TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Craigslist
相変わらず不安定なネット環境で更新しております。

さてさて。

シカゴに戻ってくるにあたって、大変だったのは新居探し。

ダウンタウンで住んでいたアパートは、狭いながらも一人で住むには家賃が高すぎたので、貧乏学生としては、もっと安いところを探さねばなりませんでした。

そんなわけで頼ったのがアメリカでもっとも有名なサイトであるCraigslist

直訳すれば「クレイグさんのリスト」、ってまんまですが、これはCraig Newmarkという人が始めたオンラインコミュニティの名前です。

もともとはサンフランシスコの地域情報を集めたサイト、要するに、日本でもローカル新聞なんかである「売ります・買います」情報や、企業の求人を載せていたサービスなのですが、いまやアメリカ国内外450都市ごとにCraigs Listは存在し、人々は何か必要なもの/ことがあれば、とりあえず見てみるという超有名サイトとなってます。現在のところ、月間50億ビューを超えるというのだから、その人気っぷりは凄まじいものがあります。

サイトはWeb2.0の時代ってなにさ?といわんばかりのシンプルなテキストベース。バナー広告などは一切無く、サイトの運営費は一部の大都市における不動産や、求人広告を掲載する手数料だけに頼っているというビジネスモデルもシンプルなサイトです。

よって、利用者のほとんどは簡単な登録だけで手数料は一切かからず、自由気ままに物の売買や仕事の求人、友達探しができるというわけです。

って、今探してみたら、なんとこのCraigslist、東京、大阪、沖縄にもあるではないか。
Craigslist:Tokyo
Craigslist:Osaka
Craigslist:Okinawa

ざっと見たところ、この日本版、英語ベースのためか他の都市ほど活況が無い気がしますが。。。なぜ日本語のバージョンが無いのだろう。

それはさておき、私もこのCraigslistのChicagoでルームメイトを探し当てたのでございました。

そこらへんの話は次回。

ではまた。
【2007/09/23 03:53】 | エヴァンストンで一人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<部屋探しの顛末 | ホーム | 一時帰国終了。どころか、別居生活開始。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/426-e97dbdec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。