FC2ブログ

TWITETTA!

戦いのヒブタは切られた。
実家と離れて海外で暮らす人間にとって、webカメラは強い味方。

我が家でもちょくちょく使っては、実家に孫の元気な顔を見てもらっています。

先日のこと。

いつもどおりwebカメラで私の実家と交信。

その日は姪っ子のKが来ていたので、姪とその母、つまりは私の姉と両親を含めて向こうは4人。こちらは妻と娘と私の3人。

歌う姪っ子、叫ぶ娘。双方ともにお互いのリアクションを見て喜んでいました。

姪っ子は娘の姿を見て大喜び、名前を連呼してくれてます。

娘の方はまだ状況が飲み込めないので、持ち前のムチムチの肉体美をゴロゴロしながら披露。

いまさらですが、こういう技術によって本当に海外暮らしが楽になってるなぁと実感します。昔は寂しかったでしょうね。

実際、以前カナダに留学していた妻も、その当時は毎日泣きながら手紙を書いていたと言いますし。

それはさておき。

娘と姪、互いの芸が出尽くしたあたりで、父が画面からちょっと離れ、何かを手にして戻ってきました。

画用紙らしきものには、大きな丸。その中心にはチョンチョンと点や線が。

そういえば姪っ子は既に2歳半。最近は絵を描くようになったそうで。

しかも今回、うちの娘の似顔絵を描いてくれたらしい。

なんてスイート。優しい良い姪っ子を持ちました。

こういう小さい子供達の交流というのは、見ているとこちらの心まで温まりますな。

距離は離れていても従姉妹同士、思いやれる関係になると良いですね。

そんな事を考えていると、画面の向こうでは父が画用紙を見せて姪っ子に尋ねています。

「ねぇねぇKちゃん、これ誰だっけ?」

既にWebカメラに飽きたのか、手元の紙になにやらイタズラ描きをしていた姪っ子は、視線もあげずにこう言いました。

「ブタ」


ではまた。
スポンサーサイト



【2008/12/24 10:19】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |