TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
正解はどれ。
先日のこと。

一向に泣き止まない娘。

私は娘を抱いてベッドに腰掛けると、膝の上に乗せ、リズミカルに揺らしながらなんとかあやそうと頑張る。

最近娘は知恵付いてきたらしく、どうも父親よりも母親の方が好きらしい。格差社会の波がこんなところにまで。

はぁぁーーばばばばぁ!

ほーれほれほれほれ!

私の想像力と創造力が許す限り、出来るだけ珍妙な表情、節回しをしてあやし続ける。

今この様子を隠しカメラで撮影されて、脅迫とかされたら何でも言うことを聞いてしまうかも知れない。

そんな努力も空しく、大粒の涙とともに絶叫する娘。

私の顔が気に食わないのかと、父娘同じ方向を向くように、要するに私の顔が見えないように抱きかかえて再トライ。

全然駄目だ。

見かねた妻がやってくると、私達父娘の前で、不意に歌を歌い始めた。

簡単な振りつきで。

すると、娘はピタリと泣き止み、さっきまでの絶叫が嘘のように笑い始める。

一体、妻の歌と踊り、そのどれが娘のツボに嵌ったのだろうか。

特に相手が乳児の場合、その答えを知るのはほぼ不可能。

せめて、

1.動きが面白い
2.その歌が良い
3.表情が素敵
4.母親の方が好きだから
5.特に理由が無い

こんな選択肢の中から選んでもらえれば助かるのだが、そうもいかない。

私は一体、妻のテクニックの何を学べば良いのか。

コミュニケーションが通じてるようで、通じてないようで、通じてるかもしれない。

そんな宙ぶらりんの状態で、毎日が過ぎていく。

あやすというのは本当に難しい。

ちょっと調べてみると、もともと「あやす」というのは「愛す」の音が変化したものだという。

言われてみれば、この複雑さを伴うコミュニケーションというのは、愛に似ているのかもしれない。

思いやりと思い込みと自己愛が渾然一体となってる感じっていうか。よくわかんないけど。

参考までに、今回妻が歌った歌とダンスを以下に忠実に再現してみました。

果たして一体なにが娘に受けたのか、分かった方はご教示頂ければ幸いです。

<↓クリックで開きます>
続きを読む
スポンサーサイト
【2008/09/05 14:36】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。