TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
古い皮袋に新しい酒を入れるな。
いまだにアパートのインターネットが接続されてないため、図書館に通う毎日を続けております。

ダラダラ勉強の息抜きに、日本のサイトをチロチロと見たところ、今更でしょうが、あの人気マンガ、一条ゆかりの「有閑倶楽部」がドラマになってることを知りました。

恥ずかしながら、って別に恥ずかしいことはありませんが、私は子供のころ、少女マンガも結構読んでました。

「キャンディキャンディ」から始まって、「はいからさんが通る」とか「悪魔の花嫁」「超少女明日香」「ガラスの仮面」「パタリロ!」「エースをねらえ」などなど、ググらなくてもそこらへんのタイトルとストーリーは諳んずることが出来ます。

このブログのタイトルに「!」マークをつけてるのも魔夜峰央に敬意を表してのこと。って誰も気づきはしませんが。

当然「有閑倶楽部」も好きでした。あの極度に少女マンガらしい画風と、そのイメージを裏切るような怪談ネタ・うんこネタの多さも印象的でした。一条ゆかりの描く、老人の怖さは異常。

思えばナポレオン・パイの存在を知ったのもこの漫画が初めてだったでしょうか。

それがドラマ化。百歩下がってアニメ化なら分かる。

昔の記憶なのでソースが分かりませんが、確か、一条ゆかりはイメージが崩れるから「有閑倶楽部」の映像化には反対していたはず。

どんな事情があったのか、それとも彼女の期待に応えられるような素晴らしい出来なのか。

そう訝しく思いながらも、ドラマ版「有閑倶楽部」の公式サイトをクリック。


なんだこりゃ。


本編を観る事ができないので、一概にその出来をどうこういう資格はありません。

が。

もしこれが、万が一、もしこれが「有閑倶楽部」だと言うのであれば、私はきっと、自分のことを「おニャン子クラブ」だと名乗っても、誰にも恥じることはないでしょう。

名乗る気はないけれども。

先日、織田雄二が主演で「椿三十郎」がリメイクされた、というニュースを知った時も、二・三日寝込みたくなりましたが、これも酷い。

きっとこういう企画って、製作にあたって、賢い人々が優れたマーケティングを基にやってるのでしょうが、その結果がこれかと。

「頭が良い人たちが集まると、馬鹿になる」と立川志の輔師匠が言ってましたが、これが、その証左でしょうか。


アメリカに来ると、日本の文化の存在感の大きさを知る機会が多いです。

本屋に行けば、かなりのスペースが日本マンガの翻訳で占められており、それ以外にもDVD売り場を見れば日本映画、アニメが並び、ゲーム売り場だってやっぱり日本の存在感はデカイです。

他の国の人と話す機会があれば、向こうから「ドラゴンボール」やら「スラムダンク」「ドラえもん」、古くは「おしん」のネタを振ってくることだって珍しくありません。

日本文化のイメージとしては、それはもう、サムライ、寿司、芸者と並ぶか、それを越す勢いです。

なぜ、そんな貴重な文化に対して自爆テロみたいな真似をするのか。

私になんか心配されたくないでしょうけど、世界に誇るべき、こうした日本のサブカルチャーに影響されて育った身としては、過去の遺産が食い散らかされ、消化・排泄された挙句、改めてさも美味しいかのように、料理皿に盛られてるのを見ると、悲しくてやりきれません。

なんだか勉強をする気もなくしてしまいました。

嗚呼。
【2007/10/29 08:28】 | エヴァンストンで一人 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<3秒後についてくる。 | ホーム | アニョハセヨ!>>
コメント
まさに!私も一昨日サイトを見てひっくり返ったとこよ!
スタッフに有閑倶楽部ファンはいないとしか思えません。
だいたい主人公が間違ってるじゃん。
ちょっとアナタ日本に帰ってこない?
【2007/10/28 21:31】 URL | 次姉 #-[ 編集] | page top↑
読んでいた漫画がほぼtwitettaさんにかぶる、
mimiです。
主人公が違う!日本人が髪染めてハーフの美童グランマニエなんて、おかしい!ハーフのタレントは山ほどいると思うんですけれど・・・。
これって何?
【2007/10/29 01:00】 URL | mimi #tMJS4hz.[ 編集] | page top↑
わしは、亀梨より赤西派。
だから何ってかんじだけど。

女性陣は結構イメージにあった人が
セレクトされている気がするよ。ドラマ
【2007/10/29 08:37】 URL | あんどゅ #-[ 編集] | page top↑
まだ新しいタームに入って1回目の授業なので、ストーカーのようにブログチェックしている私です。これからの過酷な人生をまだ知るよしもなく・・・有閑倶楽部、次姉さんの言うとおり、主人公違う!!まだ若かりしアホバカ時代に、菊正宗くんと結婚しようと思った私としては、許せません・・・安易だなぁ。きっと同世代の人の企画なんだろうなぁ・・・
【2007/10/30 00:16】 URL | nikuo #-[ 編集] | page top↑
twitettaさんが「有閑倶楽部」を語るとは
少々ビックリ!!
私もこのマンガ昔から好きで♪
原作好きな人たちから叩かれまくりのドラマですね(苦笑)
私は別の物語として割り切って(←コレ必要)
楽しんでますよ♪
実は赤西君ファンだったりするのでw
【2007/10/30 06:57】 URL | tsuru #-[ 編集] | page top↑
>次姉上

本当にねぇ。目を疑いましたよ。主人公も違うんですね。ある方から聞いて、とある方法で放送されてるエピソードの一部を観ましたが、あの、何故かいつも飴を口に入れてる兄ちゃんが魅録だとは。いやはや。
清四郎は名探偵コナンへのオマージュなのか、悪の組織に薬を飲まされたかのように小柄だし、美童に関していえば、あれはクヒオ大佐以外の何者でもないと思います。

まだしばらく日本には帰れませんが、シカゴで胸を痛めるつもりです。
次姉上も心を強く持ってくださいませ。
【2007/10/30 15:40】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>mimiさん

そうですか、かぶりますか。やはりここらへんは基礎教養ですよね。(なんだそれは)

mimiさんは映画好きだということなので、それにからめて言えば、かの大災害「デビルマン」以降、相当酷い改悪でも許せる自分になってたつもりですが、やはり我慢なりません。もっと成長しなければいけないのでしょうか。人生は厳しい。
【2007/10/30 15:43】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>あんどゅさん

亀梨より赤西派・・・。どっちがどっちかも分からない私ですが、あえて言うなら亀田より赤福派です。

って赤福も大変なことになってるみたいですが。

女性陣については、仰るとおりまだましかと。悠理なんて結構イメージに近いような。って見た目だけですが。
【2007/10/30 15:47】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>nikuoさん

私は気づけばweek6で何だか大変なことになってきてます。学部は違いますが、お互い頑張りましょう。

清四郎って良いですよねぇ。ほぼスーパーマンで。北京語と広東語を耳にして判断できるってどんな高校生なんだ、と、中国は全部中国語だと思ってた小学生の私は感動してました。

このドラマ、仰るとおり同世代の人が関わってるとは思いますが、原作への愛はないよな、と確信してます。
【2007/10/30 15:54】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>tsuruさん

おや、tsuruさんが有閑倶楽部が好きだとは知りませんでした。エントリにも書きましたが、昔の少女マンガはそこそこ詳しいです。最近のはさっぱりですが。

原作とは別物と思え、ってのは確かによく言われる話で、メディアが変われば多少の変更も仕方ないと思うのですがね。。。
いっそ別の名前にしてくれたほうがよっぽど精神衛生上は良いと思ったり。
憂患CLUBとかさ。

すっかり日本の芸能情報に疎くなった私ですが、今回「ジャニーズの赤西君」というのを初めて知ったので、それは良かったです。

今度他のドラマかなにかで観たときに認識できるかどうかは分かりませんけど。そのときも、きちんと飴を咥えてくれてると良いのですがね・・・。
【2007/10/30 16:00】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
何だか…。
こんにちは、Twitettaさん。

上の記事、後から理解がついてくるということ、大変よく分かります。たまに友人(アメリカ人)と話をしていて、何を言われたか分からず、「えっ?」と聞きなおした瞬間に、または言われたことを繰り返している間に、後から意味が分かることがあります。本当に3秒後に意味が分かるとはまさにこのことです。言葉と脳が直結していないのでしょうか?それとももう若くない私たちの脳にやっと出来上がった英語のシナプスは反応が鈍いんでしょうか?

さてこの話はおいておいて、有閑倶楽部のドラマ化、主人公たちがじぇんじぇんイメージに合わないのですけれど。私も有閑倶楽部はずっと単行本で持っていて、何度も読みました。幽霊話は結構怖いんですよね。

>「キャンディキャンディ」から始まって、「はいからさんが通る」とか「悪魔の花嫁」「超少女明日香」「ガラスの仮面」「パタリロ!」「エースをねらえ」「有閑倶楽部」

Twitettaさん、私と同世代でしょうか。私とも見事にかぶります。(パタリロは読んでいません)私はスケバン刑事も好きでしたねぇ。同世代の人が同じ時期に留学をして共に苦しんでいるかと思うと、大いに勇気づけられます。

TwitettaさんはMidterm試験終わりましたか?私はあと1科目です。
これからも留学生活を楽しくさせてくれる記事をガシガシと載せていってくださいね。
【2007/11/01 23:20】 URL | kbt #-[ 編集] | page top↑
>kbtさん

3秒後理論、同意を得られて嬉しいです。シナプスの接触不良は私だけじゃなかったんですね!(←おい)
クレ550か何かを使えれば少しはましになるのかも知れませんが、結局は自助努力しかないのでしょうねぇ。
少女マンガ、kbtさんとかぶりますか。てことは、やはり大体同じような世代なんでしょうね、きっと。はだしのゲンは小学校の体育館とかで観たタイプでしょうか?(良く分からない基準)
何にせよ、同世代留学生という存在は貴重ですね。

私はまだmidtermで悪戦苦闘中です。。。こればっかりやってる訳にもいかんのですが。kbtさんは仕事も並行してされてるのだから、本当に凄いですよね。
お互い頑張りましょう。。。
【2007/11/03 19:51】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/441-e65677b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。