TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フロスト警部シリーズ「最新作」について
というわけで、前回の続き。

2007年に亡くなったイギリスのミステリ作家、R.D.ウィングフィールドのフロスト警部シリーズの「新作」が2011年に発売が予定されています。

ファンとしては、ウィングフィールドの遺稿か何かが発見されて、それに誰かが手を入れる形・・・みたいのを希望してしまうんですが、実際はそうではなく、 James Henryというペンネームで2人の作家の合作という形になります。

最初にこの「新作」の話を聞いたとき、てっきりウィングフィールドが過去に書いたラジオドラマ版フロスト作品、もしくは短編(例えば日本でのみ出版されている「夜明けのフロスト」とか)を翻案するのかと思ったので、その点を尋ねたところ、実際にそういうアイデアもあったそうです。

ただ、今回は完全に新しいストーリーを一から作ってるとのこと。

そのタイトルは既に決まっていて、その名も"FIRST FROST"。

「FIRST FROST?・・・ってーことはひょっとして」

と思った人がいたら正解。

新作ではありますが、内容は既刊のフロストシリーズの前日譚になるとのこと。

実はまだ執筆中らしく、詳しいことは不明ですが、"FIRST FROST"では、ジャック・フロストの巡査部長時代が舞台になるんじゃないかと言われています。

私がやりとりをしたエージェントの言葉をそのまま使えば、読者は「他の作品よりもちょっとだけ若く、経験も浅い」ジャック・フロストが登場するというわけで。

ファンにとっては、確かに興味がそそられます。

で、ここで肝心なのは、その新作を書いてるJames Henryというのは誰か?

一人はHenry Suttonというミステリー作家。

これまで5作の小説を発表しており、ミステリ以外にもジャーナリストとして様々な新聞や雑誌に記事を書いているそうです。ざっと調べましたが邦訳は無さそう。

寡聞にして私も初めて目にする名前で、当然この人の作品は読んだことはないので、作家としての手腕についてはなんとも言えません。

ちなみに今年、"Get Me Out of Here"という小説を出したばかり。

なんでも「アメリカン・サイコ」を21世紀のロンドンを舞台にアップデートした、みたいな話らしいんですが・・・。

今のところこの作品のイギリスでの評価は中々みたいです。

そして、もう一人はJames Gurbutt。この人は・・・えーと。

元出版社勤務だったそうです。

え?それだけ?

そう。それしか分かりません。

何故この人が執筆陣に加わってるかは、本当に謎です。

そしてさらに驚きのニュース。

このフロスト警部の「新作」を出版するのはTransworld社というところなのですが、実は既に2作分の契約をウィングフィールドのエージェントと交わしています。

つまり、"FIRST FROST"の後に、少なくとももう一作は「新作」が出版されるということ。

"SECOND FROST"? いや、まさかね。

ちなみに、これらの「新作」の出版を許可したのは、故ウィングフィールドの一人息子フィリップさんなのですが、彼曰く、

「彼らは父のスタイルを驚くほど上手く掴んでる。これまでのファンも新しい読者もきっと喜ぶと思うよ」(意訳)

だそうです。私が聞いたエージェントも、「まだ執筆の初期段階だが、彼らはウィングフィールド氏の偉大な作品のスピリットを掴んでいる」と言ってます。

だと良いですね。

現在のところ、この「新シリーズ」を東京創元社が出版するのかについては、未定のようです。

ということで、まだあまり日本では知られていない(であろう)フロスト警部シリーズの「新作」についてご紹介してみましたが、実はこの「新作」に対して遺憾の意を表明している方がいます。

マスコミ嫌いで、ほとんど表舞台に立つ事のなかったR.D.ウィングフィールドと、生前付き合いのあった数少ないミステリ作家です。

その人が知るウィングフィールドの色んなエピソードについて、次回は紹介する予定。

いや元々はそれが書きたくて調べてたんですが、この「新作」のせいで予定が狂いました。

ではまた。




関連エントリ
・フロスト警部シリーズの今後について、驚きのニュースを小耳に挟んだ。
・フロスト警部、シリーズ終了の危機?
・R.D.ウィングフィールド氏が亡くなりました。
スポンサーサイト
【2010/03/18 02:21】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
フロスト警部シリーズの今後について、驚きのニュースを小耳に挟んだ。
たまにアクセス解析ツールなんぞを見たりするのですが、その中で常に上位にいる言葉がこちら。

「フロスト警部」

海外ミステリを読まれる方ならご存知でしょうが、イギリスの作家R.D.ウィングフィールドが生んだ名物警部です。イギリスではTVシリーズの人気も相俟って、シャーロック・ホームズと並ぶ国民的人気のあるキャラクターだそうで。
(モースとかダルジールの立場はどうなる?ってな突っ込みはさておき)

このブログには3・4回エントリを書いただけなんですが、未だにそれらの記事を探して訪問される人もいるようで、日本におけるフロスト警部シリーズの人気の高さを実感したりしています。

とはいえ、2007年7月に作者のR.D.ウィングフィールドが亡くなり、2008年4月に最後の作品"A Kiling Frost"が出版されてからもう2年近くたっており、新しい情報も出てこなくなりました。

何か話題が出てくるとしたら、未訳の2作品の日本での出版が今世紀中に実現するか、22世紀になるかってなことくらいなもんで。そんなこと私にも分からないし。

それでも最初に書いたように、いまだに「フロスト警部」で検索してたどり着く方がいるので、せっかくだから何か書けることないかなぁと思って調べてみたところ。

ひょんなところからR.D.ウィングフィールドのエージェントとやりとりをすることができました。

その人から聞いた仰天のニュースが2つ。

(1)日本では、フロストシリーズの残り2作「Winter Frost」は2010年、「A Killing Frost」は2011年に発売するらしい。

(2)イギリスではフロストシリーズの最新作が2011年に発売される予定。


なんとまぁ。

あっさりと何やら凄いニュースが出てきました。

・・・ただし、(1)については正直なところ疑問が残ります。というのも、これまでの翻訳ペースから言って、2年連続でフロストの新刊が出版されるというのはちょっと考えにくい。しかも、2作品とも過去の作品よりもボリュームのある作品なので、本当にそんなことが可能とは思えません。いやまじで。

フロストシリーズを担当されている名翻訳家の芹沢恵さんが細胞分裂して10人くらいに増えた、ってニュースが最近あったならまだ信じられますが、そんなニュースは目にしてないし。何言ってるんだ私は。

ただ、少なくともイギリスにいるウィングフィールドのエージェントはそういう認識だそうです。それは間違いありません。

(2)については、多分まだ日本ではほとんど知られてないニュースだと思います。そもそも、イギリスでもまだ知ってる人は少ないはず。

っていうか、ウィングフィールドが亡くなってるのに最新作って一体どういうことだ、遺稿が発見されたのか、はたまた誰か別の人が書くのか、どんなストーリーになるんだ等々、ファンとしては気になるところだと思います。

実は仮のタイトルを含め、既にある程度の情報は入っているのですが、今日はとりあえずここらへんで。すぐに続報を書きます。

多分。

ではまた。

追記:フロスト警部の「最新刊」については、イギリスでは昨年、既にニュースになっていた模様。迂闊。

ニュースのリンクはこちら

この作品、フロストシリーズの前日譚ということで、James Henryというペンネームで2人の人間が執筆に関っています。詳細はやっぱり後ほど。




関連エントリ
・フロスト警部、シリーズ終了の危機?
・R.D.ウィングフィールド氏が亡くなりました。
【2010/03/16 22:49】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
twitetta is now tweeting.
100件つぶやけたら、ブログに貼ってみることも考えよう。

と思ってたら、いつの間にか100件越えていました。

なので、とりあえずこのブログの左側にプラグインを入れてみました。

入れたは良いが、いまいちバランスが悪い気もするので、そのうち何か他のプラグインにするか、ブログのデザイン自体を変えるかするつもりです。多分。きっと。おそらく。

それほど頻繁に呟いてるわけではありませんが、お気に召したらフォローして下さいまし。

取り急ぎご報告まで。

ではまた。
【2010/03/09 01:25】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MBA According to My Wife
某所で既に書いた話なのだけど、個人的に面白かったのでここでご紹介。

MBAというのが、Master of Business Administrationの略称であるってのは、まぁ有名なところだと思います。

いやどうだろう。

「マスター・オブ・ビジネス アー・・・最後なんだっけ?」ってな人も多いかも知れませんが。

この「MBAって何の略だっけ?」というのは冗談のネタとして扱われることも多く、色んな「答え」が存在します。

有名なところでは、

Married But Available (既婚者だけどオッケーよ)

というものですかね。マヌケ、バカ、アホなんてのも。

そういえば、このどちらも妻のブログに登場してますな。

個人的に好きなのは、

Mediocre But Arrogant(平凡なくせに横柄)

なんてのでしょうか。



んで、先日のこと。

某所の某方の呟きに触発されたので、このMBAの新しい定義について、妻に

「何か思いつく?」

と聞いたところ、すぐさま返ってきたのは、

「Mostly Bald American (ほとんど禿げたアメリカ人)」

あーなんか分かる。何が分かってるのか自分でも分かんないけど。

そして、ちょっと首をかしげて数秒間考えた後、追加の答えが。


「Madonna、Beyonce、あたし?」


これを他の人が聞いてどう思うかは知りませんが、こんなアホなことを思いつく人を妻にして良かった。本当に良かった。と思った夜でした。


「まだまだ ボインな あの子?」


もういいから。



ではまた。
【2010/03/06 04:40】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Sit! 嫉妬!執刀!!
もうすぐ2歳になろうかという娘。日々元気にデイケアで遊んでおります。

言葉も段々と喋るようにはなってきてますが、どうも同年代の子供と比べるとちょっと遅い気がしてなりません。

いまのところ、ようやく2語文がポツポツ、と言ったところです。

現在娘は、朝晩は私達の日本語を浴び、日中のほとんどはデイケアで英語に包囲されて過ごしています。

これが問題。

娘のボキャブラリーは日本語と英語が渾然一体となって増えてきてるようです。

ですが、日本と英語を(多分)一遍に喋ろうとしているであろう娘に対して、デイケアの先生方には日本語が認識できず、わたし達には娘の英語が認識しにくい。

言葉の発達には対話が欠かせないそうなのですが、そこらへん娘の場合ではどこまで上手く行ってるのか良く分かりません。なんか無駄に娘に負担をかけてないと良いのですが。

ちなみに、昨年末に日本に帰ったときに気づいて愕然とした言葉としては、こういうのがありました。

「ファオィー!」

中国語?

娘はしばしばこの単語を言うと、一目散に走って行きます。

んで、立ち止まるとこちらを振り向き、再度

「フォァイー!」

なんかさっきと微妙に言葉が違う気もしますが、こんな発音の言葉を残して娘はダッシュ。

この言葉の意味に最初に気づいたのは妻でした。

「・・・ひょっとして、ケメ、"Follow me"って言ってんじゃない??」

おう。

言われてみればその通り、そう分かって聞くと確かに言ってる気が。いや一旦そう分かれば、そうとしか聞こえません。

なんだか子供の頃に初めて受けたリスニングのテストを思い出します。

娘よ。出来ない生徒みたいな親でごめん。

一方で、娘の発する英単語のうち、一発で理解できたのがこちら。

1歳半くらいから、娘はそこらへんに腰掛けると、自分の隣のスペースをベチベチと叩いてはこう叫んでました。

「Sit! Sit!」

これくらいなら私にも分かります。お前ちょっと座れと。そういうことですね。

上は便宜上英語で書きましたが、娘の発音は限りなく

「スィッ!スィッ!」という感じ。

文字からではなく、耳で覚えてるからなのでしょうが、娘のSの発音は見事なものでした。分かりますか、この彼女が海岸で貝殻を売ってる感じ(She sells seashells by the seashore)。

日本でもちょくちょくこれを披露しては、周囲の歓声と喝采を浴びておりました。

「ケメちゃん、シット!シット!」

リクエストに応えては、床をペチペチ。「スィッ!スィッ!」

「あら可愛いー!」

うへへ。どうもどうも。

異変に気がついたのは、しばらくあとのことでした。

娘の"Sit"の発音が、明らかに変化しています。

スィッ!だったものが、「サシスセソ」の「シ」で始まるようになり、以前までなかった「ットゥ!」という余計な発音まで付いています。

いまじゃ”Sit"どころか、明らかに「執刀!」もしくは「嫉妬!」と聞こえます。

なぜこんなことに。

多分。

多分ですが、日本滞在中、私達も含め、周囲の100%ジャパニーズ達が発する日本語発音の

「ほーらケメちゃん!シット!シット!」を、娘が貪欲に取り入れた結果だと思います。

周りの大人がそう言ってんだから、ってことで。

今日も娘は、デイケアで、はたまた家で、周囲の大人に向かって叫んでいます。

「嫉妬!」「嫉妬!」

娘よ。すまん。

「執刀!!」


ではまた。
【2010/03/01 01:54】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。