TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Uh-oh, you're in trouble.
なんか忙しく更新できてません。ちなみにプロジェクトは9月まで延長されました。

とりあえず娘の成長について。

相変わらず成長は著しく、随分言葉が分かるようになってきたようです。

少なくとも、こちらの話す内容はある程度理解できるらしく、簡単な指示には(気分によって)従うようになりました。

「ケメ、お父さんにあれ持ってってー」

とかそんなの。

ふと気づけば子供の前ではお互いのことを「お父さん」「お母さん」呼ばわりし始めていることに驚いたりしますが、それはさておき。

面白いことに、娘は英語での指示についても同じくらいの理解度を示してるみたいです。

基本的に、私達は娘に日本語で話しかけるのですが、聞くところによればデイケアでの先生の話も随分理解してるとのこと。

一体彼女の脳みその中では、2ヶ国語がどのように処理されているのか興味があります。

きっとリスニングに関して言えば、私より娘の方が優れてるに違いない。デイケアの先生との話を通訳してくれる日も近いかも。

じゃあ喋る方はどうかといえば、こちらはまだまだ。

前にも書いた気がしますが、「エルモー」というのが頻出単語ナンバー1です。ベストテンで言えばルビーの指輪。よくわかんないけど。

町中で赤くて小さいモンスターを発見しては、「エルモー!」

部屋の隅で転がってるぬいぐるみを指差しては「エルモー!」

アンパンマンを見ては「エルモー!」

そう。理屈は良くわかりませんが、エルモじゃないものでも「エルモ」呼ばわり。

一応ね、他の単語もボチボチ喋る始めてるんですが、二語文なんかはもっと先の話でしょうね。

そんな現在ですが、「エルモ」を追撃している単語がこちら。

「オ、オー」

日本語で言うところの「あーあ」って奴です。そう、アメリカ人がなんかやらかした時に口をつくあれ。
英語表記は「uh-oh」になるんですかね。

別に私達がアメリカナイズされて言ってるわけじゃなく、これもデイケア仕込み。

子供達が何かをやらかしたときに、きまって先生が言う

「オ、オー」

を聞き続けているためらしい。

なので、我が家でも、娘は食事中、テーブルから勢い良くボトルを叩き落しては、さも意外なことだったかのようにこちらを見て、

「オ、オー」

と呟いてます。

「お前がやったんだろ!」って言う突っ込みも良く見る風景。

自分が積極的に招いた事態に対しても言うあたり、まだ使い方が飲み込めてないようです。

そして昨日のこと。

デイケアで娘をピックアップ。

後部座席に取り付けたチャイルドシートに娘をはめ込もうとします。

その日の気分によりますが、たまに娘はチャイルドシートに収まるのを嫌がります。その頑固さは碇シンジ君並。

大声で泣きながら、チャイルドシートの上に文字通りブリッジしてはその体勢を維持してみたり。なんか凄い光景です。

ちょっと前までは、ブリッジした娘の胴体を下から軽く支えて、疲れて崩れ落ちる=シートにすっぽり落ち込むのを待っていたのですが、

最近は私も少し賢くなり、ちょっとしたテクニックを使ってます。

後部座席の窓の上にある手すり、正式名称は知りませんが横についてる奴。

その間にエルモの小さいぬいぐるみを前もって挟んでおきます。

するとあら不思議、後部座席に運び込まれる娘は、「やべえ縛り付けられる!」と身を反り返らせる前にエルモに気づき

「エルモー!」

そう言ってる間に私がカチャリカチャリとシートベルトを嵌めてしまうという按配。

いや。便利な時代になりました。

このテクニックを発見してからは、娘がチャイルドシートを嫌がることがほとんどありません。

そんな感じで、私はいつも通り娘を抱きかかえながらデイケア駐車場に向かい、車のドアをオープン。

襷がけにしたバッグに悪戦苦闘しながらも、両手で娘を支えると、チャイルドシートにドスン。

ふと気がつけば、いつも挟まってるエルモがいません。

しまった忘れてた。

幸いなことに、その時機嫌が悪くなかった娘は問題もなくシートに収まりましたが、視線は車のドアの上部付近を凝視。

そう。エルモの指定席。

でもそこには何もない。

娘はなんだかきょとんとした目付きで指をさし、

「エルモー」

と呟きます。

それから訝しげな様子で今度は私の顔を見て、

「エルモー」

そしてもう一度確認するように上を指さし、

「エルモー」

また私の顔を見て、心持ち首をかしげながら

「エルモ・・・」

私は己の迂闊さを呪いながら、娘に説明します。

「ごめんねーケメー。今日はエルモ無いんだよー。お父さん忘れてきちゃったー。・・・あはは」

うすら笑いで誤魔化そうとする私。

そんな私の顔を見つめながら、軽く眉間に皺を寄せつつ、娘ははっきりとこう言いました。

「オ、オー。」

うん。その使い方は正しい。

ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/01 23:13】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<遠きにありて思ふもの | ホーム | District 9 は近年稀に見るSF魂あふれる傑作。>>
コメント
母親がドラえもんが好きだったことを思い出し、「そっちはエルもか!」と感慨深し。
人間の脳細胞では、5つの言葉の入るポケットが用意されているとか、まだまだブルガリア語、スペイン語等入る可能性高い。でもこちらからは日本語で話しかけるしかない。後は博多弁と。では
【2009/09/02 16:23】 URL | kamojiji #-[ 編集] | page top↑
>kamojiji様

返信が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

ドラえもんとエルモ、私も子供のときにドラえもんが大好きだったので、どっちかというと猫型ロボットに肩入れしたいのですが、アメリカでは難しいでしょうね。

ちなみに、しずかちゃんの入浴シーンなどが問題視されて、なかなかアメリカではドラえもんは流通しづらい、という嘘のような本当の説があります。

>人間の脳細胞では、5つの言葉の入るポケットが用意されている

それは知りませんでした。娘の可能性に想いを馳せると同時に、自分のポケットはなんで一個しか見当たらないのだろうと軽く絶望しました。返品したほうが良いのでしょうか。

博多弁講義の日が近づいてきてますね。なにとぞご教授お願い致します。
【2009/09/06 23:23】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/585-af1c8c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。