TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Bob Chinn's Crab House
ESLに通い始めてからの頭痛の種、Writingの課題であるResearch Paperの提出も済んだため、今日はクラスの連中と打ち上げに行きました。

場所は韓国人のJが予約してくれた"Bob Chinn's Crab House"。なんでも全米で第二のシーフードレストランだそうで、味は保証付きとのことです。

ダウンタウンから車で40分。Midtermが終わったと思いきや、すぐFinalが待ち構えていて日々疲弊している妻に運転してもらいレストランに向かいます。

同乗者は日本人クラスメイトのW夫妻と韓国人のP。
スペイン人のS夫妻が、夫の仕事の都合で急遽参加出来なくなったため、総勢13名。韓国人6名、台湾人3名、日本人4名というアジアンな顔ぶれ。

皆を待つ間、バーでコロナビールを飲む私。羞恥回路を麻痺させて、英語脳の働きを良くしようと言う、最近学んだテクニックです。NHK英会話でも教えてくれないマル秘テク。
まぁ...。あまりお薦めしませんが。

とはいえ、今日の面子はほとんどがいつも楽しくお喋りしている連中なので、料理に舌鼓をうちながら会話を楽しむことが出来ました。たまに隣に座ってる妻にも英語で話しかける始末。お恥ずかしい。

料理はCrab HouseってだけあってCrabが美味しく、またロブスターも美味でございました。大人数でシェアしたこともあってか、結構食べて飲んで一人$30ほど。よろしかったのではないでしょうか。

この店のあと、近所のカラオケ屋に行こうと言う話もあったのですが、多忙な学生と疲弊した学生の集団であったためか、参加者が集まらず行かないことになりました。

すると友人である韓国人のPが物凄く不機嫌に。普段はとてもナイスガイで、本当に良い奴なんですが、まるで突然ガールフレンドから別れを言い渡された中学三年生のような落ち込みっぷり。そうですか。そこまで行きたかったとは知りませんでした。

そんな不機嫌なPも乗せつつ帰途につきます。車内でのPはW夫妻のお陰か、それほど気落ちした様子はありませんでしたが、別れ際、Pの力ない握手が気になりました。はやまるなよ。P。

Pを送ったあと、なんとWさんが、私が大学時代所属したサークル先輩であり、以前勤めていた会社の後輩であるところのS先輩(ややこしい)と仲が良いという事が判明。世界って狭すぎませんか。

そのS先輩の人柄について色々話しているうちにダウンタウンに到着。(いや、Sさん、別に変なことは言ってませんから御心配なく。)

E&J夫婦のおかげで楽しい打ち上げとなりました。今日一緒に食事をした人達のうち、3分の1くらいが12月には母国に帰ってしまうのが残念ですが、良い出会いに感謝したいと思います。

ではまた。
【2005/11/11 23:42】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Jeffery Deaverの新作が発表されてました。 | ホーム | 寿司サンバ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://twitetta.blog39.fc2.com/tb.php/128-c263118d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。