TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お一人様4冊まで。
最近このブログに「ハリーポッター」「ネタバレ」というキーワードで辿り着く方が散見されます。

大変申し訳ありませんが、まだ買ってさえいません。ごめんなさい。

今日、勉強のため、近所のカフェまで向かう途中、書店に寄り道したところ、鈍器のような厚さのハードカバーが並べられてました。

噂のハリーポッターの第七巻。おお偉いこと分厚い。

ちろりと覗いたところ、子供向けのためか文字も大きく、行間も広い為この厚さになったようですが、これは重い。そしてデカイ。知恵蔵かよ。

こんなもん子供が寝転んで読んだら、両手首が骨折、更には頸椎捻挫するんじゃないでしょうか。

さて、私が洋書を読むきっかけになったのは、好きな作家の本が翻訳されるのを待ってられないためでした。

あとは他の人が読んでないものを先に読むと言う喜び。俗に「土曜日の少年ジャンプ効果」と呼ばれています。いま決めましたが。

後者の観点からすると、私としては是非購入して「いやーまさか、ああなるとは思いませんでした。オチは言えないけどね。イヒヒヒヒ」と言いたいところですが、授業のReadingもままならないのに、そんなもんを読んでる暇があるのかという気もします。

どうしたものか。

凄く読みたいような、どうでも良いような。(←おい)

ちなみに子供向けの洋書では、日本に居る時に「ダレン・シャンシリーズ」というのに嵌ったことがあります。ハーフバンパイヤになった少年の冒険と言う、いうなればダークなハリーポッターみたいな内容。随分と長いシリーズ(確か全12巻)だったので、結構中だるみがあったのは否定出来ませんが、これの最終巻のオチは素晴らしかった。あの見事な伏線の回収の仕方は未だに記憶に残ってます。

売り上げ、知名度ともにダレン・シャン大幅に上回るハリーポッターは果たしてどんな最後を迎えることでしょうか。

余談ですが、この最終巻、書店には「お一人様4冊まで」という張り紙が貼ってありました。こんな重くてデカイ本、4冊も一辺に買う人間がいるとは信じられませんが、多分いるんでしょうね。

とりとめもないエントリで恐縮ですが、今日はここらへんで。

ではまた。
【2007/07/21 17:12】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ホームページのぬくもり。 | ホーム | 残り物はなんですか。>>
コメント
先頃、うちの子が、ダレンシャンに嵌り、(日本語ですが)全12巻と外伝1巻を読み終えてました。最近は漫画もあるそうで、学校でも流行っているそうですよ、ダレンシャン。
【2007/07/23 03:17】 URL | piki #tMJS4hz.[ 編集] | page top↑
>pikiさん
情報有難うございました。
なんだかあらためて調べてみたら、漫画化だけでなく、アメリカで映画化(1ー3巻まで)の予定もあるみたいですね。それは凄い。私が読んでいた時は日本でも邦訳がまだ出始めの時で、一度観てみたところ主人公の師匠役のバンパイヤが「我が輩は」とか言っていたんでビックリした覚えがあります。他の媒体だとどうなんでしょう。
エントリにも書きましたが、ハリーポッターと比べるともっと残酷かつダークな話だったと記憶してますが、逆に、一部の子供にとってはそれが魅力に映ったりするものなのでしょう。
【2007/07/23 16:06】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
あ!あんどゅもtwitettaさんの書いてた理由で土曜日ジャンプ買ってたよ・・w
【2007/07/25 10:39】 URL | あんどゅ #AkswHEYg[ 編集] | page top↑
>あんどゅさん

そうでしょそうでしょ。
このジャンプの早売り合戦(?)、店によっては金曜日とかに売り出してるところ(だいたい個人商店)があって、そこまで自転車乗って買いに行ったりしてましたよ。
まぁ私はそういうのを手に入れた友達から借りる事も多かったのですが、結構嫌な顔をされたのを覚えてます。
甘酸っぱい思い出。
【2007/07/26 13:30】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/401-cbfab7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。