TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ンーッマ!
というわけで、2週間の滞在などあっという間。気づけば両親が日本に帰って一週間経ってしまってます。

お蔭様で、日ごろウェブカメラでしか見る事が出来ない孫娘と実際に触れてもらい、多少なりとも親孝行が出来たような気がします。

わざわざ来てもらった癖に「親孝行」もないものですが。

滞在中は、幸い天候にも恵まれ、それほど暑すぎず寒すぎず、初夏を迎えたシアトルの自然を楽しんでもらえたようでなによりです。

今回実感したのは、なんというか年々別れが辛くなるなぁということ。

空港まで娘と一緒に両親を見送りに行ったのですが、何とも寂しいものがありました。

シカゴに留学しているときは、最短で2年経ったら日本に帰る可能性もあったので、それほど寂しさを感じることも無かったのですが、気づけば、いまや帰国予定が未定の私達家族。

アメリカで一生過ごすつもりはないので、いつかは帰るつもりですが、来年とか再来年とかには必ず帰ると決めてるわけじゃありません。

とはいえ、経済状況によっては来年にも帰ってる可能性だって数%はあるわけで。そんな曖昧さもまたなんとも嫌な感じ。

シカゴよりは近いとは言え、毎度両親に8時間超のフライトを強いるというのはやっぱり心苦しいものがあります。

私達が頻繁に帰ることが出来れば一番なのですが、これも簡単にはいかない。

親子が会うというだけなのに、なんとも面倒なことになってしまったものです。

心の片隅でそんな感慨に耽りつつ、カウンターでチェックインを済ませた両親と共に、手荷物検査の列へ向かいます。

私の足元では、娘が最近のマイブームである「投げキッス」を両親だけでなく、目に入る人全てに振り撒いてます。

ンーッマ!

ンーッマ!

投げつけられた人達は笑顔と共に「あら可愛い!」「なんてキュートなんでしょう!」と絶賛の嵐。

「えへへ。どうもどうも」娘の代わりにお礼を言う私。

こんな可愛い盛りの孫に気軽に会わせることが出来ないなんて、私はとんでもない親不孝者なのかもしれない。

そんなことも考えながら、別れの挨拶もそこそこに、手荷物検査の人の流れに消えていく両親の後姿を見ていると、なんとも切ない気持ちに。

私も親に向かって盛大に投げキッスでも出来れば良いんだけどね。そういう柄じゃないんだ。これが。

よくビジネスでは世界はフラット化してると言われますが、なんだろう、私の気持ちは全然フラットじゃないや。

ありがとうございました。そしてごめんなさい。

そんな言葉を娘が繰り返す「ンーッマ!」に乗せて心の中で呟くしかできません。

なんだか鼻の奥がキューッとしてきた。

これはいかん。いい年してちょっとみっともない。何か気をそらさないと。

慌てて娘を抱くと、両手で高々と差し上げて両親に向かって振ってみます。

娘がブランブラン。

遠くの両親に見えるように。ブランブラン。ブランブラン。

体重10kgを越えた娘を支える私の両腕は軽く悲鳴を上げ始め、あわせて大胸筋までピクピク言い始めました。

すると突然、先日母親が言ったという、こんな言葉が再生されました。




カナダに旅行中、目指すレストランの場所を確認するため、一人車を降りていた私。

あいにく閉店していたので、妻子と両親が待つ車に駆けて戻ります。

Tシャツの下では、私の鍛え上げられた挙句長いこと放置されただらしない大胸筋の残滓が小刻みに震えてました。

その様子を見て、母が言った言葉。

「あら、なんだかノーブラのおばさんみたいじゃない?」



なんか違う意味で泣けてきた。

ではまた。
【2009/07/08 11:24】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<悪趣味メタファー。またはTMI。 | ホーム | 食べ物で綴るカナダ旅行記。>>
コメント
じ~んと
来ちゃいました。
なんだかTwittetaさんの暖かい心に触れて感動です。

うちは今のところ両家が近いのでさほど苦もなく会えるのですが、お互いにとって良かったのかなぁ?

孫に会いに行くついでに海外旅行できるってある意味幸せなイメージでしたが、複雑ですね。

私も体重合わせて20kgを優に超える2人を抱っこして鍛えております。

張りのあるおっぱいを保つために・・・

【2009/07/08 18:37】 URL | ミコタマのパパ #-[ 編集] | page top↑
>ミコタマのパパさん

>なんだかTwittetaさんの暖かい心に触れて感動です。

いえいえ、そんな言葉を頂けるような人間では御座いません、お恥ずかしい。

>うちは今のところ両家が近いのでさほど苦もなく会えるのですが、お互いにとって良かったのかなぁ?

私も日本に居たときはどちらの実家にも近かったのですが、思い返してみれば恵まれていたと思いますよ。いや、本当に。

>張りのあるおっぱいを保つために・・・

そうですね。お互い頑張りましょう(笑)
日本じゃ男性向けのブラジャーもあるようですが、使い心地はどう(以下気持ち悪いので略)
【2009/07/10 13:13】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
満点大笑!
JDの件で、お世話になっている「ゆーみん」です。

この日記!仕事の合間に見たのですが、ふきだしました。
よかったぁ、コーヒーを飲んでなくて。
思わず拍手をクリック!!!
爆笑レッドカーペットなら「満点大笑」です。
あ、これは「親孝行」の泣けるお話でしたね。
失礼いたしました~。

【2009/07/11 02:22】 URL | ゆーみん #-[ 編集] | page top↑
>ゆーみんさん

ブログにコメント頂けるとは、すみません。しかも満点大笑まで・・・どうもありがとうございます。

多分母の発言に吹き出したんだと推測致しますが、私もこれを聞いたときは吹き出しました。涙も出たけど。

ではまた。
【2009/07/12 23:12】 URL | twitetta #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/574-e5da73b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。