TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Capstone
ファイナルも残すところ、あと2教科となりました。

ナレッジマネジメントのグループプレゼンテーションやら、ネゴシエーションのグループケースアナリシスもなんとかこなし、あとは個人ベースのペーパーが2つと、いわゆる普通のテストがひとつ。

それが終われば楽しい春休み。ほっと息がつけるというもの。

シカゴの冬はいい加減猛威を振るうのに飽きたと見えて、昨日あたりからどんどんと暖かくなってきています。

こないだまで物凄い分厚いコートを着ていたアメリカ人達も、いきなりノースリーブに着替えたりと、相変わらず季節の侘び寂びのないことですが、気候が良くなるとこちらの気分も明るくなり、そんな無聊な文化にも寛大な気持ちになります。

とりあえず残りの課題をこなすべく、相変わらず昼から朝までPCに向う日々を送っております。

春が来るのが早いか。私の苦行が終わるのが早いか。

ちなみに、最近どうやら抵抗力が落ちたのか、それとも林檎を噛んだら血が出るようになったのか、疲れが溜まると歯茎が腫れるようになってしまいました。

鎮痛剤とビタミン剤を交互に口に放り込みながら、なかなか出て来ない英文を搾り出す日々。翻訳コンニャクってどこで売ってるのかしらん。

おすそわけガムでも良いや。スネオの家に届いたメロンをそれで思う存分味わいたい。シャクシャクと。素晴らしい歯ごたえ。豊かな香り。

なんの話でしたっけ。

えー。そうそう。

そんな中、今日は土曜日だと言うのに朝から学校に呼ばれました。

Capstone Workshopという名のセッションです。

Capstoneというのは、今ひとつ良い訳語が無いのですが、私の所属する学部では、修士論文に相当します。

Capstone Workshopと言うのは、そのための準備講座とでも言うもの。

たった2学期しか過ごしてないと言うのに、もう修士論文とは。いやはや。そんなに焦らなくても。

実際には来期からこのCapstoneを開始して、3学期、つまりは9ヶ月を使って修士論文を完成させることになります訳ですが。いやはや。

とにかく。

そんなわけで今日はそのCapstoneの概要説明および、指導教授陣の紹介などがありました。

教室に集まった生徒の数は20人ほど。パートタイムの学生が大部分を占めるこの学部では、Capstoneにたどり着くまでに4・5年費やす人も珍しくありません。

そのためか、生徒の面々も先輩方の顔が目立ちます。

私は入学してまだ半年足らずなんですがね。

さてさて、どうなることやら。

このCapstone、私のリスニング能力が正しければ、この学部で習得した特定の分野について、資料を読みこなし、独自で調査も行い、自らの仮説なり、現状分析を論文として纏めるということになるそうで。

論文完成後には、教授陣による口頭試問もあるという、なかなか本格的なもの。

そんなん出来んのかね。俺に。

小さな胸を不安で痛める私を他所に、指導教授陣からとアドバイスが色々と。

そのうち一人の教授の言葉がこちら。

「Capstoneを始めたら、常に心に留めておいて欲しいことがあります。それは、あなたはこれから24時間、宿題を抱え続けているということ。たとえ次の週に宿題が指定されて無くても、あなたはいつまでもCapstoneを抱えているのです。そのことを決して忘れずに、勉強する手を休めてはいけません。」

「・・人によっては仕事の都合で出張がある人もいるでしょう。パーティーに出席しなければいけないときもあるでしょう。それでも寸暇を惜しんで、飛行機の中で、または、パーティーの前後に勉強してください。勉強して勉強して勉強して・・・それくらい必死に勉強すれば、そのうち、少しは自由時間が出来ると思います。・・・そしたら、その時間を使って勉強してください」

生徒達からは、ひきつったような笑い声が。

ちょっと待て。これ以上どうやったら勉強できると言うのか。

しかもファイナルでてんやわんやのこの時期に、なんでそんなことを言うのか。

私の学部は組織変革論を専門としているので、組織の構成員のモチベーションを上げるにはどうすればよいのか、なんてことも色々教わりますが、自学部の生徒のモチベーションを上げるのは本当に下手。

おまけに、なるべく準備期間を長く取れるように、という暖かい心遣いにより、楽しい春休みが明けないうちから、特別に第一回の授業があるとのこと。宿題もきちんと用意されてたり。

この春休み、隙あらば日本に帰ろうとしていた私ですが、飛行機の予約を取らなくて本当に良かった。

まぁそんなことで、来週の水曜日には冬学期が終わるものの、3月が明ける前から春学期がスタートします。

人生と商いは止まらない列車といいますが、胃腸が弱い私は途中で便意を催してしまいそう。トイレはどこですか。

とりあえず、無事冬学期を終えるために、課題の方を続けることにします。

Capstoneのことは、とりあえず忘れておこう。

ではまた。
【2007/03/11 11:01】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ツボが分からない。 | ホーム | 燃えてます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/353-2296d436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。