TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
妻の美容と健康、または邪神覚醒。
「ぶらぶら体操」って知ってますか?

床に仰向けに寝て、両手両足を天井に向けて突き出し、「ぶらぶら~ぶらぶら~」とやるという体操です。
肩こりとか、むくみに良いということで、妻の実家では大層流行ってました。

妻の肩こりも酷く、足も非常むくみやすいため、日本にいる時もちょくちょくベッドに寝転がっては「ぶらぶら~ぶらぶら~」とやってました。

この体操、やってるほうは気持ちが良いのでしょうが、見てるほうはあまり楽しくありません。

バレエ「瀕死の白鳥」ならぬ、暗黒舞踏「瀕死の虫」を見させられている気になります。
まぁ身体に良いことが格好良い必要はありませんがね。

そんなある日のこと。

風呂からあがって、さあ寝るべぇかと思いベッドを見ると、妻がぶらぶら体操を実践中でした。

妻の体操は、既にぶらぶら体操としての原型はとどめておらず、両手は鉤爪のようにして交互に突き出し、両足は見えない自転車を漕ぐように回転させています。

全然ぶらぶらしてない。さらに。

妻の顔には保湿成分をたっぷり含んだプルプルパックを貼り付けてありました。

この顔パック、やってるほうは気持ちが良いのでしょうが、見ているほうは、これまたあまり楽しくありません。

パックには目・鼻・口の穴が開いているものの、なんとなく人間性を失った空恐ろしい顔になるからです。
アステカの神さまみたいな感じ?敢えて言うとすれば。

そんなぶらぶら体操と、顔パックが一つになると、こんな光景が我が家に出現します。

evilgod


超怖ぇ。なんだこれ。

楽しい我が家が一転、B級ホラーとなった一瞬。

気分は知らずに古代から眠っていた邪神を復活させてしまった考古学者のよう。

幸いなことに、邪神は完全には復活しておらず、まだ自分の足で立つことすらできない様子。

今のうちに息の根を止めないと、世界が大変なことになってしまう。

私はあせる気持ちを落ち着かせようとしつつ、封印の呪文を思い出そうとします。

えーと・・・えーと。

思い出せない。なぜだ。

なぜなら、それは邪神ではなく、妻だから。

そんな夜もある。

ではまた。
【2006/02/03 16:31】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<気づけば | ホーム | Toastmasnters体験記(第三回ゲスト参加)>>
コメント
もはや君にはTWITEKENAI・・・。
【2006/02/04 21:21】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/02/05 01:15】 | #[ 編集] | page top↑
家元から一言、腹式呼吸がポイントです。
吸ってはいて はいて、、
動きを大きくリズミカルにね。
血液サラサラ運動です 見てる人は可笑しいでしょうねえ。。。
効果のほどは3月帰国の折に 家元を見て感じてください。 よろしければご主人さまも
いかが?
【2006/02/05 19:20】 URL | 鴨ママ #-[ 編集] | page top↑
>nakanie

そんなこと言われても。
そもそも君がTwitekitaことがあったかね。
【2006/02/05 20:47】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>かぎコメントさん

ほめてくれてありがとう。
けっこうじしんさくなんですよ。これが。
めろめろぱーくはねぇ。。。どうしたものか。
【2006/02/05 20:48】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
>鴨ママさま

わざわざ家元ご自身から書き込んでいただくとは恐悦至極にございます。
なんかあれですね。出来れば人目につかないところでやって頂くと助かります。

>よろしければご主人さまもいかが?
謹んで遠慮させて頂きたく。平にご容赦ください。夫婦で並んでやってたら目も当てられません。
【2006/02/05 20:50】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/186-3006d4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。