TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
レガリア
アメリカの卒業式でお馴染みのガウンと帽子。

アカデミックドレスとも呼ばれますが、私の大学ではレガリアと言ってました。

 regalia
 n. 【史】((単複両扱い)) 王権; 王位を表す宝器 ((crown, scepterなど));
   ((集合的)) (階級を示す)記章 (emblems); 正装
(goo 辞書から転載)


                                            
なんか仰々しい意味ですね。

実際の画像はこんな感じです。

regalia


両袖には和服で言うところの袂のような、伸びすぎた盲腸のようなものがぶら下がっており、冒険の途中で見つけたアイテムをしまうことができます。

それが正しい用途かどうかは知りません。

ここに携帯電話や財布を入れておけますが、いざ取り出そうというときに結構面倒ですので注意が必要です。

首元から背中にぶら下がっているのはマントではなく、フードと呼ばれるこれまた目的不明の物体。

ちなみに首元からわっかのついた紐がぶら下がってますが、そのわっかをガウンの下のシャツのボタンにくぐらせてフードの位置を固定するらしいです。

それを教わるまでは、常に真綿で首を絞められてるような心持ちがしてました。

後ろから見るとこんな感じですが、魚の腸を出したみたいに見えるのは私だけでしょう。
back


これは学部によって色が異なり、着ている人間の専門分野が一目でわかる仕組みになっています。

そしてその色分けは全米でほぼ共通しているため、これまた一目でその人の専攻が分かるそうで。

最後に、これは観たことがある人も多いでしょうが、帽子。

cap


天辺からぶら下がっている房はタッセルと言い、この色も学部によって色分けがされてます。

ちなみに私の場合、学部が教育大学院なので、スカイブルーとなってました。

キャンパスを歩いていて何度か迷いそうになりましたが、このタッセルのおかげで仲間を見つけることが出来、意外と便利。

このタッセルですが、ぶら下げる位置も重要で、私達院生は、写真にもあるように常に左側に垂らすことになってました。

クラスメイトに理由を聞いたものの諸説あり、「左側が学問の世界、右側は現実社会を表しているので、卒業したら左から右に移すのだ」というものや、「いや大学生は右に垂らしていて、それを卒業を機に左に移すのだから、院生および博士は左に垂らしっぱなしでいいのだ」、などと答える人間によって解説が全然違い、挙句には、右が社会を表すというのは左利きにとって差別ではないか、というような良く分からない話になったので、真相を究明するのはあきらめました。

どなたかご存知の方いらっしゃいましたら御教授下さい。

ちなみに、大学生・院生・博士課程その他でガウンや帽子のデザインは異なり、仮面ライダー1号・2号程度の小さな違いから、それらとストロンガーくらいの大きな違いまで様々でした。それぞれ由来があるかと思うと、眺めているだけで面白かったです。

着心地は最悪で、重いし蒸れるしで散々でしたがね。

おまけに、これはきっと頭がでかい私だからでしょうが、このガウンと帽子を着てもさっぱり似合いませんでした。

周りを見回すと、そばかすだらけのひょろひょろ白人すらそれなりに着こなしているというのに、この彼我の差は一体。

自分の姿を鏡に映して、眺めてみます。

四角くて黒い帽子の下に、丸くてでかい顔。そこから伸びる紫のガウン。

どう見ても怪人ムラサキイカ。

こんな晴れ晴れしい場にいるよりも、幼稚園帰りの子供を脅かしてる方がよっぽど似合う気がします。

紋付袴なら、人並みに似合う自信があるのですがね、これを着ないと卒業式に出席が許されないのだから仕方がありません。

というわけで、怪人ムラサキイカの活躍は次回。

ではまた。
スポンサーサイト
【2008/06/27 03:04】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お久しぶりです。
現在、卒業式に出席するために、私はシカゴにいます。

あなたがすぐ気付くことができるように、私の日本語は今日、変です。

はい。 PCをここに持って来なかったので、私は、大学図書館で日本語のフォントを使用できないコンピュータを使用しなければなりません。

したがって、何人かの読者が恐らく詳しいかもしれませんが、私はESLの昔のようにウェブで自動翻訳サービスを利用しています。

これは煩わしいです。

しかし、人間は彼らが持っているのに満足していなければなりません。

私もまた、厳しい現実に順応するのを試みましょう。

とにかく、久しぶりのシカゴは、従来と同様とても美しくて、巨大です。

chicago


私が2年間ここに住んでいたというそれは、夢であるかもしれません。そのように思います。

何が起こっていますか?

間違いなく、いつものように、この翻訳ソフトウェアは本当にしゃぶられます。

いいえ、いいえ、すみません。 すみません。 私は、そのように言うのを意図しませんでした。

私はこのソフトウェアを決してしゃぶりません。 私はいったい何を話していますか?

本当に言いたいと思ったことは、この翻訳ソフトウェアが従来と同様無能であるということでした。

排泄物と同様です。

もうこの記事を包むべき時間です。

いいえ、私は何も包みません。ほら、私を台無しにしないでください。

くそっ。

私は、いなくならなければならないと言おうとしていました。

私はあなたをやるつもりです。

いいえ、再びすみません。 私はこのエントリーを読んでいるあなたと話していません。

私はあなたをやるつもりではありません。

私はこの不快のソフトウェアと話しています。馬鹿野郎どのようにがあえてそうするか、そして、私を怒らせるべきではありません。いったい黙ってください!

....OK、すみません。少し落ち着きましょう。

とにかく、シアトルに戻った後に私は別の記事を掲示するつもりです。

卒業式に関してや、探偵フロスト検査官の最後の本、または、ブックツアーにおけるジェフェリーDeaverについて、など。

それを楽しみにしてください。

私はこのエントリーに不適当な単語のいくつかを書いたかもしれません。許してください。

これは私の意図ではありませんでした。

じゃあまた。
【2008/06/20 10:41】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
Jeffery Deaverの新作。
というわけで、本日アメリカではリンカーン・ライムシリーズの最新作、"The Broken Window"が発売されました。イエーイ。

the Broken Window


本来ならば、朝一で書店に走り購入し、娘をあやしながら読み始めたいところなのですが、ちょっとおあずけ。

というのは、そう、来週、シアトルにてJeffery Deaverのサイン会が行われるので、それに参加する予定だからです。

去年、キャサリン・ダンスシリーズの第一作、"The Sleeping Doll"が発売されたときには、シカゴでサイン会があったものの、妻の卒業式当日だったので参加できませんでした。

今年は万難を排して行きます。

いや、妻の卒業式が「難」だったなんて思ってません。為念。

とにかく、私にとってアメリカ生活最大の余禄でございますので。ええ。

ちなみに、一昨年"The Watchmaker"のサインツアーに行って来たときのエントリはこちら

今読み返してみても、呆れるほど浮かれてますが、今回もきっと浮かれたエントリを書くことでしょう。

ではまた。
【2008/06/10 02:59】 | 読書関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ワクチン祭り
というわけで、2ヶ月検診に行ってきました。

娘は順調に成長しており、身長、体重ともにアメリカの平均的な赤子と比較してトップ5%以上の達成率を誇ってます。

まぁ話によるとアジア人の子供は、生後しばらくの間は、他の人種と比べても大き目なんだそうですがね。

今日のメインはワクチン注射。

それも一気に4本です。なんじゃそりゃ。

ちなみにメニューはこちら。

・Polio Vaccine (ポリオ・ワクチン)
・Diphtheria Tetanus & Pertussis Vaccines (ジフテリア、破傷風、百日咳混合ワクチン)
・Haemophilus Influenzae Type b Vaccines (ヘモフィラス・インフルエンザ・タイプb ワクチン)
・Pneumococcal Conjugate Vaccine(肺炎球菌結合ワクチン)

正直に言わせて頂くと、予防接種の名前すら発音できません。

一応、ポリオ以外はそれぞれ、DTaP、HiB、PCVという略語があるので、それくらいは覚えた方が良いのでしょうね。きっと。

聞いた話によれば、アメリカは移民の国なので、こんなに沢山の予防接種を一気にやるようですが、本当でしょうかね。他の国、どころか日本ではどうなのかも良く知りませんが。

とにかく、哀れな娘は看護師に押さえ込まれる形で、両腿に2本ずつブスリブスリと直角に打ち込まれて。

4本打つのに、10秒を切っていたであろう、看護師の早業。

その匠の技のおかげか、娘は3本目までは持ちこたえたのか、もしくは状況が把握できなかったのか、きょとんとしていましたが、4本目でようやく事の重大さに気づいたのか、大泣き。

その後、夜にかけても注射跡が気になるらしく、延々と泣き止みませんでした。

次回のワクチン祭りは、4ヶ月検診の時だそうです。

ではまた。

本当に落ちが無いエントリなので、写真で誤魔化してみる。

in white dress
【2008/06/05 13:07】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ご無体な。
あっという間に生後二ヶ月となりました。

速い。速すぎます。

妻と話していたのですが、ここ2ヶ月の記憶というものはなにやら朦朧としており、色々あったような気がするのですが、ディティールが吹っ飛んでます。それくらい余裕が無かったのですな。

お蔭様で、最近はようやく夜まとまった時間眠ってくれるようになり、親も人間らしい睡眠を取れる日が多くなってきました。

それでもたまに本人以外は分からない理由で金切り声をあげて、我々をやきもきさせてくれるのですが。

やきもきする方は、きっといつまでも終わらないんでしょうね。

最近の悩みの種はと言いますと、ゲップが出ないこと。

一般的なルーティンとして、

①オムツを替える。

②授乳する。

③ゲップをさせる。

④寝付かせる。

というのが数時間おきに行われます。というか、行おうと努力しています。

ところがなかなかそうはいかない。

ちなみに、父親である私ですが、以前もちょっと触れたことがあるかも知れませんが、大変胃腸が弱いです。

って「弱い」という表現がどこまで正しいのかは分かりませんけれど、とにかく回数が多い。

ええ。あれです。大の方。

基本、食べたら出る。

我ながら、トコロテンかロケットペンシルの生まれ変わりかと思うことがあるほど、と言えば分かるでしょうか。

そして、残念なことに、私のこの身体的特質は娘に受け継がれているようで。

なので、上記のルーティンもしばしば突発的に変更を余儀なくされます。

①オムツを替える。

②授乳をする。

ここまでは良い。ところが、ゲップをさせようと授乳を終えた妻が、時には私が、娘の背中をポンポンと叩いていると、本来効果が期待されている娘の愛らしい唇からは何の吐息も漏れず、替えたばかりのオムツの奥で、なにやら獰猛な音が。

獣が、獣が吼えてる。

びくびくしながら、その咆哮が止むのを待つ私達。

咆哮が止んだと思えば、娘の背中から、足の脇から「きっと数時間前までは母乳だったもの」の成れの果てがルルドの泉とばかりに湧き出てきてるのを発見。

その場合、③以降のタスクがこのように。

③´オムツを替える。

④´お尻を洗う。

⑤´背中も洗う。

⑥´シーツを洗う。

⑦´寝付かせる。

⑧´寝ない。

⑨´気づけば授乳の時間。

⑩´授乳する。

⑪´嫌な予感がしながらも背中を叩く。

⑫´ゲップの代わりに何やらオムツの奥で獣の叫ぶ声が。

⑬´③´に戻る。

日によっては一日中洗濯してるような気がします。妻も私もすっかり手が荒れてきました。世の他の親御さんもこんな感じなんでしょうかね。

ではまた。
【2008/06/03 12:12】 | アメリカで育ててみる | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
勇気を出してみました。
PCのファイルを整理していたらある画像を発見したので、その件について書きます。

先日、近所のスーパーで買い物をしていたところ、なんか素敵なカップルに出会いました。

普通は滅多なことが無い限り、見知らぬ人に声をかけたりしないハンブルジャパニーズな私ですが、気づけば声をかけてました。

「エクスキューズミー。ちょっと写真を撮らせてもらって良いかな?」

ちょっと大胆すぎたかな、とも思いましたが、彼らの返事はフレンドリー。

「ああ。いいよいいよ!よろこんで!」

「サンキューサンキュー。・・・ワーンツースリー!」

「よく撮れた?」

「サンキューサンキュー。んで・・・あの実は私ブログやってるんだけど、良かったらこの写真をアップしても良いかな?」

「いいよいいよ!」

というわけで、撮った写真がこちら。

↓クリックで開きます。
続きを読む
【2008/06/01 12:15】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。