TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フロスト警部、シリーズ終了の危機?
たまには趣味の読書の話。

いや、最近は全然趣味の本なぞ読めてないけども。

結構前に読んだ記事なのですが、いつまで経っても他のブログ等で紹介したものを見かけないのでご紹介。

イギリスで非常に人気があり、日本においても海外ミステリ好きには、その翻訳が一日千秋の思いで待たれているものに、フロスト警部シリーズというのがあります。

日本でも翻訳が出る度に、必ずその年のミステリベストテンの上位にランクインするという人気シリーズ。

その最新作について情報が、なんだか嫌なニュースとともに出てました。

I'll kill off Frost, says author angered by the police [The Scotman]
「フロストはもうお仕舞い」警察に怒る作者が語る

全文を訳すのは面倒なので、概要だけ説明しますと、フロストシリーズの作者であるR・D・ウィングフィールド(R. D. Wingfiled)が、無実の罪に問われた甥に対する警察のずさんな取り調べに腹を立て、もうフロストシリーズを書くのは止める!と言ってるそうです。

今年の三月に、ウィングフィールドの甥っ子が、バッテリー充電器を盗んだという容疑で逮捕されました。後に無実と判明したものの、その捜査方法や取り調べがあまりにいい加減だったとのこと。

ウィングフィールド曰く、「甥は犯人の人相書きと一致してなかった。警察は、甥の無実を証明する可能性のあった監視カメラさえ見ておらず、アリバイを確認することも拒否した。しかも自白すれば警告だけですみ、家に帰れるとそそのかした」

これだけ読むと、なんだか捜査を担当したのはジャック・フロスト警部なんじゃなかろうか、とも思ってしまいますが、フィクションと現実では話が違う訳で、ウィングフィールド怒ってます。

今回の事件で、現実の警察に対していたく失望したウィングフィールドは、もうフロストシリーズを書くことが出来なくなったと言っています。現在執筆中の6作目でシリーズを終了させるとのこと。

それで慌ててるのが周囲の人間。なんせテレビドラマにもなってる大人気シリーズですからね。

事件を担当したエセックス署は、出来ればウィングフィールドと直接話し合いたいとし、今回の件でフロストシリーズが終わるなんてことがあってはいけないと言ってます。そらそう言うわな。

ウィングフィールドのエージェントのコメントもなかなか面白いです。
「フロストシリーズが続くことも考えられます。警察を辞めたという形で、ですが。」

・・・いやいやいや。フロストは警察組織の中でしがらみに捕らわれつつ奮闘するから面白いんだろう、と読者としては思うんですが。大丈夫かこのエージェント。

まぁ立場上、なんとか続けて欲しい一心から出た言葉なんでしょう。

このニュースについて、読者から色々コメントもついてます。お願いだからやめないでーみたいなのに混ざって、ウィングフィールドの態度にちょっと呆れてる感じも見受けられます。おいおい落ち着けよ、みたいな感じで。

というわけで、待ちに待った最新作についての情報を、なんだか嫌な形で知ることになりました。

個人的にはフロスト警部シリーズが終わってしまうかも、というのは非常に寂しいのですが、そもそも1999年に出版された第五作"Winter Frost"以来、長編についてはさっぱり音信がなかったので、正直なところ、もう書く気がなくなったのかなと半ば諦めていました。
("Early Morning Frost"ってのもありましたが、あれは中編ですし、そもそも英語版は出版すらされてない。)
なので、6作目を執筆中と聞いて私は大喜び。少なくとももう一作は新作長編が読める訳です。いやめでたいめでたい。

日本でも第3作「夜のフロスト」が翻訳されてからずーーーーーーーっと待たされっ放しで、読者からは東京創元社に大量の呪詛が投げつけられている筈ですが、まったく出版される気配がありません。こちらはこちらで一体どうなっているのやら。このシリーズを担当している名翻訳者の芹沢恵さんにも、なにか警察に対する信頼を損なうような出来事があったのでしょうか。

何にせよ、愛読者としてはなるべく早く新作が読めることを期待しております。

え?明日の予習は終わったのかって?

勉強に戻ります。

ではまた。




関連エントリ
「R.D.ウィングフィールド氏が亡くなりました。」(2007年8月4日)

フロスト警部シリーズの今後について、驚きのニュースを小耳に挟んだ。(2010年3月16日)

フロスト警部シリーズ「最新作」について (2010年3月18日)

(多分)どこよりも詳しいR.D.ウィングフィールドについて (2010年4月5日)
【2006/11/14 08:29】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ギッタンバッタン。ゴリゴリゴリ。 | ホーム | チームあれこれ。>>
コメント
その後の
mixiから参りましたヱビスと申します。
貴重な情報をありがとうございました。
自分もフロストファンですが、まだ原書も読め
ず、TVシリーズも未見です。しかし、あの厚
さが全く気にならない面白さ、続刊しないの
かなあ……。
 もしもその後の情報等ご存じでしたら、mixi
に書き込んでいただければ嬉しいです。
【2007/01/05 07:59】 URL | ヱビス #-[ 編集] | page top↑
>ヱビスさん

コメント有難うございます。その後の進捗ですが、たまに色々見たりしてるんですが、残念ながら、今のところまったく情報がありません。
その後のブログのエントリで、今年最新作「A Killing Frost」(仮題)が出るということは書きましたが、こちらも具体的なスケジュールは不明のままです。私のわかる範囲で何か出てきましたら、mixiのコミュニティにも書き込みますので、そのときは宜しくお願いします。

ではまた。
【2007/01/07 19:07】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/314-cbca31ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。