TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
家なき子
さて。

まずは最近の天気。
時折吹く風が冷たかったり、どんより曇ったりすることもありますが、もう大丈夫。もう冬は帰って来ない。そんな安心感がシカゴに広がっております。

ダウンタウンにはあまり緑が多くないので、鮮烈に緑が目に入ってくるということは無いのですが、それでも春を感じることが増えてきました。今日は学校に行く道すがら、何かの花の香りがいきなり鼻に飛び込んできて驚きました。春だ。

そして春を感じると言えば、なんと言ってもホームレス。

厳しい冬の間には、随分と見かけなくなったなあと思っていたんですが、一体どこでどうしていたんでしょうか。

今日もダウンタウンを歩いていると、紙コップを片手に持ち、中の小銭をカチャカチャ言わせながら「ねぇ!小銭くれない?」とやってるのを良く見かけました。多いときは、ほんと200mくらいの間隔でいたり。

人種比率としては、やはりというか、黒人が圧倒的です。松葉杖をついてたり、ギブスをしてたり、車椅子に乗っていることもありますが、若いのからお年寄りまで様々。

なかには白人もいますが、その場合多いのが、去年の夏から秋にかけてもよく見かけた若者のホームレス。アルコールかドラッグか、どんなトラブルを抱えているのか分かりませんが、「STRANDED(困ってます)」とか書いたダンボールを持って、道端に座り込んでます。中には若い女性のホームレスもいて、最初見た時はホームレスだと気づかず、一体何があったかと思いました。

ここまで書いて気づきましたが、ラテン系のホームレスや、アジア系のホームレスは見たことがありません。なんでだろう?ただ単に私の行動範囲の問題かも知れませんが、なにか相関関係があるのでしょうか?それとも人口比率の問題?それは無いか。

今度機会があれば、ちょっと調べてみます。

シカゴの人口の20%近く(!)は貧困線(Poverty Line)以下の生活をしていると言いますが、少なくとも、このホームレスの数を見ていると分かるような気もしたり。

ちなみに、ESLに通い始めたとき、最初の頃のオリエンテーションで言われたのがホームレスへの対応。

「基本的に無視しましょう」

少しでもあげると、「もっとくれ」と言い出すし、トラブルに巻き込まれることもあるから、というのがその理由だそうで。

聞いたときはそんなものかも、と思いましたが、街中ではちょくちょくホームレスの持つ紙コップにお金を放り込む人を見かけます。お金をあげた彼らが、更に要求されてる様子もありません。彼らが言ってる「Bless You!」ってのが「もっとよこせ!」と言う意味なら別ですがね。

まぁそれでも、君子危うきに近寄んなってことでしょう。

とにかく、春の訪れと共に増えてきたホームレス。もしシカゴで俳句を読むとすれば、ホームレスは春の季語でしょうね。きっと。

何の話してんだか分からなくなりましたが。

ではまた。
【2006/04/19 15:50】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<現在のトレンドについて、妻の意見 | ホーム | 断言するか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/224-067322c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。