TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
一時帰国終了。
というわけで、あっという間の一週間。
里帰りを終え、再びシカゴに戻って参りました。

日本ではそれぞれの実家にお世話になり、飽食と惰眠の日々を過ごさせて頂きました。感謝感謝。

日本に帰ってきたなぁと実感したのは、やはり目に入るもの、聞こえるもの全てが理解できるってこと。これが母国ということなのですな。日本語万歳。

あと個人的に面白く感じたのは、実家滞在中、飲み会やらなにやらで遅くなり、夜道を実家に向ってテクテク歩きながら、住み慣れた町並みを眺めていると、自分が今シカゴに住んでいるということが嘘のように思えてくるのが不思議。

こんなことでは、きっと将来「きちんと」日本に帰ってきたときには、このシカゴの生活が夢か幻のように思えることなんでしょうね。

そして今、シカゴのアパートでこのエントリーを書いていると、自分が先週日本に帰っていたのが嘘のように思えてくるからもっと不思議。

部屋の中央で横たわるトランクから溢れ出ている日本食の数々が無ければ、帰国は妄想だったかと思ってしまいそうですよ。本当に。

そして夢か幻かと書いていたのも束の間、シカゴの狭いアパートを眺めていると、これはこれで圧倒的な生活感が私に迫ってきます。面白いものですな。

これって人間の順応性が高いのか、私個人の節操が無いだけなのかは分かりませんがね。何と言いますか、人間至る所に青山墓地。

何にせよ、短い里帰りではありましたが、心身ともにリフレッシュすることが出来ました。

またシカゴでの生活がスタート致します。
今回の里帰りでお世話になった方々に、改めて御礼を申し上げます。

そして今回お世話して頂かなかった方々、次回は宜しく。

ではまた。
スポンサーサイト
【2006/03/27 23:54】 | 日記@シカゴ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。