TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そしてアメリカに戻る
ご無沙汰しております。

一昨日、シアトルの我が家に戻ってまいりました。

心配だった帰りのフライト、予想通り満席ではあったものの、娘は飛行時間の80%を熟睡して過ごしてくれたため、大変快適に過ごすことが出来ました。

良い娘を持ったものです。

唯一の誤算は、娘が妻の腕のなかでしか眠らなかったことで、哀れにも妻は飛行時間の80%の間、人一倍大きい娘を抱いていなければなりませんでした。

シアトル・タコマ空港が近づく頃には、妻の両手が鬱血して腐れ落ちるのではないかと心配していましたが、なんとかもったようで。良かった良かった。

お蔭様で、娘を抱えた妻の隣で、私はDSでドラクエなんかする余裕すらありました。良かった良かった。

娘を必死に抱きかかえる妻と、横でゲームやってる夫、傍から見たらヒドイ風景でしょうが、私が抱いちゃうと娘が泣いちゃうんだから仕方ありません。

まぁそんな心暖まる話はさておき。

シアトルに戻ってまず驚いたのは、その素晴らしく乾燥した空気。

目が痛い程の晴天なのに、日陰に入れば涼しくて、汗なんざまったくかきません。

日本に帰るまでは当たり前だと思っていたこの天候に、いまさらながら感謝したくなります。

唯一感謝したくないのは、私達が帰国している間にも、ガソリン代は順調に値上がりを続けていたようで、3ドル50セントそこそこだったのが、三週間で4ドル20セントになっていたこと。勘弁してくれ。

夫婦して若干時差ぼけが残っており、娘も変な時間に起きたり寝てたりしてますが、とりあえず皆元気です。

ではまた。
【2008/08/03 01:09】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<卒業式の思い出(2日目) | ホーム | 帰国中。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/501-02b4f2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。