TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
遠きにありて思ふもの
アメリカ生活も4年経ちました。

振り返ってみれば、色々書いてみたいことも浮かんできますが、まぁ今回、難しい話は抜きで。

ちょっと気が早いのですが、年末の帰国スケジュールが決まりました。

そして、さらに気が早いのですが、日本に帰るたびに頭を悩ませるのが友人と会うスケジューリング。

限られた日数で、出来るだけ多くの友人と旧交を温めたいと思うものの、上手いこといった例がありません。

大抵の場合、私は平日も暇だったりするのですが、友人達は当然ほとんどが勤め人。

週末の夜に集中する傾向が高いです。当たり前ですがね。

また、私も暇と言ったって、連日連夜飲み歩くわけにも行きません。

それでも色々考えたり調整したりして、やりくりに励むのですが、どうしても会えない人も出てきます。

そんな人には電話をしたり、メールをしたり、はたまた心の中で手を合わせてお詫びをしたりするのですが、距離が狭まらないのは変わらない。

気づけば段々と疎遠になってしまったり、お互いを取り巻く環境が変わりすぎてしまって、会ってみたものの、なんだか以前のようには盛り上がらないなんてこともしばしば。

残念なことです。

誰の言葉か忘れましたが、友人というのは洋服と同じで、体型が変わったり、流行が変わったり、年月が経つと擦り切れてしまって着れなくなることもあるそうで。

この言葉には、それを言ってる本人だって、他人にとっては洋服なのだという視点が欠けているのと、一方で、普段、全然連絡を取らないのにツーカーで分かり合える人もいるので、普遍的真理かって言うとちょっと違うと思いますが、年月が人間関係を不可逆的に変化させてしまうことがあるのは事実。

何にせよ、どっちが悪いってわけではないのに、ただ変化してしまう関係、もう戻れない「楽しかったあの頃」なんてものを懐かしく思うことも多くなってきました。

なんの話だったっけ。

えーと、そうだ。

私が帰国のたびに比較的良く会う面子として、大学時代の同級生というのがいます。所属していたサークルの同期ですね。

全員集まれば多分20人弱くらいなのでしょうが、卒業して早10数年、最近は私が帰国するタイミングで飲むのが同期の集まるきっかけになってるようなところがありました。

んなもんで、私も帰国するときはなるべく連絡をするようにしていました。

振り返れば4年前、渡米直前のときは10数人が集まってくれました。ブログにもなんかそこらへんのことは書いた気がします。

それからしばらくは半年おきくらいに一時帰国をして、大概会ってたりしたのですが、ちょっと気になることが。

段々集まる人数が減ってきました。

最近では10人も集まらず、私を含めて6・7人程度。

いや良いんです。皆さんだって仕事や家庭が忙しい。大体、上にも書いたように、私なんざ集まる言い訳の一つくらいなもんで、皆が私一人に会いに来てくれてるわけでもないので、個人的に気に病む必要はないのだ。

でも、なんだか寂しい想いがするのも事実。

そして先日のこと。

今年の帰国スケジュールが決まったので、なんとなく同窓の一人(nakanie:仮名)に連絡したところ、帰ってきたメールの末尾にあった言葉がこちら。


>飲み会の場所はホットペッパー送るので勝手に予約して下さい。



いくらなんでもこの洋服は擦り切れ過ぎだと思う。



ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/07 00:02】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<妻とか自慢 | ホーム | Uh-oh, you're in trouble.>>
コメント
う~ん
さすがにそれはちょっと寂しいですな。

私も一番旧友と会えたのは何気に初発時に皆が面会に来てくれた時だったりします。

いよいよ死にそうと思うと皆集まってくれますよv-218

ちょっとブラック過ぎでしたv-40
【2009/09/07 19:01】 URL | ミコタマのパパ #-[ 編集] | page top↑
ごぶさたしております。
cs-ito?あ、そんな人いたかも!
と、コメントを見て思い出して頂けれるだけで、私の心はいっぱいです(笑)

ではでは。
【2009/09/13 09:29】 URL | cs-ito #-[ 編集] | page top↑
Re: う~ん
>ミコタマのパパ さん

返信が遅くなってすみません。

> いよいよ死にそうと思うと皆集まってくれますよv-218
>
> ちょっとブラック過ぎでしたv-40

不謹慎とは思いつつも笑ってしまいました。

有難いけど、その一方でなんと言うか物凄い冷めた自分がいる、という感じでしょうか。
何事もコインの両面ですね。
【2009/09/15 00:05】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
Re: ごぶさたしております。
>cs-itoさん

ご無沙汰してます。面倒くさい画像認証にもめげず、コメントをいただきましてありがとうございます。

> cs-ito?あ、そんな人いたかも!
> と、コメントを見て思い出して頂けれるだけで、私の心はいっぱいです(笑)

そんな人いたかも!なんて滅相も無い。いつもcs-itosanのことで私の頭は一杯です。

今日もシアトルの秋を眺めつつ、頬杖をつきながら

「cs-itoさんは今頃どうしてるかな・・・」と想いを馳せていたくらいです。

いや勿論嘘ですが。

お元気そうでなによりです。またのお越しをお待ちしてます。
【2009/09/15 00:09】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
超久しぶりに覗きにきました。
マンモス懐かPです。
2年ぶりくらいかな?
ホットペッパーのことはジョークだよ、ジョーク。
みんな、待ってるよ。
リクエストがあれば予約取るから言ってくれたまへ。
俺と君を含めて3人は来るはずだ!!
土産話ではないお土産を待ってます。
それではまた。
【2009/09/22 07:44】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
>nakanie

やあ久しぶり。勇気を振り絞ってコメントありがとう。

>マンモス懐かPです。

多分時事ネタなんだよね。

・・・でも考えてみれば君は学生時代からずーっとノリP語を使っていたような気がするので、正直判断がつきません。

リクエストなんて大それたことが出来る身分じゃないんですが、出来ればホットペッパーに載ってないお店に行きたいくらいです。

ではみんな(3人)で飲みましょう。

ではでは。
【2009/09/24 10:20】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
えーっ、連絡ないけど(笑)
年末、どこかでお時間ありませんかね?どうも専門分野が近そうという印象を持っておりまして、いつかお会いできると良いなと考えてきました。ご検討くださいな。
【2009/10/03 10:02】 URL | 酒井穣 #enDmEMOA[ 編集] | page top↑
>酒井様

既にメールも送りましたが、一応ここにも返信をしておきます。

日本でお会いできることを楽しみにしております。
【2009/10/08 17:04】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/586-639d4ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。