存在がショボすぎます。

作中、中心人物の一人がその「秘密」を知って顔面蒼白になって震えだすんで、一体どんな凄まじい秘密なのか、とか思ってましたが、実際にその内容を知ると、

「え?・・・それだけ?」

と思っちゃいます。どうなんだろう、アメリカ人は違う捉え方をするんですかね。

個人的には、秘密のショボさのあまり、クライマックスに至ってもそんなにハラハラできませんでいた。

うーむ。

(5)擬似科学が入ってる。

所詮フィクションなんだから、そんなことに目くじらを立てても仕方がないと言われそうですが、Noetic Scienceに絡めて、日本がいまや世界に誇る疑似科学、「水からの伝言」のネタが入ってます。そうあの、あれです。水に声をかけると色んな結晶が出来るって奴。

これも作品に関係ある嘘(=フィクション)ならそれで良いんですが、ダン・ブラウンはご丁寧に作品の前書きで、

「この作品に登場する科学はrealである」

とか書いちゃってるし。駄目じゃん。
そもそも、Noetic Scienceがいつからきちんとした科学になったんだ。

まぁ、この点は個人の好みなんですけどね。でもこれで私にとって、この作品の魅力が随分減点されたのは間違いありません。

その他にも、そもそもダン・ブラウンの宗教観自体が浅くない?とか、いくら「巻き込まれ型」だからって、3作目になっても主人公が全然成長しないのは何故?とか、悪役の行動原理が無茶苦茶じゃない?とか、ジャンル小説に求めちゃいけないようなツッコミが浮かんできますが、これ以上書いていても野暮な気がするので止めておきます。

というわけで、ダラダラ書いてきましたが、この作品の個人的評価としては、

「天使と悪魔」よりかなり落ちる。「ダビンチ・コード」よりも下の出来。でも、ワシントンD.C.に行く人は飛行機の中で読めばきっと楽しい。

そんなところでしょうか。

あと、次作では大富豪を出すのは禁止。

ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/10/23 01:24】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<休養中 | ホーム | 怖い話。>>
コメント
イノウエでなく‥‥
「ハーレクインロマンス」読んで、「インド人とイギリス人のハーフの、エキゾチックで精悍で洗練された青年実業家」が出て来て本を床に叩き付けるみたいなもんですね。
なにせ今私のバッグの中には、一ヶ月前に買って1ページも読んでないScarpettaが入ったまんまですので、The Lost Symbolに行く余裕もないわけですが、でも、とっても読んでみたくなりました。その前に前二作を本棚から出しておさらいしないと。(もちろん日本語ですけど。)
昔、井上君って同級生がアメリカ人の教授からイヌエって呼ばれてたんです。だからInoueと書いても発音はイヌエで、彼女の名前は佐藤犬江でしょう。
【2009/11/09 14:09】 URL | 蓮姫さま #J05bfUSs[ 編集] | page top↑
昨日私も読み終わって日本人の感想に興味があってこちらにたどり着きました。私が思うに井上サトさんではないですか?前アナウンサーに近藤サトさんがいましたよね。そんな感じのサト、という名前なのかな、と。
人物設定としては日本人の捕虜キャンプにいた設定だったと思うので歳もとっているのかと。
Satoとなるとセエートと発音する感じでしょうか。
【2009/11/09 14:17】 URL | 名前っておもしろいですよね #-[ 編集] | page top↑
>蓮姫さん

コメントありがとうございます。返信が遅くなってすみません。

Scarpettaって、最新作のScarpetta Factorでしょうか?あのシリーズは最初の4・5作を読んでからしばらくご無沙汰しております。Marinoが好きだったんですが、なんだかずーっと報われないので。

ラングドンシリーズはさくさくっと読めるので、そういう意味で(どういう意味だ)お勧めです。

【2009/11/13 11:05】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
>名前っておもしろいですよね さん

コメント有難うございました。

井上サト論、エントリにも書いたように、私も可能性は考えたんですが、多分単純にダン・ブラウンの勘違いだと思います。作中の表記(および他の登場人物からの呼ばれ方)もずーっとSatoですからね。普通、あの設定じゃあ、ファーストネームじゃ呼ばれないでしょう。

Sato Inoueならまだ救われたんですが・・・。

でも日本語版はイノウエ・サトになるでしょうね。きっと。
【2009/11/13 11:13】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
擬似科学
どうも、今上巻の冒頭を読んでいたのですが、
氷の結晶のところで「ああ擬似科学か…」とガクッときてしまいました。
というより、それが事実であるとされている事が問題ですね。
ダンブラウンのラングドンシリーズが好きなだけにちょっと残念です。
【2010/04/12 20:52】 URL | 通りすがり #GQEFYWds[ 編集] | page top↑
>通りすがりさん

>というより、それが事実であるとされている事が問題ですね。

そうなんですよね。私もダン・ブラウンは嫌いじゃないですし、彼が作品で開陳する「歴史の真実」ってのが嘘っぱちってことには全然文句はありません。フィクションだから。

でも疑似科学も真実だ、と言ってしまうのはちょっと問題があると思います。

ちなみに「水からの伝言」はアメリカでも人気があるようで、ここ数年ちらほら信者を見かけるようになりました・・・。困ったもんだ。
【2010/04/14 11:27】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
最近読み終わって、なんとも言い切れない気分になってるときにこのページをみつけました。

そのなんとも言えない感想、twitetta様が(1)~(5)で見事に表現してくれていました。

「イノウエ・サトーという名付けのガッカリ感がこの作品全体を象徴してる」
ほんと、この一文に尽きますね。

ちなみに私は原文で読みましたが、作品を通して“director Sato ”となっていたので、残念ながらやはり佐藤という苗字ですね……。
【2011/09/06 22:04】 URL | 秘密、ショボ…… #-[ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
コメント有難うございます。この作品に関するもやもやを共有できたとしたら、嬉しい限りです。

ダン・ブラウンの作風自体は嫌いじゃないので、次回作はもう少しなんとかして欲しいのですが・・・。
【2011/09/14 03:46】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/592-98cf8080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。