TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
シカゴピザを食ってみた
8時頃起床。今日はこれまでのホテルをチェックアウトして、新たなホテルに行かねばならない。
移動が発生するものの、トータルでは色々とメリットがあるので当初からこういう計画を立てていた。

そもそも、私達が滞在したTravelodgeというホテルの周辺はあまり治安の良いところではなく、夜も遅くなるとちょっと出歩くのは怖いところ。昨夜もホテルに帰る道すがら、街角にぼーっと立っては、道行く人と「どうも何かとお金をやり取りしてるように見える」人や、人気の無い駐車場で、なんだか「車のトランクを開けて中身についてあれこれ議論しているように見える」人達がいて、変な想像力が掻き立てられる場所でありました。

それにホテルの部屋にインターネット環境が無いってのが痛かった。今の時代、インターネットで色々調べられないってのは何かと不便なものです。

そんなわけで、今度はHotel71に移動。大きなトランクにまみれて、どうやって移動しようかと思っていたが、妻のMBA同級生になるK氏が車を出してくれたおかげで、恐ろしくスムーズに移動が完了。有り難や有り難や。

昼飯として、とうとうあのシカゴピザに挑戦することにする。
シカゴピザというのはディープ・ディッシュ・ピザとも言い、もの凄く生地の分厚いピザのこと。見た目としては、でかいタルトとかキッシュに近い。
シカゴ名物を挙げるとすると、かなり上位に来るメニューです。
自他共にピザ好きを認めるアタクシとしては、食べない訳には行きません。

人気のお店は既に渡米初日、不動産会社のWendyさんに聞いてました。Gino's East Pizzariaでございます。地球の歩き方にも紹介されているが、やはりディープ・ディッシュ・ピザならここが一番!らしい。

ラッキーなことに並ばずに店内に入れる。テーブルに着いてまず驚くのは、店中に隈無く書き込まれた落書きの数!
この店では客に対して店内に自分の名前を書くことを薦めており、店の壁と言う壁、椅子、柱、あらゆるところに何重もの名前の書き込みがされている。ほとんど判読が出来ないくらい。高い天井にもいくつか名前が書き込まれており、一体どうやったのか想像もつかない。店の入り口には「どこに名前を書いても良いけど、店員には書かないでね」とのメッセージが。あぁアメリカンジョークですか面白いですね。

サラダと飲み物、あと一番シンプルなピザのSmallをオーダーする。サラダと飲み物はすぐ来るが、ピザはなかなか来ない。窯で焼くのに時間がかかっているのだろう。店内には様々なサイズのピザがテーブルを行き来している。つーか、ちょっとした丸テーブルみたいのが運ばれてますけどあれもピザか?あの大きさ、日本だったら郊外にマイホームをお持ちの田中さん一家が、毎朝あれをテーブルにして美味しく朝食が頂けるくらいの大きさがあるんですが?
その途方もなくデカいピザを、デブ父、デブ母、デブ息子、デブ娘のデブ四段活用みたいなデブ家族がモリモリ食ってたり。すげぇなこの国は。デブにあらずんば人にあらずの勢いです。
そんな風景に心を躍らせること小一時間、とうとう私達のもとにもピザが。
でけー!Smallでこれですか!




皿に乗っているのが4分の1。向かいの妻の拳の大きさと比べて頂くと、そのサイズが分かろうというもの。

意を決してむさぼるように食らいつく私。2ピースが私のノルマ。食うか食われるか。この勝負、負ける訳には参りません。



20分後。辛勝。げふ。
良く溶け、異常に伸びるチーズ、酸味のある味わい深いトマトソース。香ばしい生地。確かに素晴らしいピザでした。旨いですよ。確かに。凄いピザです。

でもこのボリュームは。正直半年に一度くらいで良いや。なんか体の中が全部ピザになったような心持ちです。ピザを食ったんだかピザに食われたんだか分かりません。

結局この日、この後もダウンタウン中を色々と散策したのだが、あまり覚えてない。多分胃につまったピザを消化するのに、脳みその血まで胃袋に回ったためだと思われ。

今回のピザ勝負、試合に勝って勝負に負けたとはこのことですな。よく分かんねぇけどさ。
【2005/08/14 14:50】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<Band a'part vol.1 | ホーム | 地下鉄に乗ってみた>>
コメント
はじめまして。いまさらながらですが、最初のエントリから、一人PC向かって笑いながら拝読しております。
ちょうど1年前にシカゴを訪れた時、「歩き方」を持ってこの店に行きました。おまえ一人で食えんのかよ、ってな店員の薄笑いにムカついて、一気に食い干した思い出が蘇ります(笑)。
【2005/12/19 07:05】 URL | crosswordstranger #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/53-d9e6f809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。