TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ギッタンバッタン。ゴリゴリゴリ。
ギッタンバッタン。ゴリゴリゴリ。

昨年、MBAプログラムで苦しむ様子を見ていて、なんとなく予想は出来ていたつもりでした。

授業のレベルの高さ。予習の大変さ。

私が通うのがMBAじゃないとは言え、多分同じようなつらさを味わうんだろうなぁと思ってました。

確かに授業の内容は難しいし、予習の尋常じゃない量にもあっぷあっぷ言ってます。

でも、それよりつらいのが、ギッタンバッタン言う奴と、ゴリゴリ言ってる奴なんです。

ギッタンバッタンで、ゴリゴリ言ってるんです。

それがつらい。

良く分かりませんか。

ギッタンバッタンと言ってる無骨な機械があって、それとは別に、始終ゴリゴリ言ってるものがあるんです。

まだ分かり難いか。

ギッタンバッタン言ってるのは、私の言語中枢に昨年から居座っている英語マシーンのたてる音。

滞米一年。私の英語マシーンは相変わらずキチンと動きません。

ギッタンバッタン。ギッタンバッタン。

そもそもそれは、マシーンなどという格好の良いものではなく、おそらく見た目は古びた木製の枠組みで出来ており、錆びた歯車と擦り切れたベルト、旧型のエンジンで動いています。クレ55を注されることもなく、とうに動かなくなった部品もちらほら。もちろん新しくつけたパーツもいくつかありますが、それが本当に説明書に則って設置されたのかは、かなり疑わしいものが。

そんなギッタンバッタン言う機械をなんとか乗りこなそうと、日々奮闘しておりますが、いきなり「・・・プスン」と言って動かなくなったり、逆に振り落とされて地面に叩きつけられること数知れず。

珍しく論理的かつ長文の英語が話せた!と思うと、肝心の議論には全く反映されなかったり、そんなつもりじゃなかったのに爆笑とともに「上手いこと言うねぇ!」と言われ、「そうだろ?俺って面白いだろベイビー」と後付けでニヤリと笑ってみたり。

ギッタンバッタン言ってるわけです。

その一方で、始終ゴリゴリ言ってるものが。

それは私の自尊心が削られている音。

もしこれが日本なら、

目の前の議論をきちんと整理してあげられるはずなのに。

あるテーマについて、新たな視点を提供できるはずなのに。

その適当な発言に、きちんと反論できるはずなのに。

あの混沌としてきたプロジェクトを、鼻の穴を膨らませながら、愚民を導くが如くきちんとまとめることができるはずなのに。

そんな想いとは裏腹に、ただ薄笑いを浮かべた傍観者でしかいられない時、私の自尊心はゴリゴリと削られていきます。

ギッタンバッタン。ゴリゴリゴリ。

その音が止むことはありません。

いつかこのギッタンバッタンがもう少しリズミカルに、耳障りの良い音を奏でる日が来るんだろうか。

そしてゴリゴリ言う音が止む日が来るんだろうか。

とある夕飯時、そんなことを妻に話してみました。

ゴリゴリ言ってるんだよぉ。

妻は笑ってこう言いました。

「あーそう言うもんだよね。でも、私はもうゴリゴリ言って無いなぁ」

おお。さすが二年生。その秘訣をプリーズ。

「なぜなら、もう私の自尊心なんて砂になってるから。砂よ砂。粉末状。サラサラーってなもんよ。ええ。水にもお湯にも良く溶けます。」

「たまーにカラカラ言ってるときもあるから、ひょっとするとまだ小さい欠片が残ってるのかもしれないけど。まぁゴリゴリ言うほどのサイズは無いね。えへへ。」

なんだか空恐ろしいことを言う妻ですが、その表情は明るいものです。

強えなぁ。

私もいつかそんな境地に達することが出来るんでしょうか。

そして粉末状となった自尊心で、お砂場遊びが出来る、私にもそんな日が来るんでしょうか。

そこで作った砂の城は、どれくらい大きくて、どんな形になるんだろう。

そしてそのお城には、どんな王様と女王様が住んでいるのかな。

・・・なんだか何を話してるのが良く分からなくなったので、今日はこのへんで。

ではまた。
【2006/11/17 07:29】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ピキーン! | ホーム | フロスト警部、シリーズ終了の危機?>>
コメント
「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなお聞こえけれ」
久しぶりにブログ拝見いたしました。
随分とブログも進んだようで・・・。
時間の早さを感じますね。
君のブログをみていると境遇こそ違えどある種の「苦しみ・苛立ち」といったものの共有化がはかれるような気がしてきます。
最近私も疲れ気味です。
年末に向けてがんばるか!
【2006/11/17 19:26】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
その古びた英語マシーン、蚤の市に出してみれば?
いつか夫が買い付けるかもよ!

【2006/11/18 09:05】 URL | 次姉 #-[ 編集] | page top↑
>nakanie
コメント有難う。

>君のブログをみていると境遇こそ違えどある種の「苦しみ・苛立ち」といったものの共有化がはかれるような気がしてきます。

なんだか知らないうちに知らないものを共有されているのは、間違って人の脱いだ靴下を履いてしまったかのような居心地の悪さを感じさせるものだね。
つーか本当に疲れてるな。大丈夫か。
【2006/11/20 01:06】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>次姉上

eBayでもヤフオクでもなく、蚤の市というあたりが我が一族のリテラシーを感じさせたりもして。

>いつか夫が買い付けるかもよ!

それが売られて可愛い姪のミルク代になるのであれば喜んで差し上げましょうそうしましょう。
【2006/11/20 01:07】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/315-c15d0e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。