TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ツボが分からない。
先日のナレッジマネジメントのクラスでのこと。

その日のお題はエレベータースピーチ。

これまで約9週に渡って学んできたナレッジマネジメントについて、約1分で要約するというエクササイズをしました。

5・6人のグループに分かれてそれぞれが発表し、グループの中で推薦された人2名が、全員の前で発表するというのがルール。

1分しかないので、一番良いのは優れたメタファー、つまりは上手い喩え話を使ってナレッジマネジメントのコンセプトを説明することが必須となります。

私は前夜から、何とか寿司職人で喩えてみようと試みたのですが失敗。

日本酒の造り方で試みようとして失敗。

人体の血管と血液に喩えようとして失敗。

結局当日の昼までかかって、良い喩え話が浮かばないまま、かなり適当な内容になってしまいました。

見直してみると、あまりにも陳腐。平凡。陰気。

出すことに意義があるとは言え、何と言うか納得が行きません。

仕方が無いので、導入部にアメリカンジョークを入れてみました。

「そいつはまるで、オートマチックのピストルでロシアンルーレットをするようなものだよ」

我ながら分かりづらい上に、ちょっと悪趣味な気がします。

しかも無理矢理入れたために、なんか前後の文脈と合ってません。

妻に意見を求めたところ、

(・c_・`)

こんな感じで無言のレスポンス。

そんないきさつがあったので、グループ内での発表にも気が引けたのですが、恐る恐る発表してみました。

すると、どうやら「ロシアンルーレット」が一人のクラスメイトのツボに当たったらしく、馬鹿受けする彼女。

そんな彼女の強い推薦で、グループの代表に選ばれ、全員の前で発表することに。

ひょっとしたらハメられたのかも、と思っても、もう遅い。

メモを片手に立ち尽くす私。

まぁ、これまで学校での恥は死ぬほど掻いてきているので、私の平凡な意見を発表することには、それほど抵抗はありません。

が、問題が一つ。

ロシアンルーレットってRussian rouletteと綴ります。

何このRとLの詰め合わせ、ってなもんで、正直私の発音で通じる自信がありません。ゥウシィアン ゥウレッ?これで良いの?フランスのお菓子みたいじゃない?

さっきグループ内で発表したときは、メンバーとの距離が近かったのもありますが、それでも彼女以外は、きちんと聞き取れなかったような印象があります。

そもそも笑ったの彼女だけだし。

仕方が無いので発表する前に一言注釈を入れることにしました。

「えー・・・それでは私のエレベータースピーチを発表します・・・。皆さん知ってると思いますが、私の発音は上手くないです。はい。なので、もし私の言ってる事が分からなかったときはー。あー・・・」

ここまで言って、「もし分からなかったらどうするのか」について考えてなかった自分を発見。

慌てて適当に言いつくろうことに。

「・・・どうぞ字幕機能(Closed Caption)を使ってください」

これがもうエライ受けた。

窓ガラスが震えるほどの爆笑。

入学して半年ですが、こんなに受けるクラスメイト達を見たのは初めて。

全然止まない笑い声。

言った当の本人は、そんなに笑いを取れるとは思ってなかったので、恥ずかしいやら嬉しいやら。

結局、肝心の発表内容よりも、そしてロシアンルーレットよりも、「字幕」発言が全てを持って行ってしまった格好に。

なんであれだけ受けたのか、後付けで理由を考えてみるに、日本人が持ち前の謙虚さを発揮してブツブツと言い訳がましいことを言うと思わせておいて、投げっぱなしジャーマンみたいナンセンスなオチを言ったのが良かったのでしょうか。

まぁその場の雰囲気や、コンテクストもあるので、簡単には言えませんが、なんとも不思議な経験でした。

そんなエレベータースピーチの採点結果が、今日返ってきました。

100点。

絶対内容以外で評価されたんだと思います。

ではまた。
【2007/03/11 23:05】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<ファイナル終了 | ホーム | Capstone>>
コメント
ヤムリンゴさん共々大変苦労をしながら着々と実力と成果をあげている事が想像され、羨ましく、頼もしく思います。このような苦労は、する本人達が一番幸せ者なのですよ。
【2007/03/11 02:25】 URL | unoG #-[ 編集] | page top↑
そりゃよかったね!

intel入ってた?

【2007/03/11 10:05】 URL | 次姉&義兄 #-[ 編集] | page top↑

すごーい!
すばらしい!!

よかった、 よかった。

【2007/03/12 06:16】 URL | 鴨母 #-[ 編集] | page top↑
おいしすぎます・・・
狙ってもできない!!
【2007/03/14 05:07】 URL | J #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。ご無沙汰しきりですが、これってスゴイです!

ガイジンの笑いのツボを垣間見た気がしました。
【2007/03/14 10:18】 URL | muffin #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
>UnoG様

する本人が一番幸せ。。。確かにそうかも知れませんね。きっと何もかも終わったら、「あの頃は幸せだった」と思うのかも知れません。今はそんな余裕が無いけれども。

>次姉&義兄上

なんのことやら、と思って、IntelのCMをyoutubeで検索してみました。深津絵里の奴だよね?まさにこんな感じ。良く分かってらっしゃる。

>鴨母様

ありがとうございますー。凄いのかどうかはわかりませんが。。。

>J様
>狙ってもできない!!

確かに。これを狙って出来るようになったら大したもんでしょうねぇ。きっと。今度は日本に帰ったときにツボを外しそうで怖いんですが。

>muffin様
ご無沙汰しております。Red Bullのエントリ楽しく読みました。もうそろそろ帰国ですかね?早いもので。今度はCさんが追っかけてく形ですねぇ。
【2007/03/14 22:23】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
すごい!
もしかしたら、ナレッジマネジメントの全てが「英語のヘタクソな日本人」に「字幕機能」を付けるという皮肉によって語られたということじゃないですかね。深読みしすぎかな。
【2007/03/21 00:43】 URL | NED-WLT #yKdCY6Bs[ 編集] | page top↑
>NED-WLTさん

コメント有難うございます。

深読みというか何と言うか、もしそんな解釈をされていたらと思うと、その理解度のギャップ
の広さに明日から学校に行けなくなりそうです。

皮肉という意味では、
「ナレッジマネジメントのブームは10年近く前に日本でもあったが、すでにそのブームが去って久しい。なぜ・いま・ナレッジマネジメントを学ぶ必要があるのか?」
というイントロダクションが一部のクラスメイトには受けた模様です。

教授は嫌な顔してた様な気がしますが。
【2007/03/24 22:24】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/354-b5740ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。