TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
春学期振り返り-2-
(2)Knowledge Management II

前学期にとったナレッジマネジメントの応用編。このブログでも何度かぼやいた英語ブログのプロジェクトがあった授業です。

前学期のKnowledge Management Iでは、ナレッジとインフォメーションの違いって何よ?とか、ナレッジマネジメントを実施するときのフレームワークって?とか、形式知と暗黙知の関係は?などと言ったことを大量のReadingで教え込まれたわけですが、今度の応用編ではナレッジマネジメントの事例について詳しく・・・やると思ってたら。

この授業、取った生徒の中でも評価が分かれたのですが、担当した教授は、実際のナレッジマネジメントの事例をやるというよりも、ナレッジマネジメントに関わる最新ツールの情報を提供したいと思ったようで。

前述のブログプロジェクトに始まり、ソーシャルネットワーク、PKM(パーソナルナレッジマネジメント)、タギング、ヴァーチャルコミュニティという感じで、興味の無い人にはさっぱりざんす、というか、理解できない人にはさっぱりその良さが分からない世界が毎回展開されました。

個人的に面白かったのは、授業の進行に使われるのが、教授の書いたマインドマッピングだということ。

マインドマッピング、日本でもそこそこ知られるようになってますが、「知ってて当然」みたいな感じで使われるとは思いませんでした。

そして、人事コンサルとかトレーニング関係の部署からきている生徒が多い、うちの学部だからかも知れませんが、ほとんどの生徒がマインドマッピングを使えることを発見。なんだそりゃ。

おかげで授業のReadingとは別にマインドマッピングの入門書を買って読む破目になりましたが、今後個人的にどれくらい使うかは別として、良い勉強になりました。

知ってて損はないですよ、マインドマッピング。

授業への貢献度と言う意味では、最初の授業で「個人的にブログをやってる人は?」という質問で「はーい!僕やってます!」と元気良くゲロってしまったために、学期を通じて、「じゃあここで経験者の意見を聞こう」とコールドコールを食らう事が多く、強制的に貢献させられておりました。

全体の評価としては。。。うーむ。教授はディスカッションの中で、みんなで新しい知見を深めていこうと言うつもりだったんでしょうが、五月雨式に提供される情報やツールにちょっと散漫な印象が。

もう少しオーガナイズされてると良かったかなぁと。

いや、成績良かったから良いんだけどさ。
【2007/07/02 16:11】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<春学期振り返り-3- | ホーム | 春学期振り返り-1->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/393-129a8995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。