TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Kindle rekindled my love of reading
いわんこっちゃない。

ということで、連日で更新するつもりが気つけば一週間以上たってました。

どうもすみません。またバンクーバーとか行ってたもんで、えへへ。

さてそれでは前回の続き。私の最近のオモチャの紹介を致します。

妻が高い評価を受けた結果、私が貰ったプレゼント言うのはこれでした。

kindle

じゃじゃーん。

これでも分からない人がいるかもしれませんが、Amazon のKindleという電子ブックリーダーです。

ちなみに新品(同様)ですが、これは一世代前の機種。Kndle 1st Generationというやつ。

なぜわざわざ前の機種を買ったかについての理由は割愛しますが、これが家に届いて以来、暇さえあればいじってます。ああ楽しい。

電子ブックリーダーというものになじみがない方に説明すると、要するに本が読める機械です。

アメリカでも色々なメーカーが商品を出していますが、おそらく一番売れていて、話題にもなってるのがこのAmazon Kindle。

通信機能がついており、Amazonアカウントを持っていればPCに繋ぐことなく、ダイレクトに商品が購入できます。

現時点でおよそ35万冊の本があり、新刊であれば大概のものはこれで読むことが出来るというわけ。

なんでそんなもんをワザワザ買ったかというと、理由は二つ。

1.普通の本を買うより、かなり安く購入できる。

アメリカのハードカバーは大体$30前後。それが基本的に$9.99で買えます。約3分の1。ペーパーバックより断然安い。まぁ古本ほどじゃありませんが、かなりお得。

どうですかcyberbabeさん。

2.スペースを取らない。

私のように無分別に本を買う人間にとって常に問題となるのは、本を置くスペースの確保。アメリカに来る時に一旦ほとんどの本を処分した私ですが、渡米以来気づけば本棚が2つ埋まってしまい、もう何がなんだか分からなくなっています。

しかも洋書というのは和書よりもかなりデカイので、その置き場は常に頭痛の種になってました。おもに妻の頭痛の種ですが。

そしてハードカバーのもうひとつの欠点は、持ち歩きに向かないということ。旅行先にハードカバーを持ってこうもんなら、自分用の枕を持ちあるくのと同じくらい嵩張ります。

それが、このKindle、本体のメモリだけでもおよそ150冊分の本が保存でき、2GのSDカードを使えばその量はざっと10倍の1500冊。

私は洋書だったらせいぜい月2・3冊くらいのペースなので、えーと約40年分。喜寿を迎えるまで本の場所に困ることがありません。

そして自分の本棚をそのまま持って歩けるという、本好きにとっては夢のようなことが実現するわけです。

どうですかcyberbabeさん。(←くどい)

パリパリのハードカバーを持つフェティッシュな喜びと、かさばる本を持ち歩く苦役からの解放を比較して、後者を選びました。

まぁそれでも多分、サイン本や本当に好きな本は別に買ってしまう気がしますけどね。

あと特筆すべき機能としては、辞書がついてます。デフォルトではThe New Oxford American Dictionaryですが、これも自分好みの辞書を購入すれば、交換可能。

通信機能を使えば、一応wikipediaも見れます。かなり使い勝手に問題がありますが、普通のウェブサイトも見る事ができます。

また、ほとんどの本はサンプルとして最初の1章が無料でダウンロードできるので、タイトル買いや少ないレビューを信じて大失敗なんてこともありません。

あとそうそう、なんと通信料が無料。将来的に使われるであろう通信料は、本体料金に含まれているというわけです。(ってそういう説明でいいのかわかりませんが)

ネットワークには携帯電話会社のものを使っているため、wi-fiを探したてウロウロする必要も無く、ほぼどんなところからでもネットに繋ぐことができます。

電子ブックリーダーを使ったのは初めてだったので、最初はどんなもんかなと思ってましたが、今のところの満足度は上々。

e-inkという技術を使っているため、ディスプレイで文章を読むときのような目の負担が少ないのにも驚きました。

ただこの技術つきものの問題(っていうか仕様)らしいのですが、次のページに移るたびに画面が真っ黒になります。

昔どこかの人が、キンドルのこの画面のブラックアウトがどうしても馴染めないといってたのを思い出しましたが、個人的には慣れればなんと言うことはないです。

他にも電子ブックだけに、自分の蔵書の中から単語や文章を検索したりできるのも面白い。例えば、シャーロックホームズの全作品をダウンロードすれば、即座にあの有名な台詞、

"Elementary, my dear Watson."(初歩的なことだよ、ワトソン君)

が、どの作品のどの場面で使われているか分かるわけです。(ちなみに答えはゼロですが)

あと、本をダウンロードするってことは、Kindleが壊れたらどうするの?という疑問も生まれますが、Amazonで購入したものについては全てAmazon側でバックアップを取っているので安心です。PC側で保存することも可能。

Amazonが無くなったらどうすんだ、とかそういう疑問は考えない方向でよろしく。

一方で、「ん?」と思ったところはこんなとこ。

・ちょっと遅いっていうか重い。

その時々で違いますが、ページを捲るときに1秒くらいの間が空きます。これも慣れれば良いんですが、問題はキーボードの方。反映されるのが遅いので、単語をだだだと打ち込むと、文字が表示されるのは「だ・・・だ・・・だ」という感じになります。これで分かるかしら。

んで、例えば最後の一文字を打ち間違えたと思ってバックスペースしようとすると、つい押しすぎてしまって余計な文字まで削除しちゃったり。これもまぁ慣れなのかな?まぁこのキーボード使って長い文章は書く気はないので良いですが。

あと同様に辞書も遅いです。これだったら正直、使い慣れた電子辞書を懐から出して調べたほうが早い。

・本の整理がしづらい。

キンドルに保存された書籍および画像は、すべて同じレベルで管理されます。って要するにフォルダが作れないってこと。
だから分類なんかは出来ません。書籍名、筆者名で並び替えや検索はできますが、せめてカテゴリー分けくらい出来たらいいのにと思います。
今は数冊しか入ってないので何の不便も感じませんが、量が多くなったら面倒になる予感。

・ウェブが見にくい。

電子ブックリーダーなんだから、ウェブ見てどうすんだ、って突っ込みはさておき、やっぱりレイアウト、操作性も含めてネットをブラウジングするには向いてません。Kindle2で改善されたかどうかは知りませんが。

まぁ他にも色々文句はありますが、これを手に入れて以来、片時も手元から離すことなく読んでます。ええブログを更新する気にもならないくらい。

最初に読んだ本は、スティーヴン・キングがKindleのために書き下ろしたという中篇"UR"、その後Project Gutenberg(アメリカの青空文庫のようなもの。って説明が逆か)からダウンロードした"The Adventure of Sherlock Holmes"でそのまま勢いづいて"A Study of Scarlet"を読了。

現在はダン・ブラウンの最新刊、"The Lost Symbol"を読んでおります。(上の画像はKindleで見たタイトルページ)

これから年末にかけて、スティーヴン・キング久々の大長編"Under the Dome"やスティーブン・ハンター"I, Sniper"などが出版される予定なので、この新しいオモチャで読むのが楽しみです。

タイトルにも書きましたが、私の読書欲に再び火をつけたキンドルでございました。

ではまた。

※余談

最初のタイトル案は「私はりきんどる」 or 「キンドルで読んどる」だったのですが、妻に本気で呆れられたので止めました。でも悔しいので書いておこう。
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/24 10:35】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
妻とか自慢
忙しくて更新が滞りがちです。本当にすみません。

別に忙しいったって、日本で会社員勤めしてた頃に比べれば、全然大したことじゃないんですが、ブログを書く時間と気力がなかなか。

なので今日は予告だけ。

えーと。

最近の我が家の朗報。

妻が今の会社勤めてから早2年。

相変わらず苦闘している日々ですが、先月までは本当に大変そうでした。
後半の2週間は心身ともに草臥れており、文字通りフラフラ。

好きでアメリカ生活をしているからと言って、いくら苦労しても良いってもんじゃありません。

一時はストレスと体調不良で咳が止まらなくなったりして、本当にやきもきしておりました。

先月末に、なんとか山を越したようで、現在は若干余裕のあるペースに戻りつつあります。

ちなみに先月といえば、妻の会社の査定の時期でもありました。

結果、妻はトップレベルの評価を頂きました。

おお。すげえ。なにそれ。こわい。

一体何をどうやったら第二言語で仕事をしつつ、最上位の評価を貰えるんでしょうか。

いやもちろん、アメリカにだってそんな日本人は一杯いるんでしょうが、少なくとも私の想像は超えてます。

妻の場合、確かに上司と馬が合っていたってのはあるんでしょうが、それにしても中々出来ることじゃないと思ったり。

自分の妻ながら本当に誇らしく思います。よくやったヤムリンゴ。素敵!結婚してくれ!

そんな素晴らしい妻ですが、彼女を支えたものは何か。

使命感?

金銭欲?

名誉欲?

自己実現欲求?

いやいや、そんな陳腐なものじゃないはず。マズローくんは引っ込んでてくれたまえ。

それは何か?

それは、そう、例えば素敵な夫の存在。

というわけで、妻に良い査定が出た記念に、私がプレゼントを貰いました。

なんか論理構造が破綻してる気がしますが、きっと気のせいです。

そのプレゼントとはこちら。

gift

さて、コレは何でしょうか。

続きは次回(多分)

ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/15 00:40】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
遠きにありて思ふもの
アメリカ生活も4年経ちました。

振り返ってみれば、色々書いてみたいことも浮かんできますが、まぁ今回、難しい話は抜きで。

ちょっと気が早いのですが、年末の帰国スケジュールが決まりました。

そして、さらに気が早いのですが、日本に帰るたびに頭を悩ませるのが友人と会うスケジューリング。

限られた日数で、出来るだけ多くの友人と旧交を温めたいと思うものの、上手いこといった例がありません。

大抵の場合、私は平日も暇だったりするのですが、友人達は当然ほとんどが勤め人。

週末の夜に集中する傾向が高いです。当たり前ですがね。

また、私も暇と言ったって、連日連夜飲み歩くわけにも行きません。

それでも色々考えたり調整したりして、やりくりに励むのですが、どうしても会えない人も出てきます。

そんな人には電話をしたり、メールをしたり、はたまた心の中で手を合わせてお詫びをしたりするのですが、距離が狭まらないのは変わらない。

気づけば段々と疎遠になってしまったり、お互いを取り巻く環境が変わりすぎてしまって、会ってみたものの、なんだか以前のようには盛り上がらないなんてこともしばしば。

残念なことです。

誰の言葉か忘れましたが、友人というのは洋服と同じで、体型が変わったり、流行が変わったり、年月が経つと擦り切れてしまって着れなくなることもあるそうで。

この言葉には、それを言ってる本人だって、他人にとっては洋服なのだという視点が欠けているのと、一方で、普段、全然連絡を取らないのにツーカーで分かり合える人もいるので、普遍的真理かって言うとちょっと違うと思いますが、年月が人間関係を不可逆的に変化させてしまうことがあるのは事実。

何にせよ、どっちが悪いってわけではないのに、ただ変化してしまう関係、もう戻れない「楽しかったあの頃」なんてものを懐かしく思うことも多くなってきました。

なんの話だったっけ。

えーと、そうだ。

私が帰国のたびに比較的良く会う面子として、大学時代の同級生というのがいます。所属していたサークルの同期ですね。

全員集まれば多分20人弱くらいなのでしょうが、卒業して早10数年、最近は私が帰国するタイミングで飲むのが同期の集まるきっかけになってるようなところがありました。

んなもんで、私も帰国するときはなるべく連絡をするようにしていました。

振り返れば4年前、渡米直前のときは10数人が集まってくれました。ブログにもなんかそこらへんのことは書いた気がします。

それからしばらくは半年おきくらいに一時帰国をして、大概会ってたりしたのですが、ちょっと気になることが。

段々集まる人数が減ってきました。

最近では10人も集まらず、私を含めて6・7人程度。

いや良いんです。皆さんだって仕事や家庭が忙しい。大体、上にも書いたように、私なんざ集まる言い訳の一つくらいなもんで、皆が私一人に会いに来てくれてるわけでもないので、個人的に気に病む必要はないのだ。

でも、なんだか寂しい想いがするのも事実。

そして先日のこと。

今年の帰国スケジュールが決まったので、なんとなく同窓の一人(nakanie:仮名)に連絡したところ、帰ってきたメールの末尾にあった言葉がこちら。


>飲み会の場所はホットペッパー送るので勝手に予約して下さい。



いくらなんでもこの洋服は擦り切れ過ぎだと思う。



ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/07 00:02】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
Uh-oh, you're in trouble.
なんか忙しく更新できてません。ちなみにプロジェクトは9月まで延長されました。

とりあえず娘の成長について。

相変わらず成長は著しく、随分言葉が分かるようになってきたようです。

少なくとも、こちらの話す内容はある程度理解できるらしく、簡単な指示には(気分によって)従うようになりました。

「ケメ、お父さんにあれ持ってってー」

とかそんなの。

ふと気づけば子供の前ではお互いのことを「お父さん」「お母さん」呼ばわりし始めていることに驚いたりしますが、それはさておき。

面白いことに、娘は英語での指示についても同じくらいの理解度を示してるみたいです。

基本的に、私達は娘に日本語で話しかけるのですが、聞くところによればデイケアでの先生の話も随分理解してるとのこと。

一体彼女の脳みその中では、2ヶ国語がどのように処理されているのか興味があります。

きっとリスニングに関して言えば、私より娘の方が優れてるに違いない。デイケアの先生との話を通訳してくれる日も近いかも。

じゃあ喋る方はどうかといえば、こちらはまだまだ。

前にも書いた気がしますが、「エルモー」というのが頻出単語ナンバー1です。ベストテンで言えばルビーの指輪。よくわかんないけど。

町中で赤くて小さいモンスターを発見しては、「エルモー!」

部屋の隅で転がってるぬいぐるみを指差しては「エルモー!」

アンパンマンを見ては「エルモー!」

そう。理屈は良くわかりませんが、エルモじゃないものでも「エルモ」呼ばわり。

一応ね、他の単語もボチボチ喋る始めてるんですが、二語文なんかはもっと先の話でしょうね。

そんな現在ですが、「エルモ」を追撃している単語がこちら。

「オ、オー」

日本語で言うところの「あーあ」って奴です。そう、アメリカ人がなんかやらかした時に口をつくあれ。
英語表記は「uh-oh」になるんですかね。

別に私達がアメリカナイズされて言ってるわけじゃなく、これもデイケア仕込み。

子供達が何かをやらかしたときに、きまって先生が言う

「オ、オー」

を聞き続けているためらしい。

なので、我が家でも、娘は食事中、テーブルから勢い良くボトルを叩き落しては、さも意外なことだったかのようにこちらを見て、

「オ、オー」

と呟いてます。

「お前がやったんだろ!」って言う突っ込みも良く見る風景。

自分が積極的に招いた事態に対しても言うあたり、まだ使い方が飲み込めてないようです。

そして昨日のこと。

デイケアで娘をピックアップ。

後部座席に取り付けたチャイルドシートに娘をはめ込もうとします。

その日の気分によりますが、たまに娘はチャイルドシートに収まるのを嫌がります。その頑固さは碇シンジ君並。

大声で泣きながら、チャイルドシートの上に文字通りブリッジしてはその体勢を維持してみたり。なんか凄い光景です。

ちょっと前までは、ブリッジした娘の胴体を下から軽く支えて、疲れて崩れ落ちる=シートにすっぽり落ち込むのを待っていたのですが、

最近は私も少し賢くなり、ちょっとしたテクニックを使ってます。

後部座席の窓の上にある手すり、正式名称は知りませんが横についてる奴。

その間にエルモの小さいぬいぐるみを前もって挟んでおきます。

するとあら不思議、後部座席に運び込まれる娘は、「やべえ縛り付けられる!」と身を反り返らせる前にエルモに気づき

「エルモー!」

そう言ってる間に私がカチャリカチャリとシートベルトを嵌めてしまうという按配。

いや。便利な時代になりました。

このテクニックを発見してからは、娘がチャイルドシートを嫌がることがほとんどありません。

そんな感じで、私はいつも通り娘を抱きかかえながらデイケア駐車場に向かい、車のドアをオープン。

襷がけにしたバッグに悪戦苦闘しながらも、両手で娘を支えると、チャイルドシートにドスン。

ふと気がつけば、いつも挟まってるエルモがいません。

しまった忘れてた。

幸いなことに、その時機嫌が悪くなかった娘は問題もなくシートに収まりましたが、視線は車のドアの上部付近を凝視。

そう。エルモの指定席。

でもそこには何もない。

娘はなんだかきょとんとした目付きで指をさし、

「エルモー」

と呟きます。

それから訝しげな様子で今度は私の顔を見て、

「エルモー」

そしてもう一度確認するように上を指さし、

「エルモー」

また私の顔を見て、心持ち首をかしげながら

「エルモ・・・」

私は己の迂闊さを呪いながら、娘に説明します。

「ごめんねーケメー。今日はエルモ無いんだよー。お父さん忘れてきちゃったー。・・・あはは」

うすら笑いで誤魔化そうとする私。

そんな私の顔を見つめながら、軽く眉間に皺を寄せつつ、娘ははっきりとこう言いました。

「オ、オー。」

うん。その使い方は正しい。

ではまた。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

【2009/09/01 23:13】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。