FC2ブログ

TWITETTA!

オリエンテーションは続く
ということでInternational Orientation2日目の事を書く。

既にして記憶が曖昧なので、書いてる内容に余り自信がないが、どうぞお許しを。

さて。

1日目とは異なり、本日は9時開始。睡眠不足で朦朧としながらL(路線の名前)に乗ってキャンパスに向う。

車中、たまに睡魔が「だ~れだ?エヘッ」とその生暖かい手を伸ばしてくるのを振り払いながら小一時間。

この通学時間、ほとんどの場合座れるのが有難いものの、それでもやはりちょっと辛い。更に気になるのが、私の利用する電車はどこの駅にもトイレがないこと。

人一倍腸の弱く、いつ便意が突き上げてくるか分からない私にとっては、今後ちょっとした課題になりそうな気がする。

CTA(鉄道会社)いわく、駅にも電車にもトイレをつけないのは、費用の問題と、あとはセキュリティ上の理由からだそうだ。

だが、待って欲しい。

いざと言うとき、私の自尊心のセキュリティは誰が守ってくれるのか。

そんなことを考えている内に、キャンパスに到着。

会場を目指して、軽く迷(中略)

建物に入ってすぐのスペースには既に何人もの生徒が待っている。心なしか前日よりも人が少ないような気もするが・・・。どうなんでしょうか。ひょっとして日和った?

今日は午前中一杯がセッションで、昼食をはさんでダウンタウン(シカゴのではない)のツアーがあるとのこと。フルで参加しても3時くらいには終わりそうな感じ。

ホールで待つことしばし。

ここで一人の男が登場する。

その名も手持房太郎(てもち ぶさたろう)。武士である。

この男、パーティーや飲み会など、社交性が求められる場において、周囲に溶け込めず、どことなく所在無げにしている人間を見つけると、背後から足音も立てずに忍び寄り、

「・・・エイヤッ!」 

裂帛の気合とともに、腰元から白銀の刃を迸らせると、相手の自尊心に削り取っていくという、嫌な人物である。

一回や二回削られた程度ならば、まだ良いか、あまりにされるがままにしていると、今後は肝心のときに精神力が発揮できず、ひいては、いつもなら平気で出来ることすら出来なくなってしまい、それにより更に自尊心が・・・という、恐ろしい悪循環を招く

その日も、ホールで一人佇んでいると、うなじのあたりに手持房太郎の視線が突き刺さるのが感じられた。

さてどうしたものか。

私は昨日知り合った方々の慈悲にすがろうと探してみる。

・・・残念ながら見つからない。

まぁ一回くらいは切られても良いか。
実際は最初の一太刀を避けるのが最も大事なのにも関わらず、そんなことを考えていると、幸いなことにセッションが始まり、命拾いをすることが出来た。

危ないところだった。

というわけで、セッションがスタート。

最初Department of Human Resources Payroll Divisionの方からの説明。

があったはずだが、これを書いている段階で一体何を話してもらったのか既に思い出せない。うーむ。

たぶん「だーれだ?うひ」と言うのをやられていたのだろう。

続いて図書館の使い方。図書館には膨大な書籍だけでなく、様々なDVDも無料で借りれるとのこと。タイトルは失念したが、なんとかとかいうドラマも全シーズン観れますよ、とアピールされていた。暇をみてチェックしてみたいと思う。いや、観る暇あるのだろうか。

最後にVISA関連の説明。かなり懇切丁寧に初歩の初歩から話して頂いたようだが、ここにいるのは、アメリカに来るまで色々と苦労をした者ばかりだろうに、そんな彼らにとって、これがどこまで有益なもんなんでしょうか、と思いきや、結構色々質問が挙がっていた。

ひょっとして、私なんか聞き逃してたっけ?とかちょっと焦ったり。

そもそも聞き逃すよりも、どれほど聞き捕まえてるのか疑問だが。

休み時間中に、一つはなれた席に座っていた上海から来た学生とお喋り。日本のアニメが好きとのこと。どんなの知ってる?と聞くと、

「うーん。最近のはあまり観ないんだ。好きなのは、いわゆるクラシックだよね」

「クラシック?例えば?」

「ガンダムとかエヴァンゲリオンかな」

おー。結構良く知ってますねぇ。

「観たことある?」と尋ねる彼に、ええ一応、一通りと答えると、彼は笑顔でこう続けた。

「知ってる?ガンダムシリーズの監督のミスター・トミノは自分のネガティブな感情を作品に注ぎ込んだんだよ。例えばガンダムZの主人公、カミーユ・ビダンの最後が悲劇的な終わり方をしたのはそのせいさ。エヴァンゲリオンの監督、ミスター・アンノも同じような姿勢で作品を作るけど、それでも最終2話は作り直したほうが良いと思うな。あのシンジって言うキャラクターについてはどう思う?僕はどうしても感情移入できなかったよ。」

なんだか凄いことになった。

とりあえず共通の話題が見つかったので、お陰さまで休み時間に孤独な思いをすることなく過ごすことに成功。

ジャパニーズサブカルチャー万歳。

セッションの最後に、前日の登録の際に渡されたクジを使って抽選会が行われた。

商品は以下の通り。だったはず。

3等 Potbellyのクーポン $5
2等 レストランお食事券 $25

そして1等は・・・。

なんとPanera Bread(ベーカリーの店)のベーグル1年分。

2等の段階で軽く「オゥ」みたいな声があがっていたが、このベーグル一年分については大きな歓声が挙がる。

私も思わずクジを握り締める。

どうやら、別に365個ベーグルが貰えるというわけでもない(週に何個とかだった気が)のだが、それでもかなり嬉しい賞品。

二日目の最後のセッションともなると、欠席または途中で帰った人も多く、肝心の1等賞に当たってもその場におらず、クジは引かれつづける。

さぁさぁ、良い子だから俺に当たるんだ。念を送る私。

ピキーン!



セッションを終えた私は、クジを破り捨てると食堂に向った。

チーズバーガーとフライドポテト、それにレモネードを買って、周囲をキョロキョロ。

幸い、昨日挨拶した中国人が、他の中国人たちとテーブルを囲んでいるのを見つけて、「入って良い?」と割り込む。

その、当の中国人の名前を忘れたことは内緒だ。どうせ向こうも覚えてないし。

快く受け入れてくれたので、回りの人たちと自己紹介しあう。

お互いに訛りが酷いせいか、「ハア?」「えぇ?」と聞き返すことが多い会話になるが、寛容の精神でひとつ。

エンジニア系やコンピューターサイエンスで修士や博士課程を取りに来ている中国人の多いこと。

日本人もMBAやロースクールにはある程度いるのだろうが、他の学部ではあまり見ていない気がする。大丈夫か、日本。

そのうち、昨日知り合った人が追加で入ってきたり、相変わらず取れてんだか取れてないんだか分からないコミュニケーションを続ける。

1時30分になり、他の人達も、てっきりダウンタウンツアーに行くのかと思っていると、行こうと思っていたのは私一人と判明。別れを告げて、急いで会場に向う。

ダウンタウンツアーと言っても、当然シカゴのダウンタウンではなく、エヴァンストン(私の通う学校のある町)を指している。

シカゴのダウンタウンとは規模から何から比べようがないが、なかなか居心地の良さそうな街である。最近再開発が進んでおり、色々と新しいお店もオープンしているそうで。

1時間弱ほど、在校生の説明を聞きながら、一列になってダウンタウンを練り歩く。その間も知り合いになったり、なり損ねたり。世の中そんなものだ。

WHOLE FOODSや美容院、映画館にコピー屋など、新生活に役立つと思われるスポットを紹介される。

とある美容院では、特定の曜日は男性デーとして半額であり、さらに学生証を提示して割り引いてもらうと更に30%割引が効くとのこと。

ってーことは・・・8割引き?それは凄い。

というわけで、ダウンタウンツアーも終了。なんか他に書きたいこともあった気がするが、思い出せない。

1日目の緊張とか心労に比べると、結構グダグダな感じだったが、まぁそれでもやはり疲れた。

ではまた。
スポンサーサイト



テーマ:ぐだぐだ日記。 - ジャンル:日記

【2006/09/10 22:51】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
あらためて思い出す。果てしなく書いてみる。
というわけでオリエンテーションのご報告。

なにぶん病み上がりの上、英語力が不足しているため、実際に起こったこと、話された内容の間に齟齬錯誤があると思われますが、何卒ご容赦下さい。

1日目。

ダウンタウンからRed Line・Purple Lineと乗り換え、ほぼきっちり一時間かけてキャンパスに到着。

オリエンテーションは12時から始まる予定だが、着いたのは9時過ぎ。実は免疫の注射を受けるため、10時にHealth Care Centerに予約を入れておりました。

軽く道に迷いながら到着。9時30分についたので、暫く待合室で待つ心積もりをして受付に行くと、すぐに注射をしてもらえることに。ここらへんアメリカっぽい気がします。

ブツブツブツリと三本の種類の異なる注射をされる私。三本目が予想以上に痛く、つい「アウチ!」と言う余裕もなく「痛ぇっ!」と叫んでしまいます。

お医者さんから「はい最後のは痛かったわね。でもあなたはタフだから大丈夫」とのお言葉を頂く。あなた私の何を知ってますか。

三本のうちの一つ、破傷風チェックの注射の結果を確認するため次回の予約をして、支払いを済ます。$102なり。アウチ。腕じゃなくて。

腕と同じくらい痛む懐を抱え、キャンパスをうろついて時間を潰す。キャンパス内は緑が豊富。リスがそこらを駆け回ってたり。

学食で固めのピザを一切れ食べてから、いよいよオリエンテーションに向います。

ちょっと余裕をもって出発。

軽く迷う。

(中略)

ぎりぎり開始5分前に到着。

どこでそんなに時間が過ぎるんだ。

オリエンテーションが行われる会場には、すでに登録の長い行列が出来ていました。

名前を言うと、ネームカード(名前を記入して服に貼る)と今日のアジェンダ、International Officeのロゴが入ったTシャツなどを頂く。ネームカードには色のついた小さなシールが貼ってあり、どうやらグルーピングがある模様。さてさて何でしょう。

会場の脇に沿うように延びた通路には、電話会社や銀行から来た人達が机を並べてサービスを説明しており、新入生達は説明を聞いたり、色々とチラシやノベルティを貰ったりしてます。

会場入りまで暫く時間が空く。

ホールでは既にいくつかの小集団が出来て会話に花が咲いていたり散っていたり。

私は所在無く立ち尽くしたり、意味もなくウロウロしたり、さも興味があるかのようにどこかの何かを見つめたり。こういう間は嫌ですね。

所在の無さに耐え切れなくなったので、少し様子を見て、一つ離れて座っているアジア系らしき男女の間の席に座りました。

そしてまた、何か重大な見落としに気づいたかのように、手元の資料を注視したり伸びをしたりしてから、ふう、と気合を入れて、左右の男女に話しかける。

ハーイ。笑みを強張らせながらのご挨拶。

男性は香港、女性はインドネシア出身。互いに専攻、修士か博士課程かアメリカ来てどれくらいか、どこに住んでるか等々を話す。

いや、英語上手いね二人とも。時折、英語が上手いもの同士でラリーが始まったりするので、それを観客のような熱心さで首を振り振り鑑賞。

でも会話の内容が今ひとつ理解できなかったりしながら時を過ごす。

さて、先程までのように、心細くポツンの立ちつづけるのと、今みたいに背筋に冷汗を流しながら会話に乗り遅れないよう笑顔で頑張るのと、果たしてどっちが楽なのか。

そこらへんは後世の歴史家の判断に任せたいと思います。

程なくして開場。DirectorのWelcomeスピーチの後、新生活に向けて、アメリカの文化や価値観について軽いプレゼンがありました。

海外からの学生がアメリカにきてから心理的にどう変化していくかなどをユーモアを交えながら。なんかESLに行ったときにも初日でこういうのがありましたな。

個人的に面白かったのは、アメリカでの挨拶や人間関係について。うろ覚えですが、以下のような内容。

「"How are you?"とか言われたらとりあえずポジティブに答えておきましょう。仮に、あなたが本当は風邪ひいて体調最悪だったり、朝から凄い不幸な出来事があったとかにしても、わざわざ言わなくて良いです。こっちはそんなこと聞いてる訳じゃありません。最高!とか言っときましょう」

「あと、"See you later!"とか"See you around!"とか、もう会う機会が無いような人にもこういう別れの挨拶をするから、これもあまり気にししないように。私もこれから遠い外国に旅立つ人に"See you later!"と言ったことがあります。そういうものなの」

「国によって友人関係は違いますよね。例えば、ある国では数少ない友人と深い付き合いをしますが、アメリカ人は広く浅い付き合いをします。本当に広くて浅いです。そういうものなの」

なんかどれも言い切ってるのが清清しい。

その後、先程の色分けに基づいてそれぞれ小教室に移動して、次のセッションを聴きに行きます。私の割り当てられたグループはオレンジ。以下こういう形でホールと小教室を行ったり来たりしながらオリエンテーションは行われる模様。

次のお題目はPublic Safetyについて、大学内の警察が説明してくれました。

PC盗まれないように、強盗に遭わないように、遭っても抵抗しないように、自動車盗まれないように、自転車盗まれないように、拳銃とか刃物を持ち歩かないように、夜道は歩かないように、レイプされないように、パーティーで騒ぎ過ぎないように・・・以下延々と続く。

なんともアメリカ。

「武器は持ち歩かないようにと言いましたが、いざというときには良い武器があります。鍵束。これをこう握って、鍵の先端部分を何本か拳の間から出します。立派な武器になります。これで顔をつつく。」

聞いてるだけでも痛い。

学校内の非常電話、防犯スイッチの場所が描かれた地図とともに、緊急用の電話番号が記載されたマグネットと、キーホルダーをくれました。

このキーホルダーが凄い。

keychain


表はなんて事無いのですが、

裏を返すと、
callanambulance


キャー。誰かー救急車ー!

大破した車もさることながら、誰ですかこのジェシカ・ベーコンさんて。

顔の傷が痛々しい。

このキーホルダーに車の鍵をつけるのは、ちょっと勇気がいりそうです。
ジェシカさんには悪いんですが。

実際、私の隣に座っていた女性二人は、教室を出るときそれだけよけて、机に置きっぱなしで去っていきました。まぁ気持ちは分かる。

セッションごとに15分の小休憩が挟まれました。その間、また他の人に自己紹介をしたり、話の輪に入り損ねて心細い思いをしたり。

国ごとに固まる傾向があるせいか、どうしても孤立しがちです。

そんななか、お話したのがあるトルコ人の男性。エンジニアリング専攻とのこと。彼は私が日本人と知ると、笑顔を見せてこんなことを言ってくれました。

「知ってる?一般的にトルコ人は日本人に好印象を持ってるんだ。日本人は皆ハードワーカーで、先祖をとっても大事にするんだろう?トルコ人もそうなんだよ。だから凄くシンパシーを感じてるんだ」

嬉しいことを言ってくれます。

おもわず「ニートとか靖国問題とかって知ってる?」とか言って、彼の日本人観をアップデートしようかと思いましたが、なんだか初対面でそんな話題を振るのは悪い気がしたのでやめました。

その後のセッションには、銀行のサービス紹介、米国自由人権協会からのお話などもありましたが、特に面白かったのはCounseling & Psychological Servicesという項目で医学部の教授が話したもの。台湾出身らしく、東洋医学のエッセンスも盛り込んだ内容でした。

睡眠における黄金の4時間、これは食っておけ10種の食材、人生における究極の目標とは幸福と自己実現である、人間関係とは結局Conflict Managementだうんぬん、どれも大変興味深く、実際、あとで他の生徒に聞いても、「あれは楽しかった!」と絶賛してました。

全てのセッションが終わったのが5時30分過ぎ。その後はIneternational Officeでのピクニックが行われました。

Picnicってなんじゃらほい?夕方だというのにどっか遠足でも行くのかなと思って他の学生に聞いてみると、どうやらオフィスの裏手の敷地でBBQが振舞われるらしいとのこと。

うほ。

正直風邪と精神的疲労でちょっとグロッキーだったものの、タダ飯は逃さないのが我が家のモットー、重くなり始めた足を引き摺ってPicnicに参加することにしました。

会場となった敷地では既に机が並べられ、クーラーボックスには飲み物が用意されています。

アルコールは無し。

まぁ呑めないけどね、下戸だから。

さて待望のBBQはというと、そもそも肉の臭いがしません。

どこだどこだ隠すと身の為にならんぞと鼻息も荒く見回すと、食べ物はサブエウェイから来たようなサンドイッチとクッキーなぞが並ぶのみ。

バーベキュゥ・・・。

いやいや、文句を言ってはいけません。勝手に期待した私が悪いんです。美味しく頂きました。うまうま。

乾杯の音頭もなく、そのまま屋外パーティーが始まります。

さて、これまで妻に同行する形で、MBA学生の参加するパーティーに行った事は何度かありました。

そこでいつも思ったのはMBA学生のネットワーキングスキルというか、ソーシャルスキルというかパーティースキル(なんだそれ)の高さです。

限られた時間の間に、どれだけ多くの人と知り合いになるか、そのスキルに長けた人の多いこと。

話題の切れ目をめがけて話の輪に入り、自己紹介して少し話題に参加したかと思うと、「ちょっと食べ物を」「ちょっと飲み物を」「ちょっとそこまで」と言いつつ絶妙なタイミングで脱出、新たな獲物を狩り友人を探しに行きます。そのスムーズな動きは傍から見てて惚れ惚れするほど。

まさに蝶のように舞い、蜂のように刺す。

残念ながら私はそういうスキルがないので、一度輪の中に入ると話題が尽きて重い沈黙に包まれようが、知り合って10分で倦怠期に突入しようがそこに居続けてしまいがち。

どうだい、僕と一緒の墓に入らないか?そんな勢いです。

ただし、一概には言えませんが、他の輪の集団を見てもあんまり動きが無いような。

こういうのってやっぱりMBAの学生との差なのか、International Studentの集まりだからなのか、面白いものですね。どちらが良い悪いじゃなくて。

とは言え、私と長く話の輪を保ってくれていた中国人の男性は、アメリカ生活が長いせいか、生来の気質なのか、

「そろそろ終わりの時間が近づいてきたけど、どうする?もう少し知り合いを増やそうか?」

と提案してきました。おう、それダイレクトかつスマートな言い回し。

私は同意すると、彼とともに輪から抜けて、別々に行動をし始めました。

International Studentは、アジア系が多いようにみえても、中国人台湾人韓国人がほとんど。日本人はここまで誰も見つけられませんでした。そんな話をとある韓国人にすると、私以外に2人日本人がいることを教えてくれました。ようやく日本語で挨拶できる人が。一息つけます。

その後も適当にぷらぷらして知人を増やそうとするものの、

「イーウェンです。マーケティング専攻」
「ジェシカと呼んで。エンジニア専攻」
「ウーハンです。バイオテクノロジー」
「デヴィット。数学の博士課程」

・・・申し訳ない。もう最初の人がなんて名前だか分かんなくなってきた。イーピンさんで心理学だったけ?違うか。

俺よく営業やってたなこれで。

そんなこんなで日が暮れて。

足はだるく、風邪気味のせいか鼻水も出てきました。立ちっぱなしの流れっぱなし。

気づけば参加者も結構減っており、いつしか人数も当初の半分程度。

もう帰ろう。

身体よりも頭の方がオーバーヒート気味になりながら、今日知り合った人達の数人に声をかけ、会場を後にしました。

一日目はこんなところでした。二日目はまたの機会に。多分。

ではまた。

テーマ:こんなことありました - ジャンル:日記

【2006/09/10 02:02】 | LOC涅槃通信 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |