TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メリーさんの羊たちの沈黙
小さい子供がいる家庭はどこもそうでしょうが、我が家も最近は童謡がヘビーローテーション。

童謡のCDをかけた途端むずかるの止め「ハッ!」とステレオの方を向くのだから、子供って面白い。なぜクレージーケンバンドではダメなのか。

お蔭様で、私達夫婦の頭の中も一日中童謡が駆け巡っております。

ところで、この年になって童謡を聴くと、意外にディティールを知らなかったことに驚きます。

例えば「メリーさんの羊」

一番の「メーリさんのひつじーカワイイなー」というところまではどなたもご存知でしょうが、果たしてあの歌がどんな結末になるということは、どれくらい認知されてることでしょうか。

我が家のCDには歌い手が異なる複数のバージョンが存在しますが、全て歌詞は一緒。

こんな感じです。

 メリーさんの後を追っかけていき、学校までついて来てしまった羊。

 そのせいでメリーさんは、「アハハ アハハ」と皆の笑いものに。



可哀想なメリーさん。

さらに追い討ちをかけるような展開が。

救いの手を伸ばしてくれるはずの先生は、
何をどう勘違いしたか、「カンカンに怒って」「追い出し」てしまいます。

どうにも困ったメリーさんは「シクシク泣き出し」てしまう。



歌終了。

「ええええっ!?」と叫んでしまいましたよ、最初に聴いたとき。

なんたる悲劇的な結末。

この先生の尻の・・・いや消化器官の出口が大きくないサマは尋常じゃありません。思わず怒りに震えてしまいました。

歌詞には明示されてませんが、この馬鹿教師が、羊だけならまだしもメリーさんまで追い出したのであれば、これはもう教育者失格です。教育を受ける権利をどう考えてるんだ。モンスターペアレンツに食われてしまえ。

こんなことでムキになるのもどうかと思ったのですが、結構ショックだったので、元の歌詞をwikipediaで調べてしまいました。

すると、原詩ではこんな感じ。

先生に追い出された羊は、学校の近くに留まり、辛抱強くメリーさんが姿を現すのを待ち続けます。

それを見ていた子供達は「なんであの羊はメリーさんのことをあんなに好きなの?」と尋ねます。

先生は答えます。「それはね、メリーさんがあの羊を好きだからだよ」



なんか素敵なエピソードじゃないですか。良い先生だ。教育者合格。

にしても日本語版は、なんで最後の結末を省くかな。

土曜の昼間に12チャンでやってる洋画じゃあるまいし、タチが悪いったらありゃしません。

とにかく、メリーさんも羊もそれほどひどい目に合わず済み、周りの生徒も「愛情」の意味を知る良い機会を得て、先生も格好良いところを見せられたようで安心しました。四方丸く納まり、win-win-win-winですね。蝉かよ。

残念ながら、我が家のCDに入ってるのはどれも悲しい結末なので、娘が歌の意味を聞き取れるようになった暁には、この歌が流れるたびに細かく注釈を加えてあげることにします。

絶対うざがられそうだけど。

ではまた。

追記 

ちなみにこのメリーさんの羊、実際の出来事をベースにした歌という説が根強いです(wikipediaも実在説を採ってます)が、それを否定する見解もあります。というか諸説ありすぎ。

「実在するメリーさんの羊は、ほどなく牛に突かれて死亡。この歌はその悲しみを癒すために作られたのだ」というものから、はたまた「この歌のメリー(Mary)はいわゆる聖母マリアであり、羊はなんとイエス・キリスト(その白い羊毛は無原罪を表す)なのだ」、というダビンチコード真っ青な説まで色々あります。更には、メリーさんの羊の羊毛の使い道にも議論があり、メリーさんの着るセーターの材料になった説から、南北戦争の戦費調達に使われたってものや・・・ってここらへんでは私は面倒になって調べるのをやめましたが、興味のある方は調べてみては如何でしょうか。
【2008/12/11 15:42】 | Lost in Translation | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<寒い。 | ホーム | ボブ・リー・スワガー、正気に戻る。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/13 10:46】 | #[ 編集] | page top↑
デンバーの羊たちの沈黙
うちの近所にも羊が二匹いたんですけどね~。いつの間にかいなくなってたんですよねえ。飼い主はメリーさんじゃなくて豚を食べない人達に見えましたから、結局あの羊達はペットじゃなくて食料だったのでしょうか。悲しい結末です。
【2008/12/13 22:41】 URL | 蓮姫 #J05bfUSs[ 編集] | page top↑
Re: HappyBirthday
>鍵コメ様

コメント有難うございます。無事に年をとりました。
今の時期、学生は大変ですよねぇ。我が家も定期的にどんよりとした空気に包まれておりました。でも高い山を越えたときこそ、凄まじいスピードで直滑降できるというものですよ。って何の喩え何だか分かりませんが、頑張ってください。応援してます。
【2008/12/15 14:28】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
Re: デンバーの羊たちの沈黙
>蓮姫様

悲しい話をシェアして頂き有難うございました。羊毛じゃなくて食料ですか。。。それは悲しい。せめてその二匹の羊が羊の天国でメェメェと幸せに暮らしていることを祈ります。

ジンギスカンが好きなくせに、こんなこと言っても何の説得力もない私です。
【2008/12/15 14:31】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/532-3be96b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。