TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
産休 very much
タイトルは読み飛ばしていただくことを推奨。

三連休の最終日、妻の親友であるA夫婦のお宅に訪問。

夫婦ともに妻の学生時代からの友人で、長男が5歳、現在第二子を妊娠中とのこと。
暑い中大きなお腹を抱えて駅まで迎えに来て頂き、近くのレストランで昼食をご馳走になる。
ありがたやありがたや。
長男に会ったのは私がまだ妻と結婚する前のことで、まだハイハイしていたのに、(当たり前だが)いまではとっても明るく頑強な男の子に育っていた。
まさにTime flies like an arrow. 時間蝿は矢を好むってやつですね。

食事のあと、夫妻の家にてお茶。息子さんへのお土産として持ってきたシャボン玉製造マシーン(ピストル型になっているもの。引き金を引くとシャボン玉が連射される)も多少は好評。プカプカプカとシャボン玉を作ってはウケケケと喜んでくれた。

夫妻のお宅もとても素敵で、なんだか絵に描いたような幸せ家族という感じ(御本人達は笑って否定するでしょうが)。
一方当面子供を作る予定も(余裕も)無く、家も引き払いドキドキしながら渡米を企む我が夫婦との違いに思いを馳せたり。

ちなみに妻の親友であるAさん。なかなか凄い女性でありまして、大手金融機関に勤めながら産休を取り、復帰後も総合職としてバリバリと仕事をこなすビジネスパーソンだったりもします。ある意味理想的な共働き家族かも。なかなか出来ることじゃないですよ。ほんと。

・・・ここらへんの話については、続いてかなり長文を書いたのですが、本人の了承を得ずに書くわけに行かない。えーと。何にせよ色々と考えさせられる問題でありますね、と思考停止の決まり文句を書いて省略。

お茶をしているうちに息子の友達が遊びに来て、父親と息子、そしてその友達で壮絶なバトルが開始。男の子のいる家庭って凄いですね。遊び方が尋常じゃありません。

父親 V.S. 児童2人 の戦いは壮絶そのもの。まるでマトリックスの100人スミスのシーンを観ているよう。ちぎっては投げ、ちぎっては投げる父親ネオ、吹っ飛ばされる端から増殖する起き上がる子供スミス達。蹴散らされるために襲い掛かり、襲い掛かるために蹴散らされる。力尽きた子供は、床に倒れこみ、一時的に頭から「プシュー」と湯気を出して放心状態/脱水状態になるものの、あっという間に体力を回復すると、再びグレムリンの如く父親に襲い掛かります。ねぇねぇボク達、エントロピーの法則って知ってる?あとねぇ、アフリカでは3秒の間に(以下略)

果てしなく続く狂乱と喧騒の中、こともなげに楽しく茶を飲む妻達を見て、私は日本の明るい未来を確信いたしました。

夕方頃にA夫妻宅を辞去。何と餞別まで頂いてしまって誠に恐縮。何だか最近こういう機会が多く、有難さに涙が出る反面、こんなにして貰って、一体どうやってお返しできるのだろうかという不安と、これだけ応援されている以上は頑張らねば、という気合も入る。本当に有難うございました。

そういうわけで怒涛の三連休は終わり、再び残り少ない日本での日常生活が始まったのであります。
【2005/07/18 23:07】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Decoding the Da Vinci Code | ホーム | BBQ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/35-0e465ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。