FC2ブログ

TWITETTA!

イピカイエー!な夜
先週末、遅ればせながら、ダイハードの第四弾、"Live Free or Die Hard" (邦題 ダイハード4.0)を観て来ました。

ニューヨーク市警のベテラン刑事が、クリスマスの夜に最悪な場所に居合わせた為に、孤軍奮闘するはめになる、そんなコンセプトが受けたこのシリーズ...だったはずなんですが。

異変が起こったのは三作目。

ロケーションも最初はハイテクビル、「ダイハード2」では空港。陸→空と来たので、次は海を舞台の予定でした。

そして、タイトルも一作目は"Die Hard"、二作目は"Die Harder"、そうすると、当然三作目は比較級最上級"Die Hardest"とまとめる予定だったそうで。聞いた話ですが。

ところが、合気道と大阪弁を操るデカイアメリカ人に、海を舞台にテロリストと闘う映画(「沈黙の戦艦」)で先にやられちゃった為に当初のプランは頓挫。

結局、三作目では、クリスマスでも何でも無い日に、ニューヨーク中の交通機関を使ったオリエンテーリングをする映画になりました。タイトルも更なる続編を狙ったのか、”Die Hard with a Vengeance" (邦題 「ダイハード3」)

当初のコンセプトはどこへやら。

そして12年振りの新作。クリスマスがどうとか、舞台がどことか、比較最上級がどうとかいうことはどこかに吹っ飛び、タイトルも"Live Free or Die Hard"。なんですかこれは。誰に命令してんだってな題名です。

日本では「ダイハード4.0」って何そのWeb2.0みたいなタイトルだそうですが、意表のつき具合はアメリカの方が激しい気がします。

まぁブツブツ言っても大好きなシリーズなんで、そそくさと観に行った訳ですが。

上映開始からしばらく経つというのに、劇場の混み方は異常。

今まで観に行った映画で一番人が多かったかも知れません。金曜の夜だったというのもありますが、ほぼ満席。みんな大好きダイハード。

映画の内容の方は、すっかり海坊主になったブルース・ウィリスが、相変わらずの孤軍奮闘。サイバーテロに対してとうとう全米の(国民を含む)財産を守っちゃる、と言うスケールの大きさになりました。

ネタバレに気をつけるも何も、細かいところはさっぱり聞き取れてないので、「あーこいつらはこんな感じのことがしたいのねー。ところで、なんでみんな今笑ったの?」てな感じ。

毎度のことですが、台詞回しの面白さは今ひとつ把握出来ません。

個人的に、このシリーズの好きな点は、後半に大きなドンデン返しがあるところだったのですが、残念ながら今回は無し。ひたすら連続するアクションシーンを堪能するような出来になってます。

私はラスト3分くらいまで「ここで何か起こるか?」とドキドキしていたのですが、ちょっと肩すかしな印象が。

そのかわり、後半に行くに従ってのアクションのインフレーションは前作以上。最後の追跡シーンのあたりはほとんどギャグみたいでしたが、それを逆手にとったような演出もあり、観客は受けてました。

純粋な意味でのエンターテイメント映画としては、なかなか良く出来ていたのではないでしょうか。絶対死なないって分かってても、あれだけの迫力のあるシーンが多いと、2時間しっかり楽しめるものですね。

ちなみにシリーズにおける、私の好きな順番は、1>2>4>3となってますが、アメリカの映画データベースサイトIMDbで観客が付けてるレーティングでは、現在のところ、1>4>3>2のようです。(4はまだ上映されたばかりなので、今後もう少し下がるでしょうが)

意外と3て評価良いんですね。妻も3が一番好きだと言ってましたし。

あと、ダイハードと言えば、外せないのがイピカイエー。イピカイエーと言えばダイハード。ダイハードと言えばイピカイエーでございます。

ダイハードを知ってる方でも、意外とイピカイエーをご存じない方がいるかも知れないので、ここでちょっと御説明。

イピカイエーとは、ブルース・ウィリス演じるマクレーン刑事が、シリーズ全作を通じて、ここぞとばかりに言う台詞として、ダイハードシリーズ上、最も有名な台詞です。

ターミネーターの"I'll be back"みたいなもんですな。

日本で上映した時には字幕では「くそったれ」とか「ざまあみろ」みたいに訳されたりしてるみたいですが、吹き替えだとなんとそのまま「イピカイエー」と言ってたりもしてるようで。なんのことやらわかりませんね。

私もこの台詞自体は知ってましたが、なんでそんなに有名なのかは、長い間の謎でした。

そんな時、先日修士論文のクラスで、クラスメイトのひとりと、2時間程二人っきりで過ごす機会があり、話題に困って仕方がない状況に追い込まれたことがありました。

いや、互いの修士論文のテーマを批評し合うってのが、その日のテーマだったんですが、流石に2時間は持たなかったわけで。

そこで、折角なので、この長年の疑問を彼に聞いてみたところ、彼なりの解説をしてくれました。それが以下の内容。

イピカイエー(Yippee-ki-yey ←表記方法は色々らしい)というのは、元来ネイティブアメリカンの言葉で、なんというか景気付けの言葉だったそうです。西部劇で使われることが多く、「そらいけ!」とか「その通り!」みたいな文脈で使われてた模様。これに対応する正確な英語の単語は無いとのこと。

日本語で言えば、鹿児島弁の「チェスト」みたいなもんでしょうかね。

彼の意見では、ダイハードでこの台詞が面白いと思われたのは、「イピカイエー」という言葉のためだけではなく、そのあとに"Motherf*cker!"と続いたのがその秘密だろうとのこと。

確かに、作中は"Yippee-ki-yey, motherf*cker!"でワンセットの台詞になってます。

では、なぜそれが(アメリカ人にとって)印象深かったのかというと、"Yippee-ki-yey"という、西部劇でよく使われていたようなクラシカルな言い回しに、最も現代的な卑語の一つである"motherf*cker"が続くという、そのギャップというか、落差が面白かったのだろうとのこと。

彼の話を受けて、ダイハードシリーズ、記念すべき第一回のイピカイエー発言を調べてみると、こんなやりとりの中で出て来てました。

正体の分からない邪魔者に苛立つ敵役のボス、ハンス・グルーバーは、トランシーバー越しにマクレーン刑事に問いかけます。(以下意訳。誤訳だったらご勘弁)



グルーバー「お前誰だ?子供のとき映画を観過ぎたアメリカ人なのか?自分のことを、ジョン・ウェインかランボーかなんかだと思ってる頽廃文化の落とし子か?」

マクレーン「俺はロイ・ロジャースの方が好きだった。あのスパンコールのついたシャツが特にね」

グルーバー「本当に私達に勝てると思ってるのかね?カウボーイくん」

マクレーン「Yippee-ki-yay, motherf*cker」




なるほどねぇ。第一作では、西部劇ネタからこの発言に繋がったわけですね。

これを字幕なり、吹き替えでニュアンスを出そうとしても難しいわ。

前述の説明を受けて、もしニュアンスだけでも忠実に訳すとしたら、

「あったりめぇだベラボーめ!このニート!」みたいなもんでしょうか。

って、そもそもニートは卑語じゃないか。大変失礼しました。>ニートの皆様


そんなこんなで、今回の"Live Free or Die Hard"でも、いつイピカイエーが飛び出すかワクワクしながら待っていたのですが、期待に違わず言ってました。イピカイエー。それとセットの単語も忘れずに。

もしこれまでイピカイエーをご存知無い方がいらっしゃったなら、今後はちょっと、そんなところにも注目してダイハードシリーズを鑑賞してみたら面白いと思います。

無理矢理まとめてみました。

ではまた。
スポンサーサイト



【2007/07/15 10:17】 | Lost in Translation | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |