TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お医者さんごっこ。
ESLの方は比較的楽しくやっております。それ以外にもちょっと肝試しに参加したりしてるのですが、あまりアップする時間がとれず、更新が遅れがちですみません。

今日は妻の現状報告をば。本人のブログはしばらく更新できそうにないので。

ただし今回のエントリ、本人からキチンと聞き取りをして書いてるわけではないので、内容が間違ってるところがあるかも知れません。
それを踏まえてお読み頂ければ幸いです。

まず最初に体調の報告。
妻の風邪は日々良くなりつつあります。残ってる症状は、頭痛と喉の痛みくらいですかね。
朝7時半くらいに出て、夜9時過ぎくらいに帰宅、晩飯をたいらげて失神するように就寝、そんな生活が続いてます。
ご心配をおかけしました。

それで本題、MBA生活について。
最近の妻は日々「ケースインタビュー」の練習で忙しい毎日。妻だけではなく、かなりの数のMBAの学生がそういう状況のようですね。

連日、様々な場所で学生同士が「ケースインタビュー」の練習をしています。「彼はもう20回以上こなしたらしい」とか、「彼女は既に○○からオファーを貰ってるくらいのベテランだから、胸を借りに行こう」みたいな話題が飛び交ってるみたいです。

今日も妻の同級生の奥さんに会ったら「旦那が毎日泣き言を言ってウルサイ」と言っておりました。夫婦愛って素敵。

この「ケースインタビュー」、一体何かと言うと、就職活動の際の面接方式の一つなのですが、普通のインタビューと少しは違います。

読んで字の如く、ある「ケース(事例)」についての説明を聞き、それについて質問を投げかけ、問題点を適切に指摘し、即座に改善策を提示しなければいけない、というインタビューです。

・・・言うなれば、「お医者さんごっこ」みたいな感じでしょうか?

面接する側が「患者の情報」を持ち、面接される側が「医者」役として「問診」して「診断結果」を基に「処方箋を書く」という訳で。

当然「医者」としての腕を見せるのが面接の目的ですから、藪医者とかスズメ医者とか思われてはいけません。「患者」に不安を与えるようじゃ医者失格というわけです。喩え藪でも。

だから質問も片っ端からすれば良いってものではなく、系統立った質問の順序というものが存在します。

「ほうほう咳が止まらない…。ねぇ、ひょっとして魚座?へー!射手座!? そうだと思った!じゃあカレー好き?」

こんなんは駄目なんでしょうね。きっと。

また、下手に悩んで考え込むのも禁物で、途切れることなく質問し続けなければいけないそうです。

時にはある数値を与えられ、手元の紙で計算をしたりすることも必要なのですが、その時すら黙り込むのは禁物。妻も練習してるとちょくちょく黙り込むらしく、すかさず相手から「はい黙らない続けて続けて」と注意されるそうです。パニックに陥った人間の尻を蹴るような真似ですね、それ。

「医者」としての威厳を保ちつつ、見事に「処方箋」が出せれば良し、出せなきゃ失格という訳で。

なんか凄い世界。これを英語でやれってんだからねぇ。当然なんですがね、ここアメリカだし。

こないだ妻の友人に「旦那、英語上達したねぇ」と誉められたことすら聞き取れなかった私には想像も出来ませんよ。アイムソーリー。

で、この「ケースインタビュー」、お察しのようにコンサルティング・ファームの面接で多用される手法です。というか、アメリカでコンサルティングファームに入ろうと思ったら、避けて通れない道だそうで。

確かにコンサルタントになるのであれば、こう言った訓練は必須でしょうね。
実際に自分がクライアントになった時、目の前でこれをパパパッと披露されたら「おぉ!すげぇ!仕事できそう!」とか思うでしょうね。そこで頓珍漢なこと言われたら返って逆効果でしょうが。

それを入社前の学生にも求められるあたり、アメリカのコンサルティングファームの厳しさというか、MBA学生への期待の高さとも言えますかね。

と、当たり障りのない感想を書いて、今日はこの辺で。

ではまた。

突然ですが、たった今、一瞬だけ目を覚ました妻と交わした会話。

妻「・・・ねぇ!今何時?」

私「夜の1時」

妻「何曜日の?いや、何日の!?」

私「13日の金曜日。午前1時をお知らせします」

妻「・・・学校行かなきゃ」

私「えぇ!なんで? 夜の1時だぞ!」

妻「あぁ・・・そうか・・・グー」

ガンバレヤムリンゴ。
【2006/01/13 01:15】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<マーティン・ルーサー・キング・デーを前に | ホーム | ESLの歯ごたえ>>
コメント
既に「習慣」と化しているわけですね・・・。とうよりトラウマでしょうか。
MBA学生のブログではなかなか語られることのない裏の事情をお聞かせくださるこのブログ、とても貴重な情報源になっています。今後ともどうぞよろしくお願いします。
【2006/01/17 01:21】 URL | e-angelus #-[ 編集] | page top↑
>e-angelus様
>MBA学生のブログではなかなか語られることのない裏の事情をお聞かせくださるこのブログ

おお。初めてこのブログの趣旨を理解して頂ける人が出来て、本当に嬉しいです。
まぁあまり余計な事を書くと、MBAを背後で操る秘密結社に命を狙われるので、気をつけつつ頑張っていこうと思います。キーワードはユダヤとエリア51にまつわる大殺界です。自分でも何を書いてるのか分かりませんが。ではでは。
【2006/01/18 01:46】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
このキーワードで、更なる極秘中の極秘情報を教えていただけるのでしょうか???ごくっ。
【2006/01/20 02:33】 URL | e-angelus #41MdNzwg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/170-ea9ed97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。