TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
貢献の仕方
冬休みに緩んだ英語力(そんなものがあったとして)に今ひとつ回復の兆しが見えないにもかかわらず、非情にもカリキュラムは進んでいきます。

ちなみに今回取っているのは3クラス。って学生ビザを維持するためには3クラス取らなければいけないので、当然といえば当然なのだが、私の学部では、周囲を見回すと3クラスも取っているのは留学生のほかは数名しかいない状態。

生徒のほとんどがパートタイムをだから、という事情もありますが、実際、前期3クラス取っていたアメリカ人フルタイムの学生でも、今期からは2クラスに減らしている人が大多数。

どうも学部のディレクターがここ1・2年推進しているワークロード増加計画がボディーブローのように全生徒に効いているようです。

選択の余地がある人たちが羨ましい。まぁ言っても詮無い事ですがね。

私にとっては、頭の痛い問題がもう一つ。

今回の3クラスに加え、実はもう1つ前期からのスタディグループが続いており、こちらの準備が2月上旬の研究発表会に向けてメラメラと燃え上がりつつあります。

既に毎週末ごとにミーティングと作業が待っており、週末は全滅。

実質的には4つクラスがあるようなものです。

・・・いつの間にか大変なことになってるではないか。

そんなわけで、今日はそのスタディーグループのミーティングがありました。

8人のメンバー+お目付け役の教授1人で構成されているこちらのスタディーグループ、アクションラーニングの実践の場として規定されており、自学部の課題に対して提案書を作成するのが目的です。

具体的なRFP(提案要望書)が学部長名で提示されており、提案が採用されたグループは本当に予算を与えられ、実行・運営まで任されるという変わったケースです。

うちのグループでは、会議ごとに、ファシリテーター(会議を進める役)と書記がリストとして作成されており、メンバーが順番に担当していくという形で進んでいます。

ずーっと恐れていたのですが、とうとう私に書記が回ってくる日がやってまいりました。

とは言え、現時点の私の英語力では、ネイティヴスピーカー8人が喋くる内容をキチンと把握して要約しつつ、議事録を纏めるなんて出来ません。

いや謙遜とかいうレベルじゃなくて。

まじで不可能です。

今までだって

「あー相変わらずこの人の言ってることは聞き取れないなー、でも他の人のリアクションから察するに、こういうことを喋ってるんのかなー」

という胡散臭い理解で会議に参加・発言していた私。

それでも翌日回ってきた議事録を見て、「え?こんなこと言ってたの?全然気付かんかった」と冷や汗をかくことなんてザラでございます。

そんな私が議事録を担当やったら、伝言ゲームどころか、ほとんど自爆テロみたいな様相を呈することは間違いありません。

全部ICレコーダーに録音して・・・ということも考えましたが、時に3時間を越す英語のミーティングを聴き直して、などという作業は現実的ではありません。っていうか、そんな時間はない。

そんなわけで、昨年末に行われた前回のミーティングの終わりに、勇気を出して白旗を掲げました。

「誠に!! 誠に申し訳ございません! 大変申し上げにくいことで御座いますが、次回の会議において、私に任される手はずになっております、この『書記』というお役目。恥ずかしながら私めには若干荷が重すぎると結論せざるを得ません。ここはひとつ、何とか他の形で貢献させて頂く訳には参りませんでしょうか?」

・・・という気持ちを込めて、実際に言ったのはこんな感じ。

「ワタシー、書記ムリー。チョト無理ー。イヤ絶対ムリー。ミッション、インポッシブルヨー。他ニスルコト無イカー?アルカー?出来ル事ナラ、私ヤルヨー。デモ書記ムリネー」

本当の気持ちを伝えるのって難しい。

すると、他のメンバーから「あーそうかもねー。俺も日本語の会議に出たら書記なんて出来ないしー」という、暖かいお言葉を頂戴する。

好んでアメリカに来ている身としては、「いや、そんな慰められ方もどうよ」と思わなくも無いが。出来ないのは事実。

「じゃあどんな貢献が出来る?」と言われる私。

うーむむ。

って、考えとけよ>自分

答えに窮した挙句、冗談のつもりで、「日本食を差し入れようか?」と言うと、

「オーナイス!じゃあそれで良いや」ということに。

本当に良いの。それで。

ということで、本日朝から妻の全面的支援にすがり、寿司やらテンプラを差し入れて、今回の書記役については免除してもらいました。

いや心中複雑だけれども。けれども。ええ。

幸い、差し入れた日本食は「オーグー!」だの「ソーナイス!」と言った賛辞の言葉とともに大部分が消費されました。

特に日頃日本食が好きと言っていた女性2名には好評で、持ち帰ってる人もいました。喜んでいただけたようで幸い。

ごく一部のメンバーが寿司を指差して「これは本当に火を通さなくて良いの?レンジでチンとか要らないの?」と執拗に質問された時にはどうしたもんかと思いましたが。ドゥーユーノースシ?

<閑話休題>
 
日本食って、意外と食べない人は本当に知識がないみたいですね。海苔巻き全部解体して食ってる人も居ました。嫌いな具が入ってたのかと思いきや、一応綺麗に食べてるし。ご飯→具→海苔、ってそんな順番でバラバラに食って美味いのか。寿司の神様が怒るぞ。

<閑話休題終了>

そんなこんなで3時間。

久々のミーティティングで恐ろしいほど聞き取れない会議も何とか終了。ふぅ。

と、今回のファシリテーターが、私の名前を呼びました。

「次回、ファシリテーターのリストに挙がってるけど、Twitetta、出来るかしら?」

私「・・・次の会議って結構重要だよね?」

ファ「そうだねー。ソリューションを詰めてくフェーズだからねー。結構重要だねぇ。」

私「えーと。やれる自信が今ひとつだけども・・・。」

他のメンバー「・・・どうする?あなた次第だ」

・・・えーと。

「今度はソバが良い?」

と喉元まで出かけた言葉を寿司で塞いだ私。

私「・・・なんとかやってみる。って言うか、やらせてみてプリーズ。」

メンバー「オゥ。オーケー」

呆れてんのか感心してんのか。多分前者だな。

でもね。

逃げてばかりじゃいけません。人にはやらねばならぬ時がある。

シカゴくんだりまで、ケータリングしに来てるわけじゃないのだよ。

たまには追い込まないと。

私「・・・でも助けてね。マジで」

とことん小心者の私。(いや現実主義者と言って欲しい。)

メンバー「・・・そりゃあもう!」

強張った笑みでガクガクと頷くメンバー達の顔を見ながら、腹を決めた私でした。

まぁ、高確率で傀儡政権ならぬ、傀儡ファシリテーターになりそうな気もしますが。コールミー溥儀。

ではまた。
【2007/01/07 21:27】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<タイムマネジメント失敗中 | ホーム | ネゴシエーター登場。または巌流島@シカゴ。>>
コメント
今からEMSでスキヤキセットとゲイシャ扮装一式送ろうかと思って郵便局行ったけど、生モノはダメだって断られちゃった!

という訳で頑張ってねぇ!
【2007/01/08 22:11】 URL | 次姉 #Qeh3fKfs[ 編集] | page top↑
結果報告待ち遠~しい。
【2007/01/09 01:20】 URL | unoG #-[ 編集] | page top↑
>次姉上

お気遣いいただきありがとうございます。
なぜ肉だけ除いてその他一式を送っていただけなかったのか甚だ理解に苦しみます。ゲイシャの扮装してファシリテーターやったら伝説に残ったことでしょう。キックアウトされるかも知れませんが。
【2007/01/10 16:51】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>UnoG様

結果報告・・・やっぱりしなけりゃいけないんでしょうかね。今週末ですが、まったく準備をしておりません。さあどうしたものか。
【2007/01/10 16:52】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/334-fd11f627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。