TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワクチン祭り
というわけで、2ヶ月検診に行ってきました。

娘は順調に成長しており、身長、体重ともにアメリカの平均的な赤子と比較してトップ5%以上の達成率を誇ってます。

まぁ話によるとアジア人の子供は、生後しばらくの間は、他の人種と比べても大き目なんだそうですがね。

今日のメインはワクチン注射。

それも一気に4本です。なんじゃそりゃ。

ちなみにメニューはこちら。

・Polio Vaccine (ポリオ・ワクチン)
・Diphtheria Tetanus & Pertussis Vaccines (ジフテリア、破傷風、百日咳混合ワクチン)
・Haemophilus Influenzae Type b Vaccines (ヘモフィラス・インフルエンザ・タイプb ワクチン)
・Pneumococcal Conjugate Vaccine(肺炎球菌結合ワクチン)

正直に言わせて頂くと、予防接種の名前すら発音できません。

一応、ポリオ以外はそれぞれ、DTaP、HiB、PCVという略語があるので、それくらいは覚えた方が良いのでしょうね。きっと。

聞いた話によれば、アメリカは移民の国なので、こんなに沢山の予防接種を一気にやるようですが、本当でしょうかね。他の国、どころか日本ではどうなのかも良く知りませんが。

とにかく、哀れな娘は看護師に押さえ込まれる形で、両腿に2本ずつブスリブスリと直角に打ち込まれて。

4本打つのに、10秒を切っていたであろう、看護師の早業。

その匠の技のおかげか、娘は3本目までは持ちこたえたのか、もしくは状況が把握できなかったのか、きょとんとしていましたが、4本目でようやく事の重大さに気づいたのか、大泣き。

その後、夜にかけても注射跡が気になるらしく、延々と泣き止みませんでした。

次回のワクチン祭りは、4ヶ月検診の時だそうです。

ではまた。

本当に落ちが無いエントリなので、写真で誤魔化してみる。

in white dress
スポンサーサイト
【2008/06/05 13:07】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。