TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
卒業式の思い出(2日目)
すっかり過去の話となった気もする卒業式。
もう書く時期を逸したように思えたので、いっそアップするのをやめようかとも思いましたが、諺にいわく、Better latte than never、飲まないくらいならラテでもいいじゃん、と申しますので、続きも書いてみる。

最早ディティールは記憶の彼方へ去ってしまいましたが、それでも残ったものにこそ何らかの価値があるのかも知れない。

多分無いけど。
ま。備忘録として。

<2日目>

今日は学部別卒業式、ようやくディプロマがこの手に入ります。

式は9時からですが、卒業生は写真撮影のために8時にはキャンパスに着いてなければなりません。

4時間という微妙な時差ぼけで体内時計が狂い気味の私は、両親とともにタクシーでエヴァンストンへ。

やや曇ってるものの、キャンパスは緑に包まれ、とても美しい風景。

去年は毎日色々な感情に揉まれながら歩いた道ですが、今ではここで学生をしていたことすらちょっと信じられない。

今こうしてガウンを着ているのすら、何かの悪い冗談のような気がしてくる。

それでも、集合写真を撮る場所に行くと懐かしい顔が。クラスメイトのAが受付をやってました。

「あらーtwitetta!久しぶりー!」

ハグとともにコングラッチュレーションでこんにちは。

「みんなあそこにいるわよ!」

指をさされた方向を見れば、見知った顔がいくつも。おお、やっぱり俺はここの学生だったのか。

小さな輪となって談笑している、クラスメイトの方に向かい、恥ずかしさを隠しながら挨拶してみる。

入学当初から良くしてくれたT、チームプロジェクトでいつも一緒だったS、辛いときに励ましてくれたS、
留学生にとことん不親切だったR、親切そうで、全然そうでなかったSなどなど、好悪入り混じる面々と抱擁の数々。

たどたどしい英語で久闊を叙してみる。

ちなみに「久闊を叙する」excite翻訳すると、"Hisashi is depicted."と出る。ヒサシ君て誰。

卒論どうだった?

3日前にOKもらった。サマリー送ったの昨日。

おお。私より重症がいた。

んな話をしているうちに、写真撮影の準備が始まった。

前列にドクター、中ほどにマスター、最後列にバチェラーという順序で並ぶ。

集合

どんな理由かは分からないが、個人個人で並ぶ位置すら指定済み。

白髪の中年カメラマンが、小さい脚立にのって叫ぶ。

「オーケー、じゃあとるよー。セイ セスピー!」

セスピ?なにそれ?

それが私の所属するSchool of Education and Social Policyの略称、"SESP"の正しい呼称と初めて知った。

ち、いままでずーっとエスイーエスピーとか言ってたぜ。

余談だが、私の学部はLearning and Oranizational Changeというのが正式名称。よって、以前も書いた気がするが、おなじNUの学生と話していて、どこの学部に通ってるのと聞かれようものなら、スゥと息を吸ってから、

School of Education and Social Policy のMaster of Learning and Organizational Change.

と一気呵成に言う必要があった。

まぁ大体の人はSchool of Educationあたりで聞く気を無くしたのか、じゃあ「先生になるんだ?」とか見当違いのコメントをくれたものだった。まあ良いんですがね。

写真撮影を終えて、そうかーセスピかぁと思ってる暇もなく、今度は卒業式の会場に向かう私達。

なんとなく心細かった昨日とは違い、クラスメイトと分かったような分からないような会話を楽しくしながら歩いていく。

心なしか、袖のビラビラも今日は風にそよいで明るい気分。

会場は初めて入る建物。てか、この広大なキャンパス、自分と関わりの無い建物以外は入ったことがないので、それも当たり前。

既に会場には卒業生の関係者が座っており、舞台もきちんとセッティングされている。

あの壇上でディプロマを受け取るわけね、とか思っていると、なにやらアナウンスが耳に入る。

「えーと。ちょっと問題がありまして。少々お待ち下さい」

なんじゃそりゃ。そう思っていると、アナウンス行った男性が舞台を降り、客席を横切って、ホールで待機する私達の隣を駆けていく。

彼の呟きが聞こえる。

「学長がいない。学長がいない。学長がいない。」

おいおい。大丈夫か。

遅れること5分ほど。舞台の下、オーケストラピットに待機する楽団が「威風堂々」を流し始め、卒業生入場。

私の列は、なんと私が先頭。なんか優秀な学生チックで気分が良い。

ただ単に逆ABC順にならんだのがその理由なのだけど。

拍手に囲まれながら、舞台最前列の椅子に並び、自分の名前を確認して着席。

するはずが。

なぜか私の名前が無い。てか、知らない名前が書いてあり。

一瞬、卒業できると思っていたのは何かの間違いだったのかと思ったら、その列の一列向こうに私の名前が。

どうやら誘導係が間違えたらしい。心臓が止まるかと思った。

開式の挨拶から始まって、ゲストスピーカーのスピーチやらなにやら。この期に及んで聞き取れたり、そうでなかったりする自分が恥ずかしい。

ちなみに、ちょっと印象に残ったのが、卒業生代表のスピーチ。

面白いことに、卒業生代表と言っても、必ずしも成績優秀者というわけではなく(もちろん限度があるが)、事前に応募されたスピーチ原稿から選ばれた生徒が話すことになっていた。

その彼のスピーチ。詳細は既に忘却の彼方だけれども、面白かったのがそのロジック。

テーマは「歴史に残る偉人になるにはどうするか?」というもの。

彼曰く、偉人とは、奉仕(serve)した人だと言う。

金銭的な見返り、社会的地位などといったものではなく、他人のために奉仕した人こそ、死してなお名が人々の中に残る。

つまり、私達も偉人を目指すのであれば、個人の栄達ではなく、人々への奉仕を忘れてはならないという。

えーと。

まぁ何と言いますか、彼の言いたいことは分かる。歴史的な偉人の中には、人々に奉仕した人が多いってところは。

だからって、偉人になりたかったら利他的になれと。いや、そもそも、偉人になろうってのが利己的な気が。いやすみません。忘れて下さい。

そんなことを思ってる間に、ようやくディプロマの授与。

学部ごとに、名前が読み上げられ、私も壇上に上がっていきます。

「あーtwitetta、やっぱ卒業駄目かも」

そんな台詞が漏れないうちに、音速を少し越えるスピードで壇上を移動する私。

ディプロマまであと三歩

学長との握手も気もそぞろに、記念品を受け取る手も危なっかしく、ディプロマを胸に抱く。

もう貰っちゃったもんねー返さないもんねー。

私が席に戻ったタイミングで、2列に渡って起立したクラスメイトとともに、再度列席者から拍手が送られました。

互いに笑顔で目配せをする私達。

卒業式を終えてもう1ヶ月以上経ちますが、この瞬間だけはまだ鮮明に覚えています。

きっと、私の中で何かが報われた瞬間なのでしょう。

こうして式は無事終わり。今度は、また移動してレセプション会場へ。

式の間に降り始めていたらしい雨も止みつつあり、少しずつ晴天が覗いてきました。

昨年妻に連れられ出席した、MBAのレセプションパーティーと比べるとちょっとばかり、いや結構質素なパーティーですが、払ってきた学費が違うのだからこればかりは仕方が無い。

会場の二階、石造りの広間で両親とともに食事を済ませると、、会場の外に出ます。

既にガウンとキャップを脱いだ卒業生と、その家族がそこかしこで談笑しています。
誰が誰やら

ちょっと外れたところで、私の学部の学部長を中心にクラスメイトが集まっているのを発見。

在校生も何人か来ていたり。おお懐かしや。

互いの近況を聞いたり、お世話になった先生方とおしゃべりや記念撮影などを行いつつ、互いの卒業を祝いました。

これにて私の卒業式は終了。

どうもご苦労様でした。

こんな記録より、二年間の振り返りを書くべきだ、と妻に言われてますが、そちらを書くかどうかは未定。

ではまた。
【2008/08/13 00:59】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<子別れと脱構築 | ホーム | そしてアメリカに戻る>>
コメント
おめでとーー!!
遅ればせながら・・
ご卒業おめでとうございます!!

よく一緒に連れて行ってもらったBoystownのタイ料理屋サンや、昨年のバーベキューなど、走馬灯のように思い出していました。

日本人がいない学部のマスターなんて、なかなかサバイブできるものではないです。。ほんと、おつかれさまでした!

この2年、いや、3年を振り返り、
自分のシカゴ大卒業と現在を考えつつ、
TWITETTAさんの「で、結局のところ。MBAで人は成長するのか?」の投稿を再度読んで
夜中に大笑いする始末・・・

笑っている場合ではない関西のTより。

「おめでとうございます!」
【2008/08/13 10:25】 URL | 関西のT #-[ 編集] | page top↑
>関西のT様

こちらこそ遅ればせながら報告失礼しました。コメント有難うございます。

走馬灯ってあんまり良いときに流れるものじゃないと思いますが、関西のT様、大丈夫ですか?人生辛くないと良いのですが。

シカゴのタイレストランにバーベキュー、どれも懐かしい思い出ですね。特にあそこのパッタイは私もまだたまに食べたいなぁと思うほどです。あそこのキュートなウエイターも懐かしい。

私の以前のエントリを再度楽しんで頂いたようで何よりです。あそこに書いたとおり、MBAは劇的に人を成長させるのだと門外漢ながら信じておりますよ。

またお会いできる日を楽しみにしております。

ではまた。
【2008/08/14 14:26】 URL | twitetta #ZTTQOs5I[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/502-95c3ab09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。