TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
おーい!鹿児島さーん!
日々是散歩にを費やしている今日この頃。皆様如何お過ごしのことでしょうか。

猛暑が続いていたこちらRedmondですが、昨日あたりから少し涼しくなり過ごしやすくなって来ました。午前中は肌寒いこともあるくらい。とはいえ日光は燦々と降りそそぎ続け、午後になると気温も上がり、3時くらいには大変暑くなるのですが。

私は相変わらず一日一度は30分ほどかけて近くのスーパーまでテクテクと歩いて行き、休憩しながら本を読んだり、英語の勉強をしたりというのを日課にしているのですが、そのせいか随分と日に焼けてきました。

生来私は色が白く、その白薔薇の如き透けるような肌には鈴木その子もハロゲンライトの電圧を強めたと言われるほどでしたが、いまでは随分と様子も変わって来ました。

お陰さまで、今では半袖短パンから伸びる四肢は夏休み真っ最中の小学生のよう。服を脱ぐと見事なまでにマダラで気持ち悪いのですが、そのことには触れないで頂きたいものです。

色黒のがっちり体型。どこの漁師かと見まごうばかりです。

まぁ、主夫なんですが。

そんなわけで、見た目的にはすっかり逞しくなった私。昨夜も夕飯に鶏肉の照り焼きとサラダを作りながら妻にどう思うか聞いてみました。

妻「そうね~すっかり黒くなって。なんだか『鹿児島さ~ん!』て感じ」

ん?鹿児島さん?誰だそれは。そんなの知り合いにいたっけ?と思いましたが、人名についてはトコロテンのような記憶力を持つ私。きっと忘れてしまったのでしょう。
口調からするとなんだか好ましい雰囲気だったので、褒め言葉と認識した私はむふふとほくそ笑みながらこう言いました。

私「そうだろうそうだろう。すっかり見た目も逞しくなって。惚れ直したと言っても良いんだよ?別に。ん?」

妻「そうねぇ。ほんと真っ黒だよね。顔なんか特に。まさに『鹿児島さ~ん!』って感じ」

だから誰だよそれ。いくら考えても思いつきません。ひょっとして九州男児のように逞しいということ言いたくて、妻がいま思いついた比喩的表現か何かでしょうか?
妙な言語センスです。

よく分からないのでスルーすることにして、悦に入った状態のまま、私達は夕食を食べ始めました。うまうま。

「鹿児島さん」の意味する所がわかったのは、およそ数分後のことでした。

こういうこと(←クリックで飛べます)

ではまた。
スポンサーサイト
【2006/06/30 02:44】 | 日記@シアトル | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。