TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ひとやすみ/jackass number two
気がつけば妻が久方ぶりにブログを更新しております。
御用とお急ぎでない向きは、よろしければお立ち寄り下さい。
ガムバルヤムリンゴ

水・木と授業を終え、週明けの予習もほったらかした私は気分転換に映画に行って来ました。

観て来たのは”jackass number two"。あの悪名高い"jackass"の続編でございます。

pg


極端に悪趣味な映画なので、一応歯に衣着せた表現をつかって感想を書いてますが、それでも不快になる方もいると思うので一応レーティング。映画はR指定ですが、このエントリはPGくらいで。

つづきを読みたい方は↓をクリックして下さい。
以下本編。

この"jackass"もともと売れない役者だったJohnny Knoxvilleが、自分の身体を使って各種防犯器具(催涙スプレーとかスタンガン)を試し、その内容を記事にして売り込もうとしたところ、「映像で撮った方が面白い」というアドバイスを受けて撮り始めたのが切っ掛け。で、その後、MTVの人気番組として一世を風靡して映画版まで作られました。"jackass number two"はその続編でございます。テレビ版にはブラッド・ピットなんかもゲストで出たりして話題になったことがあります。今回もスパイク・ジョーンズが特殊メイクで活躍してます。

ご存知の方も多いでしょうが、"number two"というのはスラングで、えーとトイレの"大”の意味にもなります。ちなみにnumber oneは"小"の方。だからこれは第二弾という意味と、えーとそのそういう意味をかけてるわけです。大体これでこの作品の性格が分かろうというものでしょう。

映画と言ってもストーリーは皆無。Jonny Knoxvilleを始めとした売れない役者やスタントマン、スケボー兄ちゃんが(いろんな意味で)危険な(主に失敗する)スタントや口にするのもはばかられるような下品なパフォーマンス(大学の一発芸を極端にしたようなもの)を次々に垂れ流す構成になっています。

はっきり言って、「観て来た」というだけで品性を疑われそうなほど、悪趣味な映画です。いやまじで。初めてのデートで行く映画としてはこれ以上ないくらい最悪なチョイス。気心の知れた友人と行っても友情にヒビが入る可能性があります。本当に洒落になってません。

当然私の妻も、速攻で「私が行くわけないでしょ」とのファースト&ファイナルアンサーでございました。

なもんで、一人で映画館に。

金曜日の昼。マチネーだというのに初日ということもあってか、劇場は半分くらいの入り。男子学生っぽい比率が若干高いような気もしますが、女の子同士、果てはカップルまでちらほら。大丈夫ですか君達は。

最初の「これらのスタントはすべてプロの監修のもとでやってるので、絶対真似すんなよ」という主旨のjackass御馴染みのメッセージが流れるだけで、一部の観客から歓声があがります。

「イヤッホー!」

すかさず「シャラップ!」の声も遠くから聞こえてきました。皆さんなんだか気が立ってます。

相変わらずJackassの面々は人間が思いつく限りの下らない行為を展開。ジェット付きチャリで湖に飛び込むなんて可愛いもので、釣り針を自分の頬に刺して自ら餌と化し、海に飛び込みサメを釣ろうとしたり、蛭を目にいやいやビールをあそこから大蛇を素手でいやいや焼きごてをお尻いやいや馬糞をいやいや、とてもじゃないがここには書けません。本当に最悪です。危ないわ汚いわ。まったく洗練されてない上に失敗する電撃ネットワーク。
一番可愛らしいと思われるレベルでも、目隠しをして闘牛場に立ち、牛(?)に弾き飛ばされるというくらいですから、その程度が知れようと言うものでしょう。

観客のリアクションはこれ以上ないくらい上々。爆笑や悲鳴や歓声の嵐。なんだか気分が悪くなったのか途中で出て行った人も一組ほど居ましたが、残りの9割9分の観客はエンジョイしておりました。

流石の私も、とあるシーンで「う・・・」と一瞬気分が悪くなり、ポップコーンを口に運ぶ手が止まりました。

食べたけどね。

1時間30分ほどの、人間の尊厳はどこまで貶められるのかという各種コンテンツ、21世紀における絢爛たる見世物小屋が終了し、最後は場内拍手喝采で締められました。あの「ブロークバックマウンテン」ですらまばらだった拍手が、この映画ではかなりの盛り上がりでございましたよ。

絶対おかしいよ。こいつら。

いつかアメリカ人と日本人の衛生観念の違いについて、熱く語ってみたいと思います。

そもそも、なんでそんなもん観に行ってんの君。しかも初日に。という質問については、なんともお答えのしようがありません。

無理矢理格好つけて言えば、

「・・・だって、井戸の底を知らないと青い空の高さを実感することが出来ないから・・・」

と遠い目をして呟くこともできるでしょうが、言い訳になってませんね。

ましてや第一作のDVDも持ってるなんて口が裂けても言えない。借りたい方は一声お掛け下さい。

個人的にはこの映画、第一作よりも露悪趣味がキツくなっており、いやいやそういうのが好きな人には良いんでしょうが、この手の映像にかなり耐性があるつもりだった私もちょっと引きました。いま思い出しても気分が悪くなるシーンがいくつか。いや、いくつも。

私のこのエントリを参考にしてこの映画を観に行った方が居ても、絶対に苦情は受け付けませんのでよろしく。

さらに「そんな映画を観に行くなんて、おまえは品性が下劣に違いない」と仰る方には、観に行ったことすら全力で否定しますのでそのつもりで。

ちなみに週末の興行収入成績、この映画が一位だったらしいですね。

すごいぜアメリカ。

今日の予習リーディングのJim Collinsの"Good to Great"(邦題 ビジョナリーカンパニー2)のサマリーを読みながら、一体なんでこんな下らない映画の感想書いてんだか分かりませんが、そろそろ勉強に戻ります。この映画の総括としては"Bad to Worse"な感じでひとつ。

ではまた。
【2006/09/22 18:30】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<チームビルディング。もしくは慈悲にすがるということ。 | ホーム | 2つ目。>>
コメント
えーDVD借りたいーw

この間近所のレンタルショップが
200円均一だったので
・SAYURI
・ターミナル
・ミリオンダラーベイビー
を観ました。
ミリオンダラーベイビーはよかった。

24シーズン5は見てる?
日本では10/2からフジテレビで
シーズン4をやる模様
【2006/09/25 18:55】 URL | あんどゅ #-[ 編集] | page top↑
君にjackassのビデオを借りたのが縁でMTVの観えるケーブルに入ったのを思い出しました。それ以降、努力の甲斐もあって私の周りにはjackassファンがいっぱい。
以前、ケーブルでツールドフランスを観ていた妻が、選手の横でパンツ一丁になって走っているパーティーマンを見掛けたそうです。
ついでに「アメパイ」ファンも増えましたが。
【2006/09/26 18:39】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
>あんどゅさん

多分1の方は日本のTSUTAYAでもあると思われ。
そして私が持っているのは、まだ日本で公開すら未定だった頃に買った米国版であることは秘密です。
「ミリオンダラーベイビー」はESLの先生が激しくネタバレをしたので、その記憶があるうちは見ないようにしてます。「ターミナル」は見るたびにトム・ハンクス演じる主役の英語上達力の凄まじさに嫉妬心が抑えきれなくなります。「SAYURI」は・・・見ようと思ってますけどね。ええ。
「24」ですが、我が家はビデオがなく、さらに毎週決まった時間に家に居る可能性が低いので、なかなか観れません。残念無念。
【2006/09/27 00:44】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>nakanie
>努力の甲斐もあって私の周りには
>jackassファンがいっぱい。

なんとも言えぬ、嫌なコミュニティが出来てますね。それでも君が伝道者になるきっかけになれたことを天に感謝しております。
ぜひこちらでnumber twoを先取り鑑賞してください。大画面で観ると本当にすごいよ。最悪。
【2006/09/27 00:47】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/288-f65bcc3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。