TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヨと田
昨日は各地で大雪警報が出ていて大騒ぎ。

妻もそうそうに自宅勤務に決定し、託児所にも「今日は行かない」と連絡。

2年前くらい前には、大雪で一週間停電が続いたという恐ろしい話を聞いていたので、暖炉用の薪と、蝋燭、非常食まで購入して雪に備える。

日曜日に天気予報を聞いたときには、水曜日の降雪確率は70%でした。

火曜日に聞いたら80%。

当日の朝には100%と言ってる。そりゃー降るだろう。

と、思いきや。

全然降らない。雨がぱらつく程度。

いや確かに、北部や南部なんかでは結構降っていて、雪にまみれた町なんかではコーヒースタンドのお姉ちゃんが超薄着!てかビキニ!みたいなくだらないニュースも流れていたりしたのだけど、我が家の周辺は全く持って雪知らず。

それどころか、一時は太陽さえ顔をのぞかせた。

天気予報のいい加減さに腹が立つ一方で、ちょっと安心したりして。

停電は嫌ですからね。やっぱり。

すると、深夜。

一瞬の光とともに恐ろしい音が。2リットルのコーラを一気飲みしたあとに出てくるげっぷのような延々と続く轟音。

雷だ。

雪じゃなくて。

雨冠に"ヨ"と"田"の違いだったのかしら、やっぱりアメリカ人には漢字って難しいのかもね。

ブラインドを上下に掻き分け、外を覗くとそこは一面の雪景色。

雪国育ちじゃないので良く分かりませんが、雷と雪ってあんまりないコンビネーションな気がします。えらく食い合わせが悪そう。

んな私の感想はさておき、雪の勢いは増す一方。

夜が明けたら、大変なことになっておりました。

歩道は上質のパウダースノーで包まれてほんわりとしており、路面はカッチンカッチンのツルンツルン。

家の前をベンツがお尻を左右に振りながら、ヨタヨタと通り過ぎていて。

シカゴに住んでいたときは、粉雪がチラついたくらいでも除雪車が出動していましたが、ここシアトルではそんなこともなく、見事に都市機能が停止しております。

ひょっとしたら停電なんかもあるかもしれません。ので、日本の皆さんいきなり我が家と連絡が取れなくなってもどうか驚かずにいて下さい。

ではまた。

雪景色
【2008/12/18 02:33】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<戦いのヒブタは切られた。 | ホーム | 寒い。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/534-59b3e33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。