TWITETTA!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
プレゼンテーション演習
妻のケースコンペティション前夜。

夕方の5時から、シカゴGSBのダウンタウンキャンパスで最後の打ち合わせがあるとことで、早朝から自宅で勉強していた妻は疲弊した体を引きずって出かけていった。
帰宅は10時頃になる予定。

結果、午前2時に帰宅。マジですか。

帰宅した妻の第一声。「日本語で話せるって素晴らしい~!」。なるほど。

明日のプレゼンのうち、妻の持ち分は3ページほど。おおよそ5分程度プレゼンをしなければならないとのこと。

妻のプレゼンの練習に付き合うことになる。

妻が原稿の準備をする間、なんとか眠気を覚まそうと、日本にいる妹(という名の友人)が送ってくれた志ん朝の落語全集をiPodで聞きながら待つ私。

船頭に憧れた売れない花魁が客を船に乗せ、「瀬を早み岩にせかるる瀧川の」と詠いながら傘で断崖絶壁を滑り落ちていく夢をみる。

おいおい寝ちゃいかんよ。

妻の準備が出来た。

落語の夢と現実がごっちゃ混ぜになった頭をなんとか覚まし、姿勢を正してプレゼンを聞く。

妻がチームメイトからアドバイスされたには、「相手が全員全裸だと思えば良いんだ」とのこと。

ほうほう。よく日本でも、スピーチの心得に「相手を野菜だと思え」とかありますね。

私も決してプレゼンが上手いわけではないが、個人的に思っていることがある。

プレゼンテーションで一番大事なのは、「上手くしゃべること」では無くて、「いかにきちんとメッセージを伝えること」だということ。

逆説的に聞こえるかもしれないが、格好良く喋ろうとか、流暢に喋ろうとか、そういう「余計な」事を変に意識してしまうのは、無駄な緊張を招くだけで百害あって一利なしだと思う。

そういう状態になると、本来のプレゼンの目的である「相手にメッセージを伝える」というのがおろそかになってしまい、自意識過剰に陥ってしまった挙句、頭が真っ白になったり、逆にパニくって訳がわからなくなったりするもの。

もちろん声が小さいとか、滑舌が悪いとか、そういう基本的なことも大事なのだが、それにしても本当に相手のことを意識していれば、相手に伝えたいことがあるならば、それらの部分と言うのは自然と解消されるものだと思ってる。いや勿論程度ってのもありますが。

要するにプレゼンが苦手だと思っている人は、まずその「自分は素晴らしいプレゼンをしなければいけない」という、セルフイメージを修正した方が良いということ。背伸びしたって、無理なものは無理なのだから、プレゼンの本来の目的に集中して、後は自分の出来る範囲で精一杯努力するのが大事なのでしょう。

まぁそう言う私も肝心のプレゼンで見るも無残な結果になってしまったことが多々あるので、あまり偉そうなことは言えないのだけど、それは単に準備不足だったり、自分がきちんと内容を理解していなかったりということが原因だったりするので、また話は別なんですが。

肝心の妻のプレゼンは、なんせメモなしでの英語のプレゼン、どうしても英語に意識が言ってしまうせいか、ボディーランゲージが少なめだったり、アイコンタクトが十分でなかったり。とはいえ、今回は時間も足りないし仕方が無い。

最初のうちは引っ掛かりがちだったが、9回、10回と練習するうちに随分良くなってきた。気がつけば午前4時過ぎ。7時には家を出なければならないので、とりあえずもう寝ることに。

これまで妻の気をそらすために裸でプレゼンを聞いていた私は、脱ぎ散らかしたパジャマを床から拾って身に着けると、妻より先に床に就いた。

ガンバレヤムリンゴ。
スポンサーサイト
【2005/11/19 02:33】 | MBA地獄通信 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。