TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
子供はみんなキティが大好き
記録のために書きます。

一昨日の夜、とうとう娘が寝返りに成功しました。

寝返りといっても小早川秀秋、いや何でもありません。要するに、仰向けからうつ伏せへの移行が出来たということです。

これまでにも「うんとこしょ」、という具合にうつ伏せになろうとはしていたのですが、どうしても身体の下敷きになった左腕を抜くことができず、親のサポートが必要でしたが、とうとう自力での回転に成功。

普段人間が何気なくやっている動作ひとつをとっても、複雑な体重移動と所作が組み合わさっているのだなぁと実感させられました。

ちなみに、今回の成功における最大の功労者はハローキティと言っても過言ではないでしょう。

娘が回転する方向に向け、妻がぬいぐるみを使って激励し続けたのが功を奏したようです。

私がリビングにいると、妻の叫ぶ声が聞こえてきました。

「ハロー!私、ハローキティよ!よろしくね!一緒に遊びましょ!ほらほら、もう少し!キティが応援してるわよ!ハローキティ!」

作り声で応援する妻。

ハローキティの声を聞いたことが無いので、私には似ているかどうかの判断はつきません。そもそも口ってあったっけ?

どっちかというと、性転換したミッキーマウスみたいな気がしますが、文句は言わないほうがいいでしょう。

寝室に行くと、ぐぐっと身体の右側面を持ち上げ、右腕はぴんと張り、両足をやや見当違いの方向に踏ん張る娘。

その視線の先には、妻の持つぬいぐるみが上下しています。

おお。これは上手くいくかも。

ごろり。

上手く転がった娘は、そのまま円を描くように身体を方向転換して、左腕を抜こうともがきます。

既にしっかりと地面を支えた娘の右腕に力が入り、首と上半身を持ち上げていきます。

ずるずる。

おお!

見事に左腕が抜け、これ以上ないくらい綺麗なうつ伏せの姿勢に。

やった!やった!

思わず私も歓声をあげました。

親のハッピーな気持ちが娘にも伝わったのか、ニコニコと。

人から見たらつまんないことかも知れませんが、こんなことでも喜んでしまうのが親心。

私とともに喜ぶ妻の右手には、こんなぬいぐるみが握られてました。

hell_oh_kitty

それキティじゃない。

ではまた。
スポンサーサイト
【2008/09/09 17:43】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。