TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
送別会(自分のではなく)
以前勤めていた会社の先輩が出産のため退職することに。

送別会に参加するため、仕事を終えてから会場に向かう。

当たり前だが、会場となるお店は以前勤めていた会社のビルの近くにあった。

退職したのはほんの1年くらい前なのに、風景に懐かしさを感じる。なんか死にそうになりながら働いていた記憶がフラッシュバックしてきたり。忘れよう忘れよう。

ちなみに、今日は幹事から司会を頼まれていたが、所詮身内の送別会。これで緊張する程ひよっこじゃございませんよ。

多分飲み屋の一角か、座敷を貸切ってということだろうから、司会と言っても大した仕事はないだろうしね、などと高をくくってズンズン進む。

地図を頼りにお店に着く。ダイニング・カフェみたいなオサレなお店だった。

店の入り口には「本日貸切です」の張り紙。

えぇぇ。店貸し切っちゃってますよ?そんなに大勢なの?

ちょっとドキドキしてきた。
そして送別会が始まる。なんかマイクを持って佇んでる私。えーネタ何も考えてねぇー。

とりあえず思いつきで喋ってみる。ちょっと受けた。おお。今夜はいい客だぜジョー。いやジョーって誰。

プレゼンでも司会でも、「最初の笑い」が出てくれば後は楽なもので、後は暴走したり、逸脱したり、だけを気をつければまぁ及第点なわけで。
あんなもんで許してください。>関係者

送別会自体は思い出の写真上映会や、欠席者からのビデオメッセージなど、まるで新郎及び新郎側関係者が一切いない結婚式の二次会(どんな喩えだ)のようで、とてもよく準備されていた。

既に退職しているにも関わらず、出席している人が私以外にもちらほら。

社内の人間でも部署に関わらず、様々な役職の方が多数参加していて、見送られる人の人脈の広さ・深さに感心。さすが。

歓談中は、色々な人と旧交を温めたり、冷めたまま放置したり。

不思議なもので、(すくなくともこちらは)まったく違和感なく皆さんとお話できたのが嬉しい。アメリカ行くという件についても、喜んでくれる人、応援してくれる人多数。ありがたいですね。

さらに不思議なことは、1年ほどなのにすっかり名前を忘れてしまった人が数人いたこと。

具合の悪いことに親しげに話し掛けて頂いたりするから困る。えーと、どなたでしたっけ。顔は覚えているんですが。とは言えない。

話題に困った挙句

「いやー1年経ったら意外と物忘れするもんですねぇ。今日来てる中にも何人か『どーしても思い出せない!』ってひとがいるんですよ(笑)」


とか、「そのどーしても思い出せない人に」話し掛けてみたり。本当に申し訳ない。

そんな感じで送別会はつつがなく終了。なんか1歳若返った気分。
よい会でした。
【2005/07/08 23:27】 | 日記@東京 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<送別会 | ホーム | 【業務連絡】渡米日決定?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/30-1c93ab3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。