TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カート・ヴォネガット氏死去
現代アメリカ文学の代表的作家であり、私の大好きな作家の一人、カート・ヴォネガット氏が亡くなりました。
kv


享年84歳。

数年前、火事で大火傷を負い、一時は生死が危ぶまれたものの、その後もエッセイ集"A Man Without a Country"が出版されており、ヴォネガット節が健在であることにホっとしていたのですが。

本当に残念です。

氏の著作では、「猫のゆりかご」「スローターハウス5」が最も有名でしょうが、個人的には「チャンピオンたちの朝食」でガツンとやられました。

学生時代に一体どれくらい氏の著作に影響を受けたか分かりません。浅倉久志氏の翻訳がまた素晴らしかった。

そこから10年経った今でも、我が家の本棚には、ヴォネガット氏の著作は全て揃ってます。ええ。日本から持ってきました。

そして、先日ひっそり開設した(させられた)英語ブログのタイトルも、氏の著作から引用したくらいです。

私はまったく成長してないのか。

いやそういうことを言いたいんじゃなくて。

あまりにショックで、何を書いてるんだか良く分からなくなりました。

とにかく。

氏のご冥福をお祈りするとともに、氏の代表的な創作物であるトラルファマドール星人の流儀にのっとって、以下の言葉を送りたいと思います。

・・・多分、世界中のヴォネガットファンが同じ言葉を送ってることでしょうが。





So it goes.
【2007/04/12 15:13】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チョコレート幻想。もしくはヴォネガット追悼 | ホーム | Yahoo! Answersが面白い件。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/363-16476ae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。