TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ア・ピ・テ!
毎日、いや毎時間、ひょっとしたら毎秒ごとに成長してるんじゃないかと思わせられる娘。

ここのところ、成長が著しいのはやっぱり言語能力。

相変わらず、多分同世代の子供の比べると、どっちかっていうと言葉が遅い方に分類されるとは思いますが、それでも随分と喋るようになりました。

娘の喋りを聞いていると、人間が言葉を身につけるプロセスというのが確認できて本当に面白い。

というのも、ある単語なり言い回しを「身につけた!」というのがはっきり分かる場面に遭遇することもあったりします。

顕微鏡を覗いていて、なにやらいじっていたら、不意にピントがあって、それまでモヤモヤしていたものが、急に細部までクッキリ見えるようになったかのような感じ、と言えばいいのでしょうか。なんだか感動します。

たとえば、食パンマンなんかが良い例です。

まず本人は間違いなく「食パンマン」という単語は認識しています。

でもその「食パンマン」を発音するのはまた別の問題らしく、長いこと娘の口から出るのは

「みーまんまん」

でした。むりやり言っても「ん」くらいしかあってません。その「みー」はどっから来た。

それがある日、不意に「ぱんぱんまん」になり、続いていきなり「ショクパンマン」になる。

気づかないくらいの変化が積み重なって、というよりは、ある日突然変化する、というのが面白いです。

そんな娘ですが、なぜだかいつまでも発音が進化しない単語があります。

それがタイトルの「アピテ!」

振り返っても、もう随分この言葉を喋ってます。しかも本来の単語に近づくどころか、「アピテ」としての精度が上がってる気すらしています。

んで、この言葉は何かというと、その単語とは「やめて」

親が悪ノリした時や、娘の機嫌が悪いときに頻出します。

大抵は父親である私の手を振り払って、

「アピテ!」

懲りずに私がまた手を出すと、キッとこちらを見て、一語一語ハッキリと区切りながら

「ア!ピ!テ!」

と叫ぶ娘。

なんでそこまでしっかり喋れるのに、「やめて!」と言えないのだろう。

面白がる私に対して、今日も娘は「アピテ!」を連呼。

あげくの果てには、最近ではこの「アピテ」を親の私たちが使うようになってきました。

「そういうことするのはアピようよ」

「俺の体重についてコメントするのはアピて!」

「洗濯物をこういう風に出すのはアピテって言ったでしょ!」

などなど。

意外に語感が柔らかくなるので、キツいことを言うときに結構使えるかもしれません。

「人種差別はアピよう」

「喧嘩をアピて」

こんなこと面白がるより、娘にきちんとした日本語を教えた方が良いとは分かってるんですが、どうにもアピられません。

ではまた。
スポンサーサイト
【2010/05/16 02:05】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
子育ては予測不可能
最近の娘はちょっと様子がおかしかった。

デイケアで転倒して頭にコブを作ったり、その翌日には夕方発熱したり。ぐずる回数もうなぎのぼり。

風邪や中耳炎を疑ったものの、どうもそうでもない模様。

これが噂の知恵熱って奴なのかな、とか考えたものの、今一つ確信が持てず。

ただ、なんとなく不安な気持ちで過ごしていました。

先日のこと。

デイケアからの帰り道、あまりにもぐずるので、妻の携帯電話で録画した去年のハロウィーンの動画を見せてあやしてみました。

いまや2歳となった娘は携帯電話だろうがipod touchだろうが、自分でかなり操作ができるようになってます。

ハロウィーンの時に撮った動画も、終わるなり自分で再生ボタンを押して、繰り返し見ています。

動画の中では、娘はこんな格好をしていました。

pooh


思えばあのときは、扮装という概念がもう一つ理解できず、プーさんの頭を模した帽子をかぶせても、すぐに脱いだりしてしまったものでした。

いまや、かなりのプーさん、娘に言わせれば「プーちゃんマン」好きとなった彼女の目には、当時、訳も分からず着ぐるみを着ていた自分はどう映ることだろうか。

コスプレ映像を繰り返し見続ける娘とともに、なんとか家にたどり着き、夕飯を食べさせたものの、娘の機嫌は直りません。

なんと我が家にあるプーさんのヌイグルミに鬱憤をブツケています。それは理不尽だよ娘よ。

なすがままに振り回されるプーさんが哀れで、なんとか娘の気をそらそうとするも、上手くいきません。

娘は自分の身長くらいはあるプーさんの胸元を掴み、なにやら泣きながら怒っている。

繰り返し、プーさんが着る赤いTシャツをねじりあげ、その下に自分の腕を潜らせては私の顔を見て、ギャーと憤っている。

どうも何か要求しているらしいのだが、残念ながら娘の言語能力か、私の理解力が足りないようで、何がしたいのがさっぱり分からない。

途方に暮れる私と、プーさんをブン回しながら泣き叫ぶ娘を見かねた妻は、何かに気づくと、突然別の部屋のクローゼットに向かい、奥から袋を取り出してきた。

持ってきたのは去年娘が着た、プーさんの衣装。

それを見た途端、娘は満面の笑みを浮かべ、鼻歌を歌いそうな勢いで妻に駆け寄っていく。

ああそうか。それが着たかったのね。

さっき観た映像の中の自分を再現したかったのでしょう。でもヌイグルミは着ぐるみにはならないけどな。

というわけで、急遽プーさんとなった娘。

前回と違い、衣装のなんたるか、というのが分かっているようで、あんなに嫌がった頭の部分も喜んで被り、脱ごうとはしない。

それどころか、鏡に向かって様々なポーズをとってはニヤニヤしている。

「ハイ、チーズ」

写真まで要求してきた。

夜のプーさん


この喜びようを去年のハロウィーンで発揮してくれれば、とも思いましたが、まぁ本人は幸せそうだから良かった。


ところが、その晩の夜泣きは凄まじいものでした。

ひょっとしたら、どこか怪我をしてるのか、それともやっぱり中耳炎なのか。

数十分おきに泣き出しては両親の神経をすり減らしました。

迎えた朝。

起きるなり泣く娘。ベビーベッドの柵を両手で掴み、ギャンギャンと絶叫。

どうしたどうした?どっか痛いのか?

駆け寄る親を見るなり、今度は寝巻きの上に着ているスリーパーを脱ごうともがき始めました。

親の助けを得ながら、泣きながらスリーパーを脱ぎ、その下の寝巻きを脱ぎ、下着にも手をかけ。

どんどん脱ぐ。

見ているこちらの不安感は高まる一方。やっぱり怪我でもしたのか、そしてそれを見せたいのか。

もし怪我をしていたんだったら、そのまま一晩放置していた親の責任は重大。罪悪感で立ち上がれなくなりそうです。

オムツ一丁になった娘は、親の手を借りてベッドから降りると涙も拭かずにリビングにダッシュ。

どうやら、プーさんを着たかったらしい。

なんなのそれ。

近年稀に見るほどの協力的な態度で衣装に袖を通した娘は、数分前まで絶叫していたのが嘘のように幸せな顔をして、プーさんのヌイグルミと並んで座ってます。

どちらかはナマモノ

子育ては本当に予測不可能。

ではまた。
【2010/05/02 23:34】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。