TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
不幸機械
大学ESLも終了してはや2週間。いまは市民ESLのみに通う日々です。

大学ESLが比較的富裕な家庭の子弟が多かったのに対して、市民ESLはメキシコやブラジルから出稼ぎに来て、毎日の仕事が終わってから学びに来ている人が多く、雰囲気も随分異なります。

年齢層も下は20代前半から、上は…ちょっと見当がつかないくらい。一度70歳以上に見える方もいました。

どちらかといえばブルーカラーが多く、まさに英語を身体で覚えたという人が目立ちます。

皆話し英語は流暢なのですが、それに比べると読み書きが格段に劣ってる傾向があります。

日本人とまったく逆ですね。そこらへん。

授業に対する態度は・・・うーむ。無料であるためなのか、なんか集中力が持続しない人も目立ちます。コソコソ話をしてたり、まったく授業に注意を払ってない人も。何しに来てますかアナタ。

じゃあ行かなきゃいいじゃねえか、という意見もあるでしょうが、大学ESLが終わってしまったために、現在私はこの市民ESLに行かないと、英語を喋る機会というのが格段に減るので、無理矢理通ってるような状態です。

そんなESLですが、生徒が14・5人、多くの時間が自分の隣、あるいは向かい側に座った人とのコミュニケーションレッスンに使われることになります。

授業が始まった最初の頃は、互いを知るためということもあり、質問リストが配られて互いにその質問を投げかけあうというレッスンが多くありました。

あるときの私のパートナーは、メキシコ人女性のA。
アメリカには12年前に来て、今はウェイトレスの仕事をしながら、3人の子供を育てているシングルマザーです

Aは10年以上暮らしているためか、Speakingは非常に流暢。いったん話し出すと止まりません。

とりあえず私が聞き手になって、レッスンスタート。

今回のお題は、「家族について」です。

・家族は何人ですか?

「家族は12人兄弟。でも5番目の妹は3年前に死んじゃったの。旦那に殺されてしまって。いま元夫は刑務所にはいってるわ。
本当にあんなことがあったなんて、信じられない。ヒドイ思い出よ。」

・・・。
のっけから物凄いエピソードが出てきました。一体私の質問の何が悪かったというのでしょうか。って言うか、ただ質問リストを読んだだけなんですが。こんなことになるなんて知らなくて。いやすみません。本当に。
「アイム ソーリー」って図らずもダブルミーニングになってしまった。

気を取り直して、次の質問をしてみる。

・子供の頃の思い出は?

「両親は私に愛情を与えてくれなかったの。なぜだか分からない。私はいつも『愛して!』『愛して!』って言い続けてたんだけど、その想いが報われることはなかった。兄や姉達はみなそれなりに愛されていたと思うの。でも私だけが例外。どうしても愛してもらえなかった。今では音信普通。電話もしない。お父さんは死んじゃったと聞いたけど、お母さんはどうしてるか分からない。もうメキシコに戻る気もないし。だから私は両親の愛情を知らないで育ったの。

・・・。
なんでこうなるのでしょうか。私は子供の頃の思い出を聞いただけで、こんなトラウマ話は聞きたくなかったのですが。英会話のレッスンなんだから、もっとなんかあるでしょうに。

英語で相手に同情をあらわすボキャブラリーの少ない私としては、「ソレハ タイヘン デシタネ」「カワイソウデシタネ」等と紋切調の言葉しか言えません。そりゃそうだ。こんなの学校では習いません。

気を取り直して、質問を続ける私。

・アメリカに来た理由は?

「アメリカに来たのも、アメリカにはチャンスがあると思ったから。でも嘘。無いの。チャンスなんか。」

「来て12年になるけど、ろくな仕事もつけないし。メキシコじゃ銀行に勤めてたのに、今はウェイトレス。どこにチャンスがあるの? どこに夢が?」

返事に困った私は、「エート、ソレハドウユウコト?」と、また聞かなくても良いのに余計な質問を。

Aは捲くし立てるように話し始めます。

「メキシコにいるときに元夫と出会ったの。メキシコでは銀行に勤めてたんだけど、元夫がアメリカで仕事を見つけたので、会社を辞めてついてったわ。そしたら仕事がうまく行かなくて、夫は会社を辞めて、働かなくなったのよ。私が代わりに働きに出たわ。ホテルのメイドの仕事。私が稼ぐ、彼が使っちゃう、私が稼ぐ、彼が使っちゃう、この繰り返し。もう全部イヤになって、子供をつれて離婚したのよ。家も財産も全部ヤツが持ってった。すぐに手放して一文無しになっちゃったそうだけど。」

「私がアメリカに来たのは、アメリカにはチャンスがあると思ったから。でも嘘。チャンスなんか無かった。

この後、質問を続けても、元夫がしばらくの間「殺してやる」と電話をかけてきたとか、娘の友達がコカインをやってるらしくて、娘のことが心配だとか、一時期アル中になってたとか、なにを聞いても暗いエピソードで話を結ばれ、こんなことばかり聞いている自分が無神経な唐変木みたいな気分になってきました。

半分パニックを起こす私の頭の中では、「ひょっとして、彼女は人間ではなく、どのボタンを押しても不幸なエピソードが出てくる不幸機械なのかも知れない」という妄想が膨らんできます。
05-11-30_12-52.jpg

まるで全部が「当たり」の黒ヒゲ危機一髪のよう。俺は一体どうすれば良いのだ。

一人の人にこんなに不幸なエピソードがてんこ盛りでよいのでしょうか。そしてこんなディープな話をまだ会って2回目くらいの私にぶつけなくっても。ESLのレッスンですよ。これ。

P・K・ディックを持ち出すまでも無く、人間が他の動物と大きく違うのは、他人に感情移入できるかどうかということです。

私も人の子、Aの気持ちになって同情を試みようとしますが、圧倒的な英語量で圧倒的な不幸話を浴びせかけられ、あっという間に私のキャパは超えてしまいました。

そもそも英語で同情を表す表現自体、せいぜい2・3しか知りません。最後の方には「オゥ....」と言って、沈黙するしかできない有様。

そうこうしている内に、質問リストは最後の質問。この質問は聞き手が自由に考えてよいことになってます。

ここで何とか、何とか明るい話で締めくくりたいと思った私は、頭を絞って考えました。

そこで浮かんだのがこれ。

・最近での一番幸せな思い出は?

これだ。これならバッドエンドで終わることもあるまい、私はすがるような思いで、この質問をAにぶつけてみました。

Aはこの質問に意表を衝かれたようで、一瞬驚いたような顔をすると、ニコリと笑って話し始めました。


「最近の幸せな思い出・・・?そうね。2年前に本当に素敵な男の人に知り合えたことかな。本当にやさしくて、本当にセクシーだったわ。仕事も立派で。結婚しようって言ってくれてたのよ。本当に幸せな記憶。」

いいね。いいねそういうの。そういうのが聞きたかった。嬉しくなった私は「ソレデ ソレデ?」と身を乗り出しました。

Aが続けます。

「でもね、3ヶ月仕事で会えないって言われて、3ヶ月待ってたら、その人、他の人と結婚しちゃったの。もう本当に訳が分からない。向こうの家族にも紹介してくれてたし、てっきり私と結婚してくれるものだと思うじゃない?でも駄目だった。ひどい、本当に最悪の思い出。思い出すのもイヤ。しかも結婚相手は私の職場の同僚なのよ!ひどすぎる!
人生はフェアじゃないのよ。わかる? 人生は・フェアじゃ・ないの!

駄目だこりゃ。ここで質問リストが終了。

私の必死の抵抗も空しく、リストを終えた私の心には、暗鬱な気持ちと、何故か「変なことばかり聞いてしまってすみません」という、名状しがたい罪悪感が。本当にどうもすみません。何が悪かったのか私にも分からないのですが。

印象的だったのは、Aは物凄く暗いエピソードを陽気にまくしたてるということ。

話し続けるAには一切の暗い雰囲気はありません。

聞き手は一方的に暗くなっていきますが。

だもんで、最初は自分の聞き取り能力に問題があるのではないかとも思いましたが、どう聞き返してもそのようにしか理解できません。

不幸な人生なのかも知れませんが、それが自分の人生である以上、いつもしかつめらしい顔をしてなきゃいけないと言う法はありませんがね。

というわけで、大学ESLの浮かれた様子とは異なる状況に取り囲まれながら、市民ESLは続いていきます。

このエントリーに落ちらしい落ちはありません。なぜなら人の人生に明確な落ちなどないし、私は彼女の人生をネタに落ちを書けるほど偉くもないので。

ではまた。

※念のため、プライバシーに配慮してAのエピソードには、細部に若干の修正を加えてます。とはいえ、語られた内容より、暗くも明るくもならないように注意はしましたが。

テーマ:運のない日。 - ジャンル:日記

【2005/12/06 07:02】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<干しシイタケの愚痴 | ホーム | 今朝のシカゴ>>
コメント
笑っちゃいけないんだろうが、
おもしろかった・・・。
【2005/12/07 07:09】 URL | あんどゅ #-[ 編集] | page top↑
>あんどゅさん

いや別に笑っちゃいけないこともないでしょうが(笑)
いろんな人生があるものですね。ちなみにAはダンスが大好きな、本当に陽気なメキシコ人です。そのギャップが面白い。
【2005/12/07 14:40】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
関西人としてはどうしても「オチ」が欲しいところではあります。
例えば彼女とその後ワンナイアフェアがあったとか・・・(爆)
【2005/12/07 18:37】 URL | Rumi★ #BxaQQcgA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/149-f7aaa589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。