TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Not床屋政談
今週はサンクスギビングということもあり、月曜日で授業は終了。

天辺が見えないほど膨大な量の宿題はともかく、毎晩予習と課題に追われる生活は一休み。

尻に火が付くどころか、肛門括約筋のあたりまでチリチリ焦げ付かないと、宿題に取り掛かれない私としては、なんとかこの休みの間に自己管理を徹底させて勉強したいところですが、果たしてどうなることか。

とりあえず、久方ぶりに床屋に行ってきました。

以前は日本で購入したバリカンを使って、妻に散髪をしてもらっていたのですが、まあ色々とあった挙句、妻がどうしても切ってくれなくなったので最近は床屋に行ってます。

ちなみにアメリカの床屋に行くと、「何番にする?」と聞かれます。

何番て何よ?と思われるかもしれませんが、これはバリカンのアタッチメントの長さのことです。1から4まで。さあ選べ。

1番が一番短く、番号が大きくなるにつれて長くなるわけなのですが、なんというか大雑把な感じ。

「えー。じゃあ、とりあえず側頭部は3番、襟足は2番で、あとは適当に」

客も大雑把でないといけません。

ちなみに今日髪を切ってくれたのは、黒人のおばちゃんでした。

ガリガリガリ。威勢良くバリカンで刈られていく私の頭。

しばらくすると、おばちゃんが不意に声をあげました。

「ねえちょっと!見て見て!お店の外!」

首を曲げてガラス越しに店の外を見てみると、ホームレスの男性が一人、店の前のゴミ箱を漁っています。

「あの人はねぇ、ああ見えて、本当は博士号を持っているのよ」

なんと。一体なんでまた。

「何があったか知らないけど、色んなことがあったんだろうねぇ・・・。立派な教育を受けたのにねぇ。とにかく、あれが彼の選んだ生き方なのよ。」

私も妻もアメリカに来て勉強しているわけですが、人生何がどうなるかなんて一寸先はダークネスでございますな。

「ドラッグとかアルコールの問題を抱えてるの?」「家族はいるの?」などと質問を投げかける私に、全部「知らない」「さあねぇ」という返事を返すおばちゃん。なんも知らないのね。まぁいいけどさ。

なんだか切なくなってきました。

鏡に視線を戻しつつそんなことを考えていると、その間も店の外をチラチラ見ながら私の頭を刈っていたおばちゃんがまた大声を上げました。

「あら!あらら!ちょっと見て御覧なさいよ!あの人ゴミ箱の残飯食べちゃってるよ!」

再び店の外を見てみると、先程のホームレスの男性がゴミ箱から掘り出したファーストフードの紙袋に手を突っ込んで、なにやらムシャムシャ食べてます。

なんだか居たたまれなくなってきました。人生ってつらい。

おばちゃんの方はヒートアップ。

店のカウンターの人にまで、「ほらちょっと!見てご覧なさいよ!あの人ゴミ箱からなんか食べてる!」と知らせてます。

さらには、先程店の奥にひっこんだ男性にまで、

「ねぇ!ホームレスがゴミ箱漁って残飯食べてるわよ!ちょっと来て見てみなさいよ!ねぇってば!」

いやいや。わざわざ声をかけんでも。

声をかけられた男性の方は「あーそー。いいよ。別に見たくない」とつれない返事。

それでも、おばちゃんの勢いは止まりません。

「そういえば!今日あそこのゴミ箱漁って食べてるのはあれで二人目だよ!あの人は残飯の残飯を食べてるのかしら!あらやだ!まぁまぁ!」

店の外を眺めながらまくし立てるおばちゃん。

その間もバリカンは轟音を立てて私の頭を上下上下。

「ねぇちょっと!!ちょっと見てみなさいよ!私の髪の毛どんどん短くなっちゃってんじゃない!?大丈夫なのそれ?!」

思わずそう声をかけたくなりました。

まぁ、そこはプロ。流石に私の頭が虎刈りになることはなく、アメリカ式真一文字な襟足が綺麗に完成。

毎度思うけど、カツラみたいな仕上がり。いや下手じゃないんですがね、それ以前の問題と言うか。

ざっと30分足らず。髪を切った後洗髪などということはなく、箒でサッサと髪の毛を払って散髪は終了。

いつも通り、立派な寿司職人のようになった頭を寒風に晒しながら、店を出ます。

もうホームレスの男性は姿を消していました。

ではまた。
【2006/11/22 17:31】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<何かが焦げる匂いがする・・・。 | ホーム | エレベーターにて>>
コメント
ちなみに日本におけるホームレス生活者の最北端は旭川だそうです。
6人ほどいます。
それより北には確認されていないそうな。
冬になると旭川の気温は-20℃を越えます。
みんなで身を寄せ合って寝ないと死んでしまうそうです。
以前あるテレビ局のリポーターが聞いてました。
「どうして旭川なんて寒いところに住むんですか?」
彼らはこう答えました。
「日本全国どこ行ったって、同じだべさ。」

違うとおもいます・・・。
【2006/11/25 20:41】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
かなり笑いのツボに入る話で、それを伝えたかったのですが・・・。 コメントしようにも何を話していいか分かりませんでした。

とりあえず、もんのすごく面白かったことだけお伝えしたくて、
してみました。

e-433
【2006/11/27 03:48】 URL | brgreen #-[ 編集] | page top↑
>nakanie

返事が遅れてすみませんねどうも。

元・最北大臣の私としては、旭川のホームレスの方々が心配で堪りません。

>それより北には確認されていないそうな。

つーか既に人扱いで無いような気が。

大変寒いことで有名なシカゴですが、雪でも降らない限り、結構外で寝てる人が居ます。毛布を山のようにかけてですが。
ああいうのを見ていると、人間結構厳しい状況でも生き抜けるものだと思ったり。
【2006/11/27 06:45】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>brgreenさん

ご無沙汰しております。身体の具合は如何でしょうか?

>かなり笑いのツボに入る話で、それを伝えたかったのですが・・・。 コメントしようにも何を話していいか分かりませんでした。

いえいえ。毎度エントリを書いてコメントが入らないたびに、「あー!詰まんないこと書いちまったな俺は!」と激しい自責の念に駆られているので、面白いと言っていただけるだけで救われると言うものです。ありがたやありがたや。
【2006/11/27 06:47】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/318-f467822e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。