FC2ブログ

TWITETTA!

週末が終わる。
学部オリエンテーション3日目が終了。
本日は12時から16時30分まで。その後は家族も招待されてのピクニックでした。ピクニックって言っても室内のパーティーですがね。

オリエンテーションの内容としては、前日のMBTIの性格診断を基に、意思決定のプロセス(というか各個人間での決定フェーズの差異)や、「やらねばならぬ」ことについての各人の対応の違いを実感するエクササイズ、「理想とする学習環境のイメージとは?」とか、「チームビルディングに必要なプロセスと考慮すべき点」などをテーブルごとに、はたまた全体で、ときに1対1でディスカッションをしてプレゼンという感じ。
最後の最後に、カリキュラムの組み方についての説明で締め、という具合でした。

こう書くとなんだかキチンと理解しているみたいですが、細部がダダ漏れのため、現場では良く分からない状態でオロオロすること多数。

最初の意思決定プロセスのエクササイズも、どうもディティールが飲み込めないまま終わったりしてどうしようもありませぬ。

相変わらず胃袋が梅干のようにキュウと縮むような気持ちを味わってばかりですが、なんとなく分からない状態にも慣れてきたり。

それじゃダメなんだけどさ。いやいや。

たわいも無いけど嬉しかったのが一つ。

理想的な学習環境を表現するイメージを選ぶというエクササイズの時のこと。

この三日間で話したことの無い人と組んで、互いに選んだイメージについて、そのイメージについて喚起されるものと、なぜそのイメージを選んだかについて話しあうように指示が出されました。

一人のアメリカ人男性が声をかけてくれたので、四苦八苦しながら彼の発言を書きとめ、また私も自分の考えを説明したのですが、その後皆でイメージを床に並べ、みなで意見を出し合う時に、彼が私の言った内容を引用して発言してくれました。

うひ。

まぁ余りにも大したことではないのですが、こうしたちっぽけな喜びというものが人間には必要なのでしょう。時には。

礼儀として、私も彼の言った内容を使って発言しようと思ったものの、私の理解が及ばなかったのか、どうしても彼の説明した内容が、その場の議論の流れに応じた内容と思えなかったので、紹介できなかったのが悔やまれます。

きっときちんと理解できたなら、こじつけてでも発言できたのに。
申し訳ない。

4時30分から始まったピクニックの方は、自己紹介をしたりされたり、何と言うこともなく終了。クラスメイトの年齢層が結構高いこともあり、子供をつれてくる人多かったのが印象的でした。

夕方からカミナリを伴った大雨が降り始めたものの、小降りになったのを見計らって電車で帰宅。車内ではグゥグゥ寝てしまいました。

ということで学部オリエンテーションが終了、これで一息つけるかと思いきや、明日はTechnology Orientation、明後日はクラス登録、その翌日からは2日連続でもう授業が始まります。

さっき授業前の宿題をチラッと見たのですが、その分量の多さに血の気が引いてパタンと閉じてしましましたよ。

どんな悪い冗談だ、あれは。

ではまた。
スポンサーサイト



【2006/09/17 19:45】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |