TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
The Da Vinci Code
"The Da Vinci Code"を1週間くらい前に読了。



感想については他のBlog等をはじめ、さんざん書かれているようなので、何か面白い切り口でもあれば書こう。。。と思っていたが、結局あの時に書いた内容以上の感想が浮かばず、断念。

本当、感想はこんな感じ。

次々と明かされるトリヴィアと、息をもつかせぬスピーディーな展開が凄く良く出来ている。

なんだか自分の語彙の貧困さを露呈するだけの感想ですな。。。言い換えると、

連打される「へぇ」ボタン!「おいおいそこで切るか!」というクリフハンガーの連続!

今度は自分の知的レベルの低さを露呈しただけな気がしますが、要するによく出来た、ベストセラーの見本みたいな本です。あぁ。言っちゃったよ。

本を読む前に、後半のどんでん返しの連続が!とか、まさかあの人が敵なんて!みたいな感想が散見されたんで、期待していたのですが、うーむ。正直、期待し過ぎたかもしれない。

いえいえ。貶すつもりは毛頭ございません。実際、大変良く書けてます。読み終わるのに1週間というのは、いつもの私のペーパーバックを読む速度にしてはカナリ速い方です。文句言いながらも、それだけ強烈に私が引き込まれたわけですから。

ただ。。。もう少し「げぇ!」っていう驚きが欲しかった。

やっぱり期待しすぎたんでしょうね。作者を責めてはいけません。
これが書店でなんとなく手に取ったという作品だったら、きっと惚れ込んでいたかも。

まぁ何にせよ、私は現在、"The Da Vinci Code"前に書かれた、Langdon教授シリーズの第一作である"Angels & Demons"を読み始めてしまっている訳で、すでにDan Brownの術中に嵌っているということですな。。。




こちらの"Angels & Demons"も大変読みやすいのですが、これまでのところ話の骨組みが"The Da Vinci Code"に酷似しているのが気になります。さてどんなもんでしょう。

あとそうそう、"The Da Vinci Code"に出てくるアイテムで、気になったのがCryptexという書類筒。




ダヴィンチが設計したものだそうで、開け方は自転車のダイアル錠と同じ。特定の文字を並べると蓋が開く仕組みです。

中身はこんな感じ。




中の書類はパピルスに書く必要があります。理由はセキュリティのため。

下にある試験管には酢が入っていて、無理やりCryptexを開けようとすると、中の試験管が割れ、浸み出てきた酢によって、パピルスが溶解してしまう様になってます。良く出来てますね。

最初イメージが掴めなかったので、インターネットで検索してみると結構な数のサイトが引っかかります。趣味として作る人がいたり、芸術品として販売もされているみたいですね。(上記の写真の元ネタ)

これはちょっと欲しいかも。。。とか思ってたら、やはり"The Da Vinci Code"の影響で便乗商品も出てるみたい。同じようなこと考える人は沢山いますな。

ちなみに今書いてて思ったんだがこのCryptex、試験管の酢ごと凍らせてしまえば、壊して開いても良いんじゃないでしょうか?

そういうロマンが無いのは駄目?
【2005/08/06 23:29】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<いざ鎌倉 | ホーム | 結婚記念日>>
コメント
私も『天使と悪魔』読みました。
『ダ・ヴィンチ・コード』と同様、犯人が誰なのかは容易に想像ができたけど、謎がおもしろかったです。
謎にハマった私は、今は荒俣宏著『レックス・ムンディ』(意味は世界の王。レンヌ・ル・シャトーについて書かれたものです)を読んでいます。
10月から無職になるので、謎の探求につとめたいと思います。
【2005/08/28 01:59】 URL | Oは大阪のO #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます。コメント頂いていたのに、長らく気付かずに失礼しました。
荒俣宏は帝都物語以降読んでませんねぇ。って何年前だよ。
あの人も歩く百科事典みたいな人なんで、とても面白いんですが、なかなか手に取ることがありませんでした。
えーとOは大阪のOさんて、私の知ってるOさんで良いのでしょうか?旦那が大蛇飼ってる?え?違う?
【2005/09/06 12:45】 URL | twitetta #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/48-b459aad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。