TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
なんか元気じゃん。
ふらふらとオレゴンに旅立った妻ですが、すっごい元気になって帰って来ました。
出発したときの具合の悪さなど、無意識の仮病だったのでは無いかと勘ぐってしまうほどの興奮しての帰還です。アンズより梅が甘いとは良く言ったもの。

なんでも、出張先で知り合った人々や、参加した会議で非常によい刺激を受けた模様。MBAプログラムに参加して以来、自分のなかでの悩んでいたことの幾つかについて、一筋の光明が見えて来たようです。どうやら今まで妻が奮闘しつつ刻みつけてきた点と点が繋がりそうな感じ。
今は妻の語るキャリア展望が、聞いていた私ですら「あーなるほど!それが繋がって、そうなる訳ね。ほうほう」と言ってしまうような構造になってきました。妻の話だけだったらロマンチックな妄想と片付けたくなるかも知れませんが、妻が持って帰って来た情報や噂話を繋ぎ合わせると、なんだか現実的な迫力を帯びて来ます。

金融関係やコンサル関係に進む同級生を横目で見ながら、日の当たらない独自路線を黙々と進んでいた妻ですが、まだ細部は鮮明では無いものの、大まかな地図らしきものを手にして帰って来れたようで。良かった良かった。

妻と知り合って9年、結婚してから5年経ちますが、本当に妻は現場至上主義と言うか、体感主義と言うか、キャリアを探し求めつつ、現場で七転八倒するのが性に合ってるのだなぁと思います。妻のアイデアは、傍から聞くと最初は「???」というアイデアだったりするのですが、後になると結果のほうが辻褄を合わせに来ると言うか、知らないうちになんとかなると言うか、脚本無しの、ぶっつけ本番で行われてる2時間ドラマを見させられている気分です。なんとなく出した脇役が伏線を回収してくれるかのような有様は、これぞブランド・ハップンスタンス・セオリーの良い見本のような気すらしたりして。

誉めてんのか呆れてんのか分かりませんが。

とはいえ、妻のキャリアプランも、まだ小説で言えばプロットが見えて来たというくらいのレベル。実際の原稿用紙には一行も書かれてないような段階です。願わくばグダグダでどっちらけな結末になったりしないよう、最も身近な読者である私はこれからもドキドキして見守りたいと思います。

私も負けてはいられません。仮住まいのオーブンの使い方を一刻も早くマスターしなければ。

最後に、ご心配おかけしましたが、妻の体調はすっかり元通りになりました。さっきもgoogleで「セルライト 減らす」とか検索していたので、多分もう大丈夫でしょう。お祈りをして頂いた方々、本当に有難うございました。またの何かの時には宜しくお願い致します。

ではまた。
【2006/07/14 13:50】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<姪っ子と妖精さん | ホーム | そして妻はふらふらと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/254-4db2dbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。