TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
干潮と管長のあいだ (岩波国語辞典第六版より)
今回のエントリーは一部不適切な表現があるかも知れません。
一応MPAAに則ったレイティングをしておきます。




Rating:PG
-保護者の指導が必要。
-多少の品の無い冗談がある。

読んだあとに「人間性を疑う」「シカゴまで行って何をやってるんだ貴様」というような
クレームは受け付けません。悪しからず。
-以下本編。-


「天怒りて非道を絶つ! 臨兵闘者皆陣烈在前! 七年殺し!」
                          (トイレット博士より)



大学ESLでのこと。

その日のSpeakingの授業におけるテーマはスラング。

スラングの起源や、現代における代表的な使用方法などをレクチャーされた後、ディスカッションが始まった。

スラングの目的のひとつに、
「仲間内でだけ通用する言葉を使うことで、部外者を寄せ付けない」
というのがある、と話をした後、講師のJはこう続けた。

J「仲間内でしか通用しない言葉を使って喜ぶのって、女性の方が多いわね。きっと。
 どうかしら?」

Speakingの授業であるためか、講師のJはたまに、このような、
「どうでも良いじゃねぇかそんなこと」
「いやいや!そうは言い切れないっすよ!俺に一言いわせてくれ!」と言わせんばかりの意見を述べて、生徒達に発言を求める。

彼女なりの授業の盛り上げ方のテクニックであろう。

Jは夫が大学教授で、恰幅の良い60代の女性。生徒によっては「なんかふざけ過ぎ」と文句を言われることがあるが、生徒達に、積極的に英語で話しをさせようとするテクニックは素晴らしい。

この時も例外なく、私ら生徒は餌の気配を察知した鯉の群れの如く、口をバクバクさせて話し始める。皆さん毎度Jの術策に嵌り過ぎです。

「男性だって、仲間内でしか通用しない言葉を使いたがる。性別による違いなどないよ」というような、男性陣からの反対意見が続出。

それに対してJの意見に賛成する女性陣の意見も。
「男は馬鹿で幼稚だからねぇ」

おいおい。

Jが更に追い討ちをかける。

J「先日ホームパーティー行ったら、40過ぎの男性2人が床に転がってレスリングしてるのを見たわ。アンビリーバブル! 女性は言葉でじゃれあいたがるけど、やっぱり男性は身体を使ってじゃれあうのが好きなのよねぇ」

また極端な例を出すねしかし、と思いつつも、早速反論しようと脳内で英作文を始める私。(いまだ英語で考えられないあたりが悲しい)

そんな私の視界の隅に、日本人のHさんが両手を組み合わせて何やら妙なポーズを取っている姿が。

組み合わされた手はこんな感じ。




Hが言う、「J、ちなみに日本人の男性は、しばしば、こういう事をしてじゃれ合います」

それを見て爆笑する韓国人、台湾人。「俺達もやったやった!」とのこと。

おお。どうやら東アジア共通らしい。

いわゆる浣腸ですな。「いわゆる」って「いわゆらなかった」ら何て言うか知りませんが。

勝手に盛り上がる東アジア勢。

置いてきぼりのペルー人、トーゴ人、メキシコ人、スペイン人達。

講師のJもHさんの意味するところが分からず、呆然としてる。

爆笑しながらも、Hさんのしている手を真似つつ、口々に説明を試みる東アジア勢男子。

「あの指が、お尻にゴーなんです!」
「下から上に! 下から! こう! 上に! こう!」
「後ろに立って、いや忍び寄って! 差し出すんです!こう!痛いんです!」

説明しようとする奴ら自身が、笑いすぎて興奮しているのと、
英語力不足が災いして、なかなか意味が通じない。

講師のJは「一体全体、こいつらは何でこんなに興奮しているのか」という困惑した様子。

しばらく下らない混乱が続いた後、韓国人2人の懇切丁寧なジェスチャーと実演により、
ようやくクラス全員が意味するところを理解できた。

あらためて爆笑の渦。

笑いというのは世界共通とよく言いますが、下品な笑いの威力は凄まじいものがありますな。

講師のJも大喜び。

J「こんなことするの!?へぇ!ほんとに?オーマイガ!夫に聞いてみなきゃ!」

興奮状態のクラスメイト達に負けじと、私も遅ればせながら参戦。

私「いやJ、実は日本ではこれは『7年殺し』、つまり、うー『セヴンイヤーズ デッドリー フィスト』と言ってね、とあるマントラを唱えてから技をかけるんですよ。この技を受けた人は7年後に死ぬと言われているほどの危険な技なんです」

と、嘘じゃないけど本当でもない小ネタを披露。

それを聞いた男性陣、感心した様子で「オーグレート!」「アメージング!!」などと叫ぶ。

そんなに感動しなくても。

調子に乗った私は、

「正式にはこの手を相手の直腸に入れてから、右手はパー、左手はチョキにするべきなんだけどね。日本の古典マンガ『ドクター・トイレット』で使われた必殺技です。」

と更なる薀蓄をかまそうとしたが、「直腸」が英語で言えず、断念。

これ以上、無駄に品性を疑われずに済んだとも言える。

浣腸ネタをきっかけに、かつてないほど盛り上がる教室。

涙を流して喜んでいる男性陣の中、一人トーゴ共和国からきたFだけが、
「おいおい、お前ら仕方がないな」
みたいな様子で苦笑を浮かべて黙っている。

Fはクラスの中で唯一のアフリカ出身であり、大学の哲学科を卒業し、司祭になる勉強のため渡米してきた男。
雄弁でどんな物事にも意見をもつ男だが、話はじめに「カッモォオオオオオン!」というのが口癖。

Fに話を振ってみた。

私「ねぇねぇ。F、トーゴ共和国には、(仕草をしながら)こういうのは無いの?」

F「カッモォオオオオン! 何だってそんな事聞くんだよ!」

私「いやほら。楽しいし。そう言う事はしないの?そちらの国では?」

F「カッモォオオオオン! 勘弁してくれよ!」

と口では言いながらも、Fは続けた

F「俺の国では、両手を使ったりはしないね。これだよ」

Fは右手をこのようにして突き上げた。




なんですかこれは。 グッジョブのサインですか?

Fはニヤリと笑った。

「何気なく横に並んでね。これで後ろからブスリだ

おう・・・。なんて恐ろしい。

東アジア方式(勝手に名づけた)が両手を組み合わせ、精神を集中するが如く突進するのに対して、アフリカ方式(これも今名づけた)のなんと実践的で獰猛なやり方でしょうか。

さすが政治的暗殺が多い(と、以前Fが言っていた)トーゴ共和国だけのことはあります。

東アジア方式がまるで日本刀のような様式美と精神をもつとするならば、アフリカ方式は
山刀(マチェット)のような実戦重視の姿と言えるでしょう。

別に喩える必要も無いですけどね。ええ。

私は彼に感嘆の念を伝えた。

私「何だよF!凄いネタもってるじゃないか!わははは!」

F「カッモォオオオオン! いい加減にしろよお前ら! うははは!」

熱に浮かされたようにはしゃぐ男性陣により、物凄い盛り上がりを見せる教室。

言葉・宗教・文化は違えど、人間のすることに大した違いなど無いということですな。

図らずも、
「男って馬鹿で幼稚」
というのを皆で積極的に証明したような形になりましたが。

その他にも台湾で成人した男性に行われる、
「2人の人間に、片足ずつ抱えられ、そのまま柱に股間をぶつけられる」という儀式があることや、


想像図

日本では「電気あんま」と呼ばれる技が、韓国では「モーターサイクル」と呼ばれてること。(技をかけているほうが、颯爽とバイクに乗っているように見えるので)

想像図

などなど、色々とくだらない有益な情報が交換され、誠に刺激的な授業でありました。

大丈夫かこのESL。いや、もう済んだことですが。

ということで、Speakingの授業で一番盛り上がった話題をご紹介してみました。



下らんものを読ませんじゃないって?


カッモォオオオン。
【2005/11/30 15:09】 | ESL | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ものは試し。 | ホーム | After Thanksgiving Sale狂想曲>>
コメント
こんにちは。
ファイナルに向け飛び交う勉強メールやレポートを目の前に、しみじみ人生がイヤになり、こちらに遊びにきてみたところ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
院からESLにトランスファーできないか、真面目に考えてみました。
【2005/11/30 17:14】 URL | yumiko #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
>yumiko様
コメント有難うございます。相変わらず大変そうですね。
本当に申し訳ありません。阿呆なエントリーで。
我が妻もFinalで何だか毎日ヒィヒィ言いながら暮らしてます。
そして、そんな妻に「手の写真」とか撮らせてる私がいます。
人生は不公平ですよね。ご自愛ください。
【2005/11/30 23:44】 URL | twitetta #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
一言だけ言わせてください。
肛門期。
【2005/12/01 05:57】 URL | ななこ #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
>ななこさん
一言だけ言わせてください。
誉めすぎ。
【2005/12/01 14:34】 URL | twitetta #79D/WHSg[ 編集] | page top↑
浣腸文化が世界共通じゃないのは残念なことです。浣腸の伝道師になってください。
小学生のとき、近所の川でザリガニを捕っていたら上流から使い終わった浣腸が流れてきたのを思い出しました。
幼心に「上流にはいったいどんな人達が暮らしているのだろう?」と一抹の不安をおぼえたのを記憶しています。
ところで浣腸の根源ともいえる「痔」というものは世界共通の病なのでしょうか?
【2005/12/08 19:28】 URL | nakanie #-[ 編集] | page top↑
>nakanie

余談ですが、私の好きなイギリスのミステリ小説の主人公は同僚の隙を伺っては「How's that for center?」と叫んで浣腸をするという癖があります。少なくとも日英同盟は結べそうな感じ。

痔は世界共通なんでしょうねぇ。人体が管で出来ている限りは。ちなみに英単語ではhemorrhoid(ヘモロイド)とかPile(パイル)とか言います。一つ賢くなってください。
【2005/12/09 13:56】 URL | twitetta #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/143-1496983e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。